時事ネタ : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

都議会セクハラ野次の雑感~問題が問題として認知されるには~

[ 2014/06/25 ]
都議会でのセクハラ野次がけっこうな規模の炎上になりましたね。
私も憤りを感じた口ではあるんだけど、予想外の広がりに違和感を禁じえませんでした。
問題は問題だけどここまで広がるものなの?という。
怪我をした時に救急車を呼ぶか、自分で病院に行くか、絆創膏貼っとくか、みたいな。
今回の件だったらまあ、絆創膏程度だろう、と思っていたら救急車呼んでいた、と。
時代性、でしょうかねえ。

世の中には理不尽、憤りのネタっていくらでも転がっているのですが、今回のように、みんなの憤りがこうして結実して一定の成果をあげる例と、結実するまでもなく雲散霧消したり、小さな抗議にしかならかったりする例の違いってなんだろう、というのを少し考えてしまいました。

こういう失言でしか政治家の首をとることができないってそれはそれでどうなんだろう、とか思うわけですよ。
別に誰かが死んだわけでもないし、何かを盗んだわけでもないし、職権を利用して不正を働いたわけでもないし、誰かの人生を滅茶苦茶にしたわけでもないし。
暴言やセクハラってそりゃあっちゃならないことなんだけど、それでも言葉に過ぎないわけで、誠意をもって謝罪されたらそれでおしまいっちゃあおしまいですし、それでおしまいにしなければただのリンチです。
セクハラ野次を受けた側も、人間社会のルールとして誠意のある謝罪があれば、それで腹わたが煮えくり返っていても、受け入れなくてはならない。
ヤジそのものを規制・禁止する動きに持っていく、というのは有りかもしれませんが、鈴木議員の処分や進退にまで話を持っていくのはどうかな、と。
「早く結婚したほうがいいんじゃないか」で告訴とかってのもちょっと考えにくいですしね。

私自身の想像力の欠如という他無いのかもしれないけれども、人間の尊厳を傷つける「言葉」に対して、敏感な人が多いんだな、というのは改めて感じました。
これは性差の問題も絡んでくるとは思うけど、それとは別にしても。
人間の尊厳を傷つけ続けている「制度」や社会構造に関してはわりと鈍感な人たちが多いのにね。
そこら辺を是正すべく私は常日頃、制度論を考えてどうにかして形にならないかなあ、とあれこれ書いているので、今回の件はそういう意味で違和感を感じるとともに、みんなの憤りを形にする方法論や経路はどういうものか、ということを考えるよいサンプルになりました。

そりゃあ、マスコミも政治家の失言を見つけようと躍起になるわけだ、と。
言葉の問題って大事だし、失言したら謝罪があって当然だけど、本丸は個々の言葉じゃなくて、制度や社会構造だと思うので、そちらの方への憤りでもみんなの憤りが形になる道筋を見つけたいものですね。


関連記事:失言を報じても政策や実務能力の是非を報じないマスコミ

大失言―戦後の失言・暴言・放言「厳選77」
失言王認定委員会
情報センター出版局
売り上げランキング: 116,081




↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

スポンサーサイト

[ 2014/06/25 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(-)

学歴に一元化されない評価基準は成立しうるのか?

[ 2014/04/13 ]
世間と問題意識がずれているらしく、STAP細胞問題、あまり興味がもてなかったんですが、それでもこのあまりにもな騒ぎっぷりにはさすがに無関心を通し続けることは難しいもので、ようやっと興味が出てきて、何か書きたくなりました。
はてなの人気エントリにもBLOGOSのランキングにもこればっかりですからね。

というかどうでもいいだろ、こんな話。
誰かが死んだわけでもないし、想像を絶する奇跡が起きたわけでもないし、我々の生活に何かしら影響のある話でもないし。影響のある話になったかもしれなかったものがポシャっただけ。
テレビで全局一斉に会見を横並びで生中継するほどのものなんでしょうかね。
イジメである、とか、いや、真実を追求すべしとかそっちに話がずれているのはどうなんだろう…。
まあ、真実は追求すべきだと思うんだけど、注目度の高さや追求の仕方はあまり建設的なものとは思えないですね。

騒動の核心は結局のところSTAP細胞が存在するのか、論文のデータはどこまで信用できるのか、という科学的な真贋にあると思うのですが、STAP細胞論文発表時に作り上げられた小保方氏のキャラクター性やその容姿、理研の研究体制、AO入試の是非など、注目すべき点は科学的な論点とゴシップ的な論点、制度的な論点に分かれているように思います。

そういう複合的な要素で話題の中心になり続けている、ということでしょうかね。
まあ、科学的な真贋についてはそれこそ専門家が徹底的に洗い直せばいいと思うんで、私のような門外漢が何かを言っても恥を晒すことにしかならないですね。


この騒動を巡る言説の中で、コピペでOKな学力軽視、コミュニケーション能力重視のAO入試の問題点についていろいろ語っている人たちがいて、そちらの論点のほうに私は心を惹かれました。

人間評価の基準として学歴というのはやはり今でも相当な信頼を寄せられていて、企業が採用する際にも、なんだかんだで学歴を基準にした足切りがあったりします。
でも、そうして学歴を基準にした採用をしても、やはり使えない人間が多かった、ということで、そうした企業側の要請に答える形で大学でもAO入試で「人物重視」な合否判定が行われるようになった。
「学歴」という評価基準を延命させるための措置としてAO入試が導入されたわけですね。
学力と人間力はどうも別物らしい、と。
人間力って要はコミュニケーション能力、自己プレゼン能力、あるいは世渡りのうまさだと思うんですが、そういう能力をも学歴の枠にはめていいのか。
似たような問題はスポーツ推薦も同じですけどね。
学歴で人間の評価基準をどうしても一元化したい、という社会システム上の要請ということなんだと思いますが、今回の騒動はそういう歪みを反映してしまったかもしれない一件、という切り取り方もできるようです。

学歴は学力の証明で、それとは別にコミュニケーション能力を証明する資格や身体能力を証明する資格でもつくってそれに学歴と同じような価値をつけりゃそれでいいような気がするんですが、ままならないものですね。

○○大学○○学部○○学科卒業
コミュニケーション能力2級
身体能力3級


とかね。
身体能力に関しては空手何段とか、甲子園出場とか、今でもあるっちゃあるけど、も少し統一的な基準で。

現状では学校の授業にコミュニケーション能力を高めるような科目って特にないし、コミュニケーション能力やら人間力やらを高めよう、という意識は学力を身につける、と同レベルでは具体的に形成されていないので、これはほとんど家庭環境や生来的な資質です。
身体能力もまあ、近いところはありますね。
運動音痴な人も一定数はいる。
ただ、運動音痴だってある程度努力すれば一定の水準には到達できるわけで、コミュニケーション能力も努力すればある程度の向上は見込めます。
マニュアルだって存在する。
だから、そうやって人間の評価基準を複数設ければいいんじゃない?とか思うんですが、人間のあらゆる能力を可視化することはそれはそれで恐ろしいことかな、という懸念もあったりして、難しいですね。

関連記事:人間を理解するということ





↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ 2014/04/13 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(-)

都知事選の結果

[ 2014/02/12 ]
例によって穴埋め的な更新です。

都知事選は舛添氏が圧勝しましたが、今回の都知事選はそこそこ興味深い候補者が顔を揃えましたね。
話題性という意味ではそれほど盛り上がらなかったな、という印象なんですが、それなりに大物揃いというなんとも不思議な感覚。
それだけ石原慎太郎の存在感が強かったということなんでしょうかね。


以下雑感。
細川護煕元首相がただ脱原発としか言わなかったのには呆れるほかありませんでした。
だから脱原発派は馬鹿だと言われるんじゃないでしょうかね。
東京が抱えている問題って原発だけなんでしょうか。
ひょっとしたら小泉元首相のワンフレーズ・ポリティクスの受け売りだったのかもしれないけど、見事に失敗でしたね。

田母神氏はそれなりに得票を伸ばしていたようですが、ネトウヨの底力的なものを感じました。
彼の支持層は明らかにネトウヨ、あるいはネトウヨにシンパシーを抱いている層が中心だと思うのだけれども、それがあそこまで注目を集めた、というのはそれなりに留意しておかなければならないでしょうね。
危機管理と五輪の成功が公約の柱でしたが、庶民生活の向上についてはほとんど言及がありませんでしたね。
そこら辺を織り込んでくれば、もう少し健闘できたかもしれませんね。
まあ、弱者が嫌いなようなんで無理そうだけど。

宇都宮健児氏はブラック企業対策も言及していたのですが、次点でした。
やっぱりもっとテレビ出まくって知名度売らなければ当選は難しいでしょうねえ。
共産党に好意的に言及したこともある私ですが、投票はしてません。
私は今までの選挙でほぼ毎回、泡沫候補にしか投票してこなかったんで、こんな大物に投票することはありえないです。
だからって今回は家入一真氏に投票していませんよ(笑)

公約内容、実績、組織票の強さなどからして、舛添氏の圧勝だろうなとは多くの人が思ってたでしょうが、その通りになりました。
高齢者福祉が最重要課題のようですが、少子化対策にもある程度言及していたので、とりあえずはそこに期待したいですね。
それなりに実績のある人なんで、まったく期待できないってこともなかろうと思います。
ただ、東京の出生率って全国ワースト1位ですから。いっそのこと東京を日本一子育てしやすい自治体にする、くらいのことは言ってほしいんだけど、そこまで発想を切り替えることができるかな、という懸念はあります。
なんだかんだいって今までの枠内で少子化対策を考えてもいいことなんてないですからね。



艦これ近況
大和ゲットしました。
これで既存の艦娘で未所持は武蔵、大鳳、あきつ丸、まるゆ、阿賀野、能代、矢矧のみ。
無課金でもなんとかなるものです。
身辺の諸々もようやっとゴールが見えてきました。更新本格再開までもうしばし、お待ちくださいまし。





↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ 2014/02/12 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(-)
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。