娯楽小説 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『永遠の0』(百田尚樹)

[ 2011/07/12 ]

現代のある姉弟が、第二次大戦時、零戦のパイロットだった祖父の話を戦友達に聞いていくことで浮かび上がってくる祖父の意外な人物像を追っていく上で、彼ら自身のありようを問い直していく物語。

零戦ファンというのが世の中には一定数いて、そういう人たち向けの作品なのだろうな、という印象だったのだけれども、レビューを読む限り、どうもそれだけにとどまらない感動大作である、というのが様々な感想、批評サイトで話題になっていた。

作品の構造としては、主人公である宮部久蔵は戦友たちの話の中にしか登場せず、彼らの証言の中から浮かび上がってくる人物像を読み解いていく、という形式で、有吉佐和子の『悪女について』に近しいものを感じた。
『悪女について』は素晴らしい作品で、読書中、語り口の巧さには何度も舌を巻き、魅了された。
この作品では、戦友たちの話から浮かび上がってくる宮部久蔵の人物像は「臆病者」であったり「優しい人」であったり、「凄腕のパイロット」であったり、「愛妻家」であったり、なかなか本質が見えてこないように見せかけていて、『悪女について』の形式を(意識的にかそうでないかはわからないけれども)踏襲しているにも関わらず、かの作品で練られていたような文学的技巧というのは実はそれほど感じられなかった。
もちろん、扱っているテーマが『悪女について』とはまったく異なるので、どちらが優れた作品、などという無粋なことは言えないけれども、こういう形式の作品ってそういえばあまりないな、と思ったので言及してみた。
語り口の巧さではたしかに『悪女について』にゆずるが、この作品でも、その形式が見せる醍醐味を存分に堪能することができた。
もっとこういう形式の作品が多数あってもいいと思う。

第二次大戦を扱った作品、というとどうしても思想的な色がついてしまうのだが、この作品ではやや愛国的な色合いが感じられるものの、どちらかといえばその主眼は零戦パイロットがどのような存在であったか、特攻隊員たちがどのような気持ちで任務についていたのか、というところに置かれている。
娯楽小説ならではの興奮が零戦の格闘戦描写によく出ていたが、戦争の目的やその是非についてはほとんど言及されておらず、戦争を遂行、指揮していた官僚機構、軍隊そのものに対する強い批判が感じられた。
自衛隊はともかく、現在の官僚機構のデタラメさに対する憤りは作中でも触れられていたが、日本の統治機構はいつからダメになり、いつまでダメなのか、きっちり検証する必要を強く感じさせられた。

考えるところはいろいろあったし、身につまされる思いもいろいろさせてくれたけれども、でも、何よりも心に残ったのは戦前の若者達の生と死の間で翻弄される心の揺れかただった。
特攻という、決して逃れられない死への道程をどのような心理状態で克服していったのか、どうやって特攻に臨んでいく自身の恐怖をねじ伏せていったか、という描写だった。
その描写の丁寧さがこの作品を傑作にしていると思う。
日本人は、本当に、なんという愚かな戦争をしてしまったのだろうか。

関連記事:悪女について


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

スポンサーサイト

[ 2011/07/12 ] 娯楽小説 | TB(0) | CM(-)

『IT』(スティーブン・キング)

[ 2011/01/03 ]

個人的に、スティーブン・キングという作家は映画作品の原作者として認知してきた。
『シャイニング』や『スタンド・バイ・ミー』、『ショーシャンクの空に』は大好きな映画だけれども、何故か原作に手を出そうという気にはならなかった。
なので、小説を読んだのは今回が初めて。
博学で読書家の友人に「今まで読んだ小説の中で一番好きな作品」ということで薦められたのだが、とにかく大長編の作品で、ハードカバー二段組みで1100ページは長かった。

1958年、アメリカメイン州の小さな町で、子供を狙った連続殺人事件が起こるのだが、それを解決した七人の少年少女達の顛末と、27年後、再び発生した連続殺人事件を解決するために集った彼らの顛末が錯綜しながら描かれるモダン・ホラー作品。
ストーリーの大枠から考えると、『20世紀少年』の元ネタだろうな、というのが容易に想像できる。

昔から、どうもホラーというジャンルが苦手で好きになれない。
怖い怖くないというよりも条理で説明されない話に接すると、納得がいかないからだ。
この作品もわりとホラー要素の肝の部分は設定の筋が通ってなくて、「ぬるすぎる」という印象しか持てなかったんだけど「ペニーワイズ」という固有名詞は知っていたし(アメリカの有名なパンクバンドの名前の由来)、この作品の影響でピエロにトラウマを抱くようになってしまった人が続出したという話もあるので、ホラーとしても一般的には強烈な印象を残したのだろう。

ただ、そういうホラー要素を抜きにして考えても、この作品の強度はなかなかのものがある。
『スタンド・バイ・ミー』がそうだったように、少年時代の恐怖、友情、恋愛、不安、世界、あるいは少年にしかできないこと、少年にはできないこと、その自覚のありよう、などの描写が素晴らしい。
そして、大人になって再び集った彼らが、「あの時」の気持ちを確認し合いながら理不尽で巨大な恐怖と対峙する姿が胸にせまる。
そりゃあ、浦沢直樹も『20世紀少年』を描きたくなるだろうし、あるいは『永遠の仔』(未読だけど)なんていうヒット作も出るよなあ、と思った。

少年少女達の決意が美しい。
実際の子供なんて、なにかを決意してもなかなかそのとおりにやり遂げるのは、大人よりも力もないし、心も弱いから難しいんだけど、それが故に完遂されたとき、あるいは完遂を予感できたときの感動はひとしおのものがある。
楳図かずおの『漂流教室』や『わたしは真悟』なんかに登場する少年少女達の持つ美しさと通底するものを感じた(作風が全く違うけど、そういえば楳図かずおもホラーの人だ)。

その美しいものが大人になった彼らの身に蘇ったときはとても興奮した。
そして、美しいものが消えて行く時に感じた切なさは、物語として「正しい」ものなのかどうなのか、というのは実のところわからないけれども、ちょっと他の作品では味わえない感覚だった。

大人になることの意味、少年でないことの意味、大人であり続けることの意味なんて多種多様だろうし、今まで幾度も考えてきたテーマだけれども、それでも、よかった。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ 2011/01/03 ] 娯楽小説 | TB(0) | CM(-)

『キャッチャー・イン・ザ・トイレット!」(伊瀬勝良)

[ 2009/09/11 ]

オリジナルはネットで発表されたweb小説で、原題は『オナニーマスター黒沢』。
放課後の女子トイレで自慰することに人生最大の快楽を感じる男子中学生の一人称の青春小説。

いじめられっこの青春小説とか、ヤンキーの青春小説とか、アウトローの青春小説とか、普通の人の青春小説とか、オタクの青春小説とか、変態の青春小説とか、戦時下、戦場の青春小説とか、まあ、世の中にはいろいろと青春小説があるわけだが、変質者の青春小説はなかったような気がする。
これは確かにエアポケットをうまく埋めた作品だと思う。

先日、『セルフ』の感想でオナニーを題材にした作品はないものか、と嘆じていたところ、この作品と出会った。
オナニーの持つ禍々しい魅力に翻弄された。

ネットスラングやアニメ、マンガからの引用が多く、ギャグテイストで幕を開けるのだが、徐々にシリアスにシフトしていく。
ストーリーの構造としてはスクールカーストを描いた近年の学校もののルーチンからは外れていないので、物語が終焉に向かっていく過程で、わりと読み始めた当初の熱は下がっていった。

「オナニー」の持つ毒が毒でなくなっていく過程があまりにも爽やかにすぎ、美しすぎる。
そして、主人公の視点、状況認識が男子中学生にしては大人な点も気になった。
大人びている、ではなく大人。

この作品のモチーフに類例があまりないことは素晴らしいことなんだけれども、期待していた変質者の狂気は描かれていなかった。
もちろん、そんなもんがどれだけ一般の共感を呼ぶのか、というと難しいところがあるわけだが、それにしたって、掘り下げ方はいくらでもあるだろう。

間口の広さは文学にはないエンターテインメントの特権だとは思うのだけれど、でもやっぱりこういうものを持ってこられたら、文学的な「何か」を期待してしまう。
芸術としてのオナニーではなく、エンターテインメントとしてのオナニーか……。
見たことのないものはたしかに見ることができたので、そういう意味では満足しているのだが、まだ食い足りないなあ。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ 2009/09/11 ] 娯楽小説 | TB(0) | CM(-)
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。