書籍 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『時間ループ物語論』(浅羽通明)

[ 2013/02/18 ]
時間ループ物語論
時間ループ物語論

大学の講義をまとめた本ということで、2000年に出た『野望としての教養』と同じような体裁だけど、今作では時間ループ物語論、というテーマに絞った本。
時間がループする物語を読み解く過程から、現代社会をどのようにして生きるか、という話に持って行っている。

ゲーム作品への言及・批評はほとんどないものの、(この世代から上はほんとにエロゲをやらない。岡田斗司夫や竹熊健太郎なんかも全然やっていないようだし、宮台真司や宮崎哲弥もプレイしているという話を聞いたことがない)古今東西あらゆるループ作品を取り上げていて、その読み込みの深さ、類型分析などには舌を巻いたし、たしかに彼が批判するところの最近の若手批評家筋の言説などとは一線を画す教養の深さと識見の高さを堪能することが出来た。

厳密な意味での時間ループ物語よりも以前の物語、ループものの前史にあたる、『ファウスト』や『浦島太郎』、夏目漱石『それから』などの話から最近の『ひぐらしのなく頃に』まで、実に様々な類型の物語が俎上に挙げられているのだが、その読み込み方はモラトリアム人間、ニート、オタクの理想郷、逃げ場としての時間ループ、という読み方に焦点が絞られていたように思う。
要するにオタク相手の言説に終始していて、その外側の人間にまで届くような言説ではなかったように思う。
副題に『成長しない時代を生きる』とあるけれども、その「成長しない時代」をどうにかしようという論議には発展せず、その中で幸福に生きるための知恵を時間ループ物語から読み解こう、というところに落ち着いていて、ちょっと情けない話だなあ、という印象がずっとつきまとっていた。
そうやって時代に対してネガティブなレッテルを貼って、それでも身近な幸福の中でボチボチやっていこう、という思考って、本書の中でも批判されていた宮台真司の「終わりなき日常を生きろ』とどこがどう違うというのだろうか。
ご本人があきらめるのはいいんだけど、そのあきらめを促すような言説には首肯しかねるものがある。
別に革命を志向せよ、とまでは思わないんだけど、その「成長しない時代」がどのようにしたらいい時代になるのか、という具体的な処方箋を書こうという方向にはいかないのかね。

ループ物語にしたって、別にそういう「成長しない時代」という読み方だけではなくて、それこそ近代以前からそのような志向の話はあったわけで、人間の根源的な欲求として、「やり直したい」「この幸せな時がいつまでも続けばいいのに」「死にたくない」というのはあるだろう。
古今東西に視野を広げているわりには、あまりにも現代の最大公約数的な価値観に立脚しすぎた論が目立ったように思う。
それこそ先のことなんかわかりゃしないんだから、現代が行き詰まった世の中なら、それをどうにかしようと試みるのが知識人の役割じゃないかね。
そういう意味では『野望としての教養』にあったような、話が展開していくにつれて次々と読み手のこちらも視界が開けていくような興奮には至らなくて残念。
未読だけど、前著の『昭和三十年代主義』も「成長しない」というキーワードが副題になっていたので、浅羽通明の思考はそちらのほうにシフトしてしまったのだろうけど、うーん、なんか違うよなあ。
ただまあ、ブックガイドとしては良いと思うし、読んでみたい本や映画はいくらかストックできたのでまあ、良しとしようか。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

スポンサーサイト

[ 2013/02/18 ] 書籍 | TB(0) | CM(-)

『吉本隆明という「共同幻想」』(呉智英)

[ 2013/02/12 ]
吉本隆明という「共同幻想」

昨年死去した「戦後最大の思想家」吉本隆明の批判本。
呉智英は雑誌連載が減少したからなのか、最近は書き下ろし、語り下ろし本が多い。
その分、まとまった議論が展開されていて、雑誌コラムの再録本を読むよりも知的な刺激は多いんだけど、仏教本や論語本、本作のようにシリアスなテーマが多く、また以前ほどにはユーモアを感じさせる奇抜な提案などは出てこないので、そこら辺は少し残念に思う。

それはさておき、本作は、以前からその著書で断片的に語られていた吉本隆明批判の集大成といった内容だった。
私はもちろん、呉智英の影響を色濃く受けていたので、吉本隆明なんてほとんど読んでいなかったけれども、吉本隆明の影響を表明してやまない知識人、文化人なんてのはマスコミにはうようよしていて、その存在感の大きさは意識せざるをえないものがあった。
そうした人々によって語られる吉本像で適当にイメージを抱いていたのだけれども、本書を読んでもやはりそのイメージは揺らぐことはなかった。
亡くなった時、多くの追悼コメントが寄せられていたけど、恐らく、団塊世代が死に絶えたら吉本隆明が残した思想は消滅してしまうと思う。
そういう意味では団塊世代の総括本、という意味合いも強いと思うのだけれども、現代社会においてクリティカルな本なのかというとやや疑問が。
読んでなるほどね、とは思うんだけど、自分の中の核心的なテーマとそれほどシンクロしなくて、あっさりした読後感だった。
ただ、アマゾンのレビューなんかを読むと吉本信者とおぼしき人々が本書を酷評している書き込みも散見されたので、吉本信者にとってはそれなりに衝撃的に捉えられているのだと思う。
てことは日本の負の部分の要因になったと考えていいんだろうな。

ただ、本書で批判された「吉本的なあり方」すなわち難解で衒学的な文章を書くことであがめられるような評論家も、ソーカル事件のような例もあって、今後は出現しづらいだろうと思う。
「戦後」という言論空間の空虚さを象徴する存在を撃った、という意味はあるんだろうけど、もっと、アクチュアルな、現在進行形の思想的課題についても語ってほしいなあ、と思うけど、もうそういう話はできなくなっちゃんたんだろうな。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ 2013/02/12 ] 書籍 | TB(0) | CM(-)

『知的唯仏論』(宮崎哲弥・呉智英)

[ 2013/02/10 ]
知的唯仏論

仏教をめぐる対談本。
2011年に出た呉の単著『つぎはぎ仏教入門』を受ける形で実現した企画。
二人の対談本としては1999年に出た『放談の王道』に続く形になる。

『放談の王道』は主に時事問題を扱った対談集で、「放談」とあるように様々な話題を語っていたのだけれども、これは仏教周辺の話に終始している。
読み物としての面白さは前作のほうに軍配があがるけれども、知的レベルという意味ではこちらのほうが数段上だと思う。
というか専門性が増した分、いつもの呉智英的なエンターテインメントはかなり抑制されていて、読むのに疲れた。
宮崎哲弥がしゃべりすぎ(笑)
悟りの核心のようなものは、原始仏典や龍樹の『中論』を読んだほうがいいし、仏教史の概説という意味では『つぎはぎ仏教入門』のほうが理解の助けになる。
仏教における実存のあり方や教理の核心部分についての話もかなり高度なレベルで出ていたけれども、それよりは仏教の歴史を巡る諸問題が興味をひいた。
主に仏教原理主義と仏教修正主義の話。
まあ、どこの宗教でもそういった話は大きなテーマなんだと思うけど、仏教って、日本人にとってはキリスト教やイスラム教よりもはるかに身近な存在であるにも関わらず、それらの宗教のように国際紛争の火種になっていないからなのか、あまりそういったドグマの受容のされ方や変質の過程についてきっちり語られてきていなかったように思う。
そういう意味で、二人の対談の中で語られていたテーマは私が期待していたものとは少しずれていたけれども、「現代の仏教ということを考える上では避けて通れない話なんだと思う。

仏教は面白い。
けれども、宗教としての仏教がこの先復権できるかわからないけど、哲学としての仏教は、おそらく宮崎哲弥の今後の仕事次第ではいろいろと見直されていくんだろうな。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ 2013/02/10 ] 書籍 | TB(0) | CM(-)
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。