文化 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

処女の苦しみとおかしさ

[ 2014/07/04 ]
もう10年近く前になるが、mixiで、これからはレズをテーマにしたフィクションがも少し脚光を浴びるんじゃないか、という予想を書いたら、それから2,3年のうちには「百合」というキーワードがオタク文化圏の覇権を狙うまでの地位に成り上がった。
2005年時点でもいくつかの萌芽を見ることはできたのだけれども、まだ当時、百合はほとんどの人にとって意識されていない趣味だった。

私は当時、百合、レズ文化がゲイ、やおい文化に比してそれほど認知されていない理由として、

同性愛を権利として主張するだけの社会的地位を男性が長いこと独占していたことが、文芸としてのレズ作品の成立を遅らせた。
これは体現媒体としての不成立の原因。
また、恋愛そのものに対する男性の想像力の貧困が、鑑賞媒体としての女性同性愛作品の不成立の原因だろうか。

レズ文化の需要

と書いていた。
女性の同性愛が、「この私」の問題として共感を訴えかけうるケースが少ないのは何故か、あるいは娯楽としても鑑賞されるケースが少ないのは何故か、という問題。

男性同性愛は、どちらのケースでも文化の中に一定の立ち位置を占めることができていた。
もちろん、それだって各時代各地域によって、様々な弾圧や制約や相違があったわけではあるが。
それでも相対的には、男性の同性愛は実存の問題として、娯楽の対象として、認知されてきた歴史の厚みは女性の同性愛の歴史よりずっと豊かである。
そういう認識ががらりと変わって百合妄想がメインストリームで氾濫し始めたのは『らき☆すた』がヒットしたあたりからだろうか。
どちらかというと実存の問題を扱った百合(というかレズビアン)作品はまだ少ないと思うけど、それでも百合作品が好きな女性、実作者として百合作品を描いている女性もいるので、「ニヤニヤ」することを前提としつつもそこに実存の問題を多少は絡めて受け止めている人はいるだろう。

現実の願望や実態の写し鏡であるフィクションの世界では、現実の人々の意識がある程度反映した形でキャラクター、人間が描かれる。
女性の同性愛が頻繁に描かれるようになったのは女性がそれだけ社会性を獲得し、男性の恋愛面における想像力が多様化してきたことと無関係ではないだろう。


さて、性に関する実存の悩みというと、もちろん、同性愛だけではない。
人間にとって、性体験の有無というのはそれなりに大きな問題で、童貞であることをコンプレックスとして、その克服やおかしみをテーマにした作品は数限りなくあるのだけれども、処女であることをコンプレックスと捉え、その克服やおかしみをテーマにした作品は少なかった。
ところが、ここ数年は高齢処女を描いたマンガというのも増えたきたようで、この分野においても女性の性の問題が表面化し、論じられる、興味を持たれる主題として立ち位置を確保するようになってきたようだ。

童貞以上に大変!? “高齢処女”マンガが増えている! ダヴィンチNEWS
47歳で男性経験がありません・・・ 発言小町

さすがに高齢(素人)童貞を驚愕のユーモアとペーソスでもって描いた『最強伝説 黒沢』級の作品はまだ出てきていないと思うけど、たとえば数年前には『ゴクジョッ。』という女性版『稲中卓球部』とも呼べるような下品な下ネタメインのギャグマンガがスマッシュヒットしていたので、いずれは『黒沢』級の作品も出てくるのかもしれない。

閉経処女を主人公に据えたコメディというものが成立し、支持を得る、ということはあり得るだろうか。
そこら辺を「共感を伴える笑い」として描けてしまったら、わりと性に関するそれなりに普遍的な実存の問題は描き尽くしたと言えるのかもしれないなあ、とふと思った。
テーマがなんであれ、それが共感を呼ぶものであれば、そうした境遇にいる人たちを慰撫し、彼ら彼女らの行き場のない自我を吸収し、幾ばくかの救済を届けることができる。人生に意味のようなものを見いだしうる契機、補助線になり得ると思うのだ。

関連記事:世界初の百合小説はドストエフスキー
関連記事:腐女子は百合厨に嫉妬しないのか

最強伝説黒沢 1 (ビッグコミックス)ゴクジョッ。 ~極楽院女子高寮物語~ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)ヴァージニア性別が、ない! (1) (ぶんか社コミックス)





↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

スポンサーサイト

[ 2014/07/04 ] 文化 | TB(0) | CM(-)

「おっぱい」というステータスが有効だった90年代

[ 2014/05/28 ]
おっぱいが男性の目をひきつけてやまないことは論をまたないし、一般的に胸の大きな女性は性的魅力において優位である、と理解されている。だが、近年、テレビで見かける女性タレントにおっぱいが売りの女性をあまり見かけなくなってきたように思うのだが、これは何故だろうか。
女優の真木よう子なんかは胸の大きさがよく注目されているのだが、多分、彼女くらいの実力であったら、別に胸の大きさに関係なく仕事はできていただろう。

テレビという媒体はおっぱいよりも容姿や話芸や歌やダンスや演技力などの芸が第一で、おっぱいをないがしろにしているのだろうか、という疑問をふと抱いた。

90年代初頭から2000年代半ばくらいまではグラビアアイドルが一定の勢力を持っていて、そこからタレントとしての地歩を確立していった者も少なくない。
イエローキャブは巨乳タレントを多数擁していたし、叶姉妹や熊田曜子やほしのあき、篠崎愛、田代さやかなどおっぱいを武器にして活動の幅を広げていった者はいくらでもあげられる。
けれども、近年はAKB48などのグループアイドルに圧されてしまっている。

グラビアアイドルはオーディションを経てなることもあるが、スカウト経由でなる者も多い。容姿、スタイルありきでその仕事につく。
グラビアアイドルになりたい、と思ってそうなる者がいる一方で、グラビアアイドルにならないか、と言われてなる者もけっこういる。
その容姿、スタイルのレベルは必然的に高くなろうというものだ。

一方、アイドル歌手はオーディションが主体で、アイドルになりたい、と主体的な強い動機があってなるものであって、街でスカウトされてモーニング娘。なりAKB48なりに入る、という経路は考えられない。
アイドル歌手になりたいものだけがアイドル歌手になるレッスンの日々を経て、アイドル歌手になるのだ。
容姿的な意味ではそこまで秀でていない女性でもアイドルになれてしまったりする状況である。
おっぱいという武器がなくてもそこそこの容姿に歌唱力や根性、ダンス能力、トークスキルなどに、有能なプロデューサーさえつけば人気を得ることができる。
そして、歌ったりダンスしたりするのにおっぱいは邪魔である。
そうした歌って踊れるアイドル全盛の世の中にあってはおっぱいがテレビから淘汰されるのは必然だったのかもしれない。

おっぱいが貧相でも何かしらその女性の個性を「発見」することができれば、我々は彼女を愛することができるのだ。
そういう意味ではただおっぱいが大きい女性にとって、芸能の世界は狭き門になってしまったのかもしれない。
おっぱいよりも根性。おっぱいよりもダンス。おっぱいよりもトークスキル。

これだけ歌って踊れるアイドルが全盛の状況ではおっぱいが大きいだけでは芸能界に入る道は閉ざされているに近い。
だからなのか、最近はアダルト業界におっぱいが大きくて容姿のよい女性が多数参入するようになってしまった。

これが悲しいことなのか嬉しい事なのかよくわからないわけさ。

ただ、この疑問というか違和感というのは90年代に思春期を迎えた人間だけの問題かもしれない、とも思う。
90年代はアイドル冬の時代で、歌番組に出てくるのは『アーティスト』がメインで、CDも売れず、アイドル歌手はかなり冷や飯を食わされていていた。人気も控えめなもので、グラビアアイドルの戦場を荒らす機会もそれほどなかったから、おっぱいだけがとりえの女性もタレントとしてテレビに進出する機会を掴むことができたのだが、これは特殊な状況だったのかもしれない。
でも、80年代はアイドル歌手全盛で、グループか単体かの違いがあるとはいえ女性タレントのフォーマットという意味では今と近いものがある。当然、おっぱいがテレビを賑わす状況ではなかったはずだ。
そういう意味で言うと、今のほうがわりとまともな状況ということなのかなあ。

『アーティスト』がバカ売れし、おっぱいがテレビを賑わした90年代。



週刊真木よう子 Blu-ray BOX
キングレコード (2012-03-28)
売り上げランキング: 73,150



↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ 2014/05/28 ] 文化 | TB(0) | CM(-)

挿入歌が絶大な効果を発揮しているアニメ名場面を集めてみた

[ 2014/05/17 ]
アニメの名場面はいくらでも挙げることはできるんだけど、中でも挿入歌とカタルシスが渾然一体となっている作品は繰り返し鑑賞せずにいられないほど印象的だよな、ということでそういう作品を集めてみました。
幾つかは凶々しささえ感じるような、脳裏に焼き付いて離れない魅力を放っていますね。
挿入歌(インストではなく)と名シーンというくくりでもいろいろありますが、それに加えて"衝撃"を伴ったものです。


『涼宮ハルヒの憂鬱』第12話 学園祭で演奏した『God Knows...』



これ以前のアニメにおけるバンド演奏シーンというと『マクロス7』や『BECK』なんかがわりと話題になった記憶があるんだけど、これほど衝撃的ではなかったと思います。以後も『けいおん!』や『Angel Beats!』で、秀逸なバンドシーンが見られるようになったけど、まだハルヒを超えるのは出ていないんじゃないかな。
初めて観た時は作画レベルの高さとあいまって、その新鮮さに感動せずにはいられませんでした。
バニーガールでギターボーカル。これは「ロック」ですよ。
椎名林檎がシングル『本能』のPVでナース服のコスプレで話題をさらった時と近い新鮮さだな、と当時感じました。
↑の映像は公式MADで、編集されたものですが、YOUTUBEで1300万回以上の再生数になっててびっくりしました。




『School Days』最終話 三角関係の結末
(グロいので閲覧注意)

その凶悪さは原作エロゲも相当なものがありましたが(特に永遠にendは)、アニメ版のほうも原作ファンの期待を上回る凶悪な出来だったと思います。これほど多くの人間に死ぬことを望まれた主人公はこの世に二人といないでしょう。みんなの呪いが最高の形で実現した瞬間のカタルシスと『悲しみの向こうへ』に漂うなんともいえない無常感との対比が素晴らしい。

School Days Blu-ray BOX
School Days Blu-ray BOX
posted with amazlet at 14.05.17
エイベックス・マーケティング (2013-03-22)
売り上げランキング: 22,956



『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』 戦闘シーン



こっちはも少しきれいな三角関係。劇場版のこのシーンは今となってはほとんど伝説になっていますね。今見ても作画の緻密さには息を呑むものがあるし、手書きならではの色気には魅了されます。歌終わりからアウトロへの余韻もたまらない。ほとんどリン・ミンメイのミュージックビデオになっているような気がしないでもないけど。多分、邦楽ではもっとも金のかかったミュージックビデオじゃなかろうか。
歌が戦争を終結へと導くロマンあふれる展開。

超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版 [DVD]
バンダイビジュアル (2007-12-21)
売り上げランキング: 15,206



『新世紀エヴァンゲリオン』第24話 渚カヲル握殺



エヴァで歌が流れる時はショッキングなシーンとセットなケースが多いですね。アスカが発狂するときの『メサイア』、旧劇でアスカの首絞めながら『komm, susser tod』、新劇破で『今日の日はさようなら』を流しながらアスカの乗った3号機破壊、『翼をください』流しながらサードインパクト。
でもエヴァでどのシーンを推すか、と問われるならやっぱりこれ。一体何度リピートしたことだろう。Qでも『第九』が流れた時は鳥肌が立ちましたよ。




『機動戦士Vガンダム』第51話 リーンホースJr.特攻



最凶はこれでしょうね。『Vガンダム』は正直38話あたりまでは苦痛でしかなかった作品なのですが、それ以降、ラストスパートの狂気を孕んだ展開は凄絶を極めていたように思います。味方の戦死者数では歴代ナンバー1とも言われる過酷なストーリーに何度震えたことか。

このシーンは葛藤含みでいろいろ考えさせられるものがありますね。
若者をみんな退艦させて爺さん連中だけで特攻していく有り様は多分、他の戦闘アニメで描かれたことのないかっこよさなんだけど、でも特攻はいかんよとも思うし、老人に死ねと言っているような後ろめたさを感じる部分もないことはないし、でも、女子供に戦闘を押し付けてきた大人が最後の最後にようやく責任をとったとも言えるし、みたいな。

この『いくつもの愛をかさねて』は最終話のラストシーンでも使用されていて、そのカテジナさんとシャクティの邂逅で味わえるカタルシスも強烈なものがありました。でもどう考えても富野監督(井荻麟名義)による歌詞は女たらしの自慢話としか思えないんだよなあ。

機動戦士Vガンダム DVDメモリアルボックス
バンダイビジュアル (2004-01-23)
売り上げランキング: 24,968



というただ並べてみたかっただけのエントリ。他に何かよい作品があれば教えて下さい。

↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ 2014/05/17 ] 文化 | TB(0) | CM(-)
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。