2005年10月 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本橋ヨヲコ「G戦場ヘブンズドア」

[ 2005/10/31 ]

単行本の帯に寄せられた推薦人が豪華。
「まんが道」の藤子不二雄A、「編集王」の土田世紀、「燃えよペン」の島本和彦。
それぞれマンガ実録の名作だが、本作は21世紀のマンガ実録というわけだ。

比較するには「編集王」あたりがいい。
内面はどうであれ、リアリティを出しながらもありえないシチュエーションでマンガを描く、という姿勢はどちらも変わらない。
ただ、「編集王」では登場人物が葛藤に耐えられず落ちぶれていく様をギャグを交えて語っていたのだが、本作では直球勝負の熱血になっている。

一部では評価の高い作品だが、個人的には好きになれなかった。
息を抜けるような間やユーモアがないまま進行していく熱血はともすれば、自説の押し付けになってしまう。
この熱血に共感できない「汚れた大人」としてはちと厳しかったな。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事
スポンサーサイト

[ 2005/10/31 ] マンガ | TB(0) | CM(-)

みなもと太郎「風雲児たち」

[ 2005/10/30 ]

コミックトムで連載していたワイド版の20巻まで読んだ。
徳川幕府の開幕から幕末まで、風雲児と呼ぶに相応しい人々を描いていくギャグ歴史物語。
主な登場人物は吉川広家、徳川秀忠、保科正之、平賀源内、田沼意次、前野良沢、杉田玄白、林子平、高山彦九郎、大槻玄沢、大塩平八郎、遠山金四郎、大黒屋光太夫、最上徳内、間宮林蔵、伊能忠敬、シーボルト、高野長英、佐久間象山、高島秋帆…etc。
学習マンガとして無類の面白さを誇っていることはもちろん、随所にちりばめられた時事ネタのパロディや古典ギャグによって、教養マンガとしてとらえることもできる。
楽屋オチ的なギャグも多く、物語の作劇手法を考える上でも教科書的な作品。

若干、作者の歴史観と私の歴史観でズレはあったけれど、そんな些細なものは気にならないほどの魅力がある。
日本の近世史のもっともわかりやすい入門書。

現在はコミック乱で「幕末編」を連載中とのこと。
坂本竜馬や大村益次郎、勝海舟、吉田松陰らが中心になっている。
「幕末編」もとても気になったきた。
お気に入りは高野長英、大塩平八郎、高山彦九朗あたり。

先駆者の熱い生き様をクールなギャグタッチで描く、傑作


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事

[ 2005/10/30 ] マンガ | TB(0) | CM(-)

漆原友紀「蟲師」

[ 2005/10/26 ]
6巻まで読んだ。
柔らかいタッチの作画と間の取り方、自己主張の激しくない登場人物達が印象的。
昭和初期を思わせる舞台設定による雰囲気作りが成功している。
「ブラックジャック」や「マスターキートン」のように一話完結の連作形式の話で、主人公が旅先で出会う人々を助けたり助けられたり、というフォーマット。

怪異の新たな解釈としての「蟲」の設定自体は悪くないが、オリジナリティと呼べるほどのものはこれくらいで、エピソード自体はオーソドックスなものが多い。
演出は巧みだが、やや小さくまとまりすぎているような気もする。
主人公のバックボーン、生い立ちの謎などがこれからの展開でどう明かされ、作用するのか、そこら辺に今後の評価がかかっているだろう。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事

[ 2005/10/26 ] マンガ | TB(0) | CM(-)
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。