2005年12月 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

舞城王太郎「阿修羅ガール」

[ 2005/12/31 ]


ガーリッシュな小説。
女子高生な文体で物語が展開するのだが、どこまで主人公が自覚しているんだかわからない自己中心的な内面描写が彼女と立場を異にする自分としては辟易させられた。

その語り口が一変する2部では正調の語り口であざとい展開を見せている。
小説作法にたいして非常に自覚的な作者なんだろうな、と思う。
次々と現れる豊かなイメージは面白かったのだが、素直に賞賛する気になれないのは作者と私の倫理観の違いからだろうか。

ただ、現実感覚と遊離せずに、シュールな世界を現出して見せた力量はたいしたものだな、と思った。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事
スポンサーサイト

[ 2005/12/31 ] 古典・純文学 | TB(0) | CM(-)

岩井志麻子「ぼっけえ、きょうてえ」

[ 2005/12/31 ]


明治中期の岡山を舞台に、女の業の深さ、のようなものを主題とした岡山弁で綴られるホラー短編集。

もともとホラーを読んでもあまり怖がる人ではないので、どうかな、と思っていたけれど、語り口のうまさで、ぐいぐいと話にひきつけられた。
怖がりでない、と言っても緊張感はひしひしと伝わってくるもので、特に表題作はオチが秀逸でよかった。

怪異譚というのはそれがどんなサブジャンルのものであろうと、確固たる様式を持っていなければ成立しないものだが、この作品では時代設定や岡山弁の持つ雰囲気という道具立てで女の業の深さを明確に際立たせていていた。
タイトルのつけかたもうまいし、ホラーの技法が贅沢に使われた作品。
コンビニで売られているホラー小説やホラーコミック誌とはやっぱり格段の違いがあるなあ。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事

[ 2005/12/31 ] 娯楽小説 | TB(0) | CM(-)

フョードル・ドストエフスキー「賭博者」

[ 2005/12/27 ]

相変わらず偏執狂的な登場人物たちが狂ったようなことをわめきたててストーリーを進行させている。
正常人のこちらとしては強くひきつけられながらも、辟易しながら読むのだけれど、決して外れがないのがドストエフスキーのすごいところ。

私自身、ギャンブルを嗜まないし、ギャンブルというテーマに取り立てて関心を持てない人なのだけれど、このテーマを扱った作品には名作が多い、らしい。
私が読んでうなったのは笠井潔の「熾天使の夏」と福本伸行の「カイジ」「銀と金」などくらいか。
当時、どういった受け止められ方をしていたのかよく知らないが、筋立てのうまさ、テーマの掘り下げ方で、本作は今あげた作品には及ばないと思う。
けれども、テーマの先駆性、という意味で重要な作品だし、登場人物の一人が主人公の人間性を見透かしてあげつらう下りは現在の水準でもやはり圧巻と言っていい。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事

[ 2005/12/27 ] 古典・純文学 | TB(0) | CM(-)
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。