2007年05月 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『なるたる』(鬼頭莫宏)

[ 2007/05/02 ]

「竜の子」と呼ばれる奇妙な存在とリンクした少年少女達が、世界の命運を巡って殺し殺される、典型的なセカイ系マンガ。

セカイ系作品はとりあえずスケールがでかいし、メディアミックスされることが多く、話題になりやすいのでついつい読んでしまう。
面白い作品もたくさんあるんだけど、読んだあとにたいがい、考えさせられると共に、如何ともしがたい不快感やら不満が首をもたげてくる。

この作品は特にそうで、負の印象が強い。
とにかく伏線の張り方がいやみったらしかったり、思わせぶりを連発させることで読者をひっぱったりするやり方が気に食わなかった。
作品世界に没入してしまえばそんなものは気にならなくなるのかもしれないけど、絵のハードルが高くて入っていくことができない。
各回のサブタイトルのつけ方は秀逸だと思ったけど、映像的な想像力はこういう話を書くにはちょっと力不足ではなかろうか。
セカイ系のマンガということで比べてみると、『最終兵器彼女』(これにもなにがしかの異論はあるが)のような踏み込み方を読んだあとだと甘さが目だったなあ。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事
スポンサーサイト

[ 2007/05/02 ] マンガ | TB(0) | CM(-)
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。