2009年08月 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『セルフ』(朔ユキ蔵)

[ 2009/08/25 ]

スピリッツに連載されている女性作家のマンガ。2巻まで読んだ。

12歳でセックスを覚えて以来、24歳まで一度もオナニーを知らなかった主人公がとある本との出会いによって、オナニーの深遠な世界に目覚め、その道を極めていく、というストーリー。
登り棒、プールの噴水口、こんにゃく、ローション、屋外露出、と様々なオナニーの階梯を駆け上がっていく様子が面白い。
絶妙な間が素晴らしく、シリアスな文法の中でデフォルメやカリカチュア、ブラックユーモア、パロディなどといった手法を使わずに笑いを誘発する術に長けている。
また、女性作家であるにもかかわらず、男性の性衝動を非常に繊細に書いているのが驚き。
主人公の性衝動には普通に共感できる。

いわゆるエロマンガにも女性作家は何人かいて、それはそれでうまいのだけれど、彼女らの描く男性の性衝動というのは「エロマンガフォーマット」の中で定型化したものであるのがほとんどなので、あまり意識したことはなかったのだが、この作品のように、「自分だけで射精する」という行為に特化した作品だと、やはりその表現手法を意識せざるをえない。
また、通常のセックスシーンの場合、あまりにも表現の雛形が多数あるため、そこに特異点を見出せるほどの作家性が見つかりにくくなっているのかもしれない。
そこへ行くと、オナニー描写というのは表現の雛形がセックスほど確立していないため、作家性を見出しやすい。

さらに敷衍して考えていくと、恋愛というのは文学性、芸術性が高いけれども、セックスには文学性、芸術性がそれほど宿らない。
だが、オナニーにはどうだろうか。
オナニーの文学性。
程度の低い芸術作品をさして、「あんなのオナニーじゃねえか」というような罵倒をよく聞く。
だからといって、すぐれた芸術作品をさして、「セックスだねえ」とは言わない。
なぜ、芸術作品には「オナニー」という罵倒が通用するのか。
それは他者から見て、その作品が、作家の内部にあるものを己の、己の快楽原則だけに従って表現しているように、見えるからだ。
けれども、一方でその「オナニー」に共感してしまう他者もいるわけで、共感できてしまった人間にすれば、その「オナニー」はやはり至高の芸術作品であったりするわけだ。

しかし、オナニーを題材にした文学作品、芸術作品、というのはさすがにそれほど多くない。
人間の変態性に着目し、その表現に腐心した作品もいくらでもあるが、オナニーに特化したものは寡聞にして知らない。
たしかにオナニーというのは嘲笑される行為であるんだけれど、その一面だけが取り沙汰されて、オナニーの多様な側面を考える機会があまりなかったのは、もったいないと思う。
その意味で、この作品によって、何か新しい地平が開拓されることがあったりしたら、面白いなあ。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事
スポンサーサイト

[ 2009/08/25 ] マンガ | TB(0) | CM(-)

『人類は衰退しました』(田中ロミオ)

[ 2009/08/20 ]
『CROSS†CHANNEL』や『家族計画』のシナリオライターとして、ごくごく狭いところで絶大な支持を集める田中ロミオの小説デビュー作。
刊行済みの4巻まで読んだ。

繁栄のピークを過ぎ、人間が衰退した後、「妖精さん」が新たな地球の主役として活躍している世界を描いたSFメルヘン。
メルヘンだけれども随所にこの人独自のシニカルな毒が効いていて、小気味よい。
物語の主人公は新しい人類である「妖精さん」と旧い人類である「人間さん」の橋渡しをする調停官という職業の女性であり、彼女の一人称によって進められる連作短編の形をとっている。
女性の一人称で進行するのに、印象は『CROSS†CHANNEL』の文体から受けたものと非常に近しいものがあった。
『最果てのイマ』や『家族計画』などではまた違った印象の文体を書いていたので、いくつかの文体を書き分ける力を持っているのだろう。

致命的な破滅があった後の世界、という設定の物語は『北斗のケン』やら『AKIRA』やら『風の谷のナウシカ』やらいくらでも読んだことがあるのだけれど、こういった形で人類が繁栄の座から降りた設定の話はちょっと記憶にない。
ここには闘争や略奪、裏切り、死、といった現実世界の地獄は描かれていない。
ただ、「妖精さん」と人間との幸せな交流をひねくれたユーモアとつくられた暖かさで描いている。
そこから浮かび上がってくる彼独自の人間観、ひいては文明観が興味深い。
『CROSS†CHANNEL』や『最果てのイマ』で得られたようなカタルシスはないけれども、この幸せな世界とユーモアもやはり、唯一無二だと思う。
エンタテインメントとしては人を選ぶだろうし、文学としては媒体に問題があるし、メルヘンとしては毒が強すぎるし、SFとしては軽すぎる。
だからこの作品もまともな評価につながることは難しいのかもしれないということが残念でならない。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事

[ 2009/08/20 ] SF・ライトノベル | TB(0) | CM(-)

『日本書紀』(舎人親王・編)

[ 2009/08/03 ]

日本最古の歴史書。
成立は古事記の方が8年早いのだが、ほぼ同時期に編纂されたとみなしてよいだろう。
神代の国生み神話から持統天皇の譲位までの期間を綴った書物。
淡々とした記述が続くので、文章の面白みはない。

神話部分に限って言えば古事記のほうがより詳細で、様々なエピソードが挿入されているので、それほど新味には感じなかった。
その神話部分だが、古事記を読んだときにも感じたことだが、ギリシャ神話との相似を思わずにいられない。
神と人間の非常に近しい関係が描写されている。
ただ、固有名詞の難解さから、読解は困難を極めた。

とにかく困ったのは人物の固有名詞で、宇摩志阿斯詞備比古遲神(うましあしかびひこぢ)とか、神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)とか、彦波瀲武鸕鶿草葺不合命(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)とか、倭迹迹日百襲媛命(やまとととひももそひめのみこと)とか、復活の呪文みたいな名前ばかりで、覚えられやしない。
でも、古代の日本ではそれが普通に人の名前であったことを考えると、現代との隔絶を感じざるを得ない。
戦後、GHQの指示による教育改革時に正字正かなが廃され、現代のような言葉づかいが生まれたときにも国語の断絶というのは起こったのだろうけど、その比ではない。
いったい、古代の日本人はどのような言葉を話していたのだろうか。

面白いエピソードはいくつもあったが、特に印象に残っているのは倭迹迹日百襲媛命が女性器に箸が刺さって死んでしまった話や(箸墓古墳の由来)雄略天皇、武烈天皇の暴君ぶり(妊婦の腹を割いて胎児を見たり)あたりなど。
ここら辺のエピソードは日本書紀に持っていたイメージをひっくり返されるほどに驚きだった。

推古天皇以降の記述は学校で教える日本史にもよく出てくるし、小説や漫画の題材にもなっているので親しみやすかった。
朝鮮半島との関わりは14代仲哀天皇の頃(西暦200年頃とされている)からで、神功皇后の遠征のくだりなどは興味深かったが、以後の本書には新羅、百済、任那などが多く出てきており、渡来人の帰化の記述も多いことから、いかに日本の国が形作られる際に、朝鮮半島の影響が強かったかを認識させられた。
ただ、朝鮮半島から侵略を受けたことはなかったようなので、国力としては日本のほうが強かったのだろうが。
朝鮮、というよりは朝鮮経由の中華文明なのだろうなあ。
中国に関してはやはり推古以降の登場で、日本との関わりは朝鮮ほどではなかったことが伺われた。
また、東南アジアの国々とも交易を交わしていたくだりも見られ、認識を改めることになった。

他に印象に残った点としては、天文の記述が以外に詳細に記述されていたことか。
何年何月何日にほうき星が現れたとか、日蝕が起こったとかが出ていて、このことから古代の事象の年代推定の手がかりにしていったことが伺われた。

日本書紀を読もうと思った契機は神道の源流を見たい、という思いからだったわけだが、神代の記述部分については神道でもキリスト教における「聖書」的な扱いを受けたのだろうが、やはり聖書やコーラン、論語、仏典のような「マニュアル」的な色彩は薄かった。
他の世界宗教のように、神道は誰か一個人が始めたものではないから、そのようなものが成立する契機がなかったのかもしれないが、これだけでは神道をわかった気にはなれんなあ。

ただ、日本という国を考える際、やはりこの本は絶対に避けられない書であることだけは間違いない。
にもかかわらず、ここに書かれているエピソードが、一般教養としてどれだけ日本人に共有されているか、というと心もとないものがある。
今の日本では日本神話より、ギリシャ神話のほうがより人口に膾炙しているだろう。
ゼウスのほうがアマテラスオオミカミより覚えやすい名前だし、聖闘士星矢とかあるわけだし。
青年向けマンガでは日本神話を基にしたものもいくつかあるけれども、やっぱり少年マンガで日本神話をあつかわなきゃだめだ。
天智天皇や天武天皇(火の鳥太陽編)やヤマトタケル(火の鳥ヤマト編)、神功皇后などをマンガ化して、ぜひとも子供のうちから日本の古代史に興味を持たしたいところだなあ。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事

[ 2009/08/03 ] 書籍 | TB(0) | CM(-)
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。