2012年12月 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マイケル・ジャクソンが音楽をつまらなくした

[ 2012/12/18 ]
まあ、この種の言説は今に始まったことじゃないんだけど、改めて。

マイケル・ジャクソンは優れたアーティストだったけれども、そのあり方はミュージシャンとかシンガーとしてよりも、エンターテイナーとして多くの人々に記憶されていると思います。



大抵の人は音楽の良し悪しってその楽曲を一聴しただけではつけることはできません。
注意深く聴いていればその曲が自分に合うかどうかわかるけど、普通の人は日頃それほど注意深く音楽を聴こうとはしていないし、注意深く聴くように意識する機会が少なければ少ないほど、個々の音楽の「個性」を見つけづらくなっていきます。
「似たような曲ばかり」という言葉は昔からよくいわれる罵倒文句だけど、それはそのジャンルの音楽に対する興味関心が薄いから、それぞれの曲の個性を見つけづらくなっているということです。
私だったら演歌やヒップホップは「似たような曲ばかり」になってしまいます。
音楽への興味関心が薄い人が楽曲の個性を理解するには、繰り返しその楽曲を聴くか、音楽以外の要素によって受け手に印象づける必要があります。
もちろん、そんなことしなくても一聴して琴線にふれてしまう楽曲もたくさんありますけどね。

MTV登場以降のポピュラーミュージックシーンは視覚的に訴えかけるプロモーションビデオとセットの音楽が主流になり、日本の場合だと、ケーブルテレビ網がそれほど発達しなかったから、テレビ番組やCMにシンクロしやすい音楽が主流になりました。
これはある意味必然的な流れです。
video killed the radio starです。

ロックミュージックは従来のフォーク、ブルース、クラシック、カントリー、ジャズなどと比して、そのステージングに派手な演出がありました。
チャック・ベリーのダックウォークとかエルヴィス・プレスリーの腰振りとか、ジミヘンがギターを歯で弾いたり、ギターを燃やしたり、というのは音楽そのものとは何ら関係のないものですけど、彼らの音楽を語る上では欠かせないほどに強烈なインパクトとして人々の記憶に残っています。
ピンクフロイドやグラム期のデヴィッド・ボウイ、U2などアルバムコンセプトを具現化した巨大なステージも有名です。
ポピュラーミュージックはそのような形で大衆的な人気を獲得していったのだけれど、ただ、そういうパフォーマンスってわりとすぐに陳腐化してしまうものだし、いずれも高度なものではありませんでした。
ステージセットの豪華さは資金力がなければ実現できるものではないですしね。

マイケル・ジャクソンはその音楽が優れていたのはもちろんなんだけど、彼の存在が革新的だったのはやはり音楽性云々よりもその人間離れしたダンスが大きかったのではないかと思います。
楽器の演奏なんて視覚的には地味なものです。
楽器を破壊するのは誰でもできることです。
でも、洗練されたダンスを踊ることが出来る人は限られているし、それは楽器を弾くよりも視覚的にも映えるものです。
日本で今人気があるのはアイドル系ばかりで、モーニング娘。でもAKB48でもももいろクローバーZでもパフュームでも、ジャニーズ系でも、エグザイルでも、みんなダンスやっています。
アイドルばかりになる以前は小室哲哉プロデュースの楽曲がブームだったんだけど、安室奈美恵やTRFなんかもダンスを重視した楽曲が多かったです。
同じ頃に海外で人気があったのもマドンナとか、スパイスガールズとか、TLCとか、ジャネット・ジャクソンとか、ブリトニー・スピアーズとか、やっぱりダンスやっている連中です。

この流れを決定づけてしまったのはマイケル・ジャクソンです。
マイケル・ジャクソン以前にダンスとボーカルを高度に融合させたパフォーマンスを見せていたのはジェームス・ブラウンやモータウン系のアーティストなどにもいますし、日本でもピンクレディーなんかが派手な振り付けやっていましたが、セールス面でマイケル・ジャクソンの成功は桁外れでしたからね。



バックダンサーと共に踊りながら歌う、というスタイルがメインストリームになったのは彼の存在がなければありえないことだったし、『スリラー』のフォーマットは以後の音楽ビジネスのあらゆる手本となるものでした。

ダンスなんて音楽そのものとは一切関係のない要素ですが、エンターテインメント的にはもはや欠かすことのできないものになってしまった。
そうなることでダンス付きの音楽ばかりがチャートの上位に来るようになってしまったのだけれども、いい加減食傷気味なので、新しいフォーマットで受ける音楽がメインストリームになればいいのに、と。
歌って踊れるアイドルなんかよりもグラビアアイドルのほうが全然かわいいし、歌って踊れるアイドルの楽曲よりも歌えないし踊れもしないキング・クリムゾンの楽曲のほうが全然スゴイだろってことなんですけどね。



まあ、それぞれ別物っちゃあ別物なんだけど、このAKB48と嵐ばかりが売れてる音楽状況はやばすぎるので、誰かなんとかしてくれよ、と。
マイケル・ジャクソンの呪いから誰か開放してくれよ、ということです。

繰り返しますが、私はマイケル・ジャクソンも彼の音楽も大好きです。
「手塚治虫のせいで日本のアニメーターの給与水準が低く抑えられるようになってしまった」
という物言いが、その後の当事者たちが待遇を改善するために戦ってこなかった事実を無視して手塚批判しているのと同じようなものです。
ただ、現状の音楽が少なくとも私にとってつまらなくなった原因を考えていくと、その最初の萌芽はマイケル・ジャクソンの存在にあったのかな、と。
彼の劣化エピゴーネンが蔓延する現状への呪詛ってことです。

関連記事:Michael Jackson『Beat It』を聴こう



↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事
スポンサーサイト

[ 2012/12/18 ] 文化 | TB(0) | CM(-)

外山恒一再び

[ 2012/12/13 ]
今回の政見放送の注目株は都知事選のマック赤坂くらいですかね。

マック赤坂の都知事選政見放送(ニコニコ動画)

スーパーマンのコスプレがシュールで、新機軸を出してきたな、という印象です。
ただ、何か新しいことをやろうとしている姿勢はいいんだけど、政治主張には見るべきものは何もありません。
又吉イエスなんかも選挙ポスターこそ派手な文句が並んでいるけど主張自体はそれほど目をひくようなものはないんですよね。

やはり外山恒一のインパクトと主張に勝てる人はいないなあ、と思って検索してみたら今回も選挙に合わせて擬似政見放送動画を作成したようです。
さすがに供託金を払う金はもうないのか、立候補することはできなさそうですね。



今までの「政見放送」よりも彼の主張が明確に出ていると思います。
個人的には他のどの政党の主張よりも共感できる部分が多いんですが、所詮はイロモノですね。
今や変わり果て、そのカリスマ性を失墜させてしまった鳥肌実の後継者みたいなものでしょうか。

鳥肌実について久々に調べてみたら(あじゃじゃしたー)

ただまあ、イロモノだろうとなんだろうと、このラディカルで力強い主張が世の中に多少なりとも拡散されることを願って。
ファシストと言っているけど、コミュニタリアンに近しいものを感じましたね。

以下は過去の政見放送

2007年都知事選の政見放送

2011年版「政見放送」



↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事

[ 2012/12/13 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(-)

Island『Stay With Me』を聴こう

[ 2012/12/12 ]
沖縄のロックバンドによるバラード。
最後がちょっとぶつ切りですけど。



1987年、松任谷由実がバカンスで沖縄のライブハウスに立ち寄った時、偶然この曲を耳にしていたく気に入り、自身のオールナイトニッポンのエンディングテーマに起用したことで、彼女のラジオリスナーを中心に、沖縄はもちろん本土でも知られるようになりました。
当時、水商売の人達の間で人気があったという証言をちらほら見かけます。
その後も有線から支持が広がっていったという話も聞きますが、沖縄はともかく、全国的に大ヒットした曲、というわけではありませんね。

無茶苦茶シンプルなバラードで、これといって奇をてらったところが全然ないのに、妙に胸に迫ります。
やはり声でしょうか。
素晴らしい歌声ですが、ボーカルの人はまずい不祥事を重ねていて、表舞台に立つのはほぼ絶望的だったりします。
ギターリフもシンプルなんだけど素晴らしい。

近年はモンゴル800、ダパンプ、石嶺聡子(南こうせつとのデュエット)など、沖縄出身のミュージシャンによってカバーされるケースも多く、いまだに新しいファン層を開拓しています。
決してメジャーで誰もが知っている曲、というわけではないんだけど、聴いて気に入った人々の多くが忘れられない曲、ということなんでしょうね。


沖縄のロックバンドって70年~80年代にはかなり面白い人達がいました。
Islandのメンバーが元々在籍していた紫というバンドもそうだし、コンディション・グリーン、マリー・ウィズ・メデューサなど、本土でもなかなか見られないような本格的なロックバンドがけっこういたんですよね。
彼らのオーディエンスは米兵だったので歌詞も当然英語で、音楽性も英米準拠。
日本のハードロック黎明期のバンドというとアースシェイカーBOW WOWや44マグナム、ラウドネスあたりがメジャーですが、ことハードロックに関して言えば沖縄のほうが早かったです。

↓はコンディション・グリーンのステージパフォーマンスのダイジェスト映像。



うーん、カオスですね。
往時のオキナワン・ロックも生で聴いてみたかったかも。
最近、沖縄から出てきたロックバンドというと『ガンダム00』の主題歌を歌っていた女の子三人組のステレオポニーというバンドがありましたけど彼女たちはもう、泥臭さや地域色みたいなのは抜けきっちゃって、本土の音楽と見分けがつかないものでしたね。
それでもわりと好きだったんだけど、この年末に解散するそうで、残念です。



↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事

[ 2012/12/12 ] 音楽 | TB(0) | CM(-)
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。