2013年04月 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『時をかける少女』というタイトルの力/タイトルについてあれこれ

[ 2013/04/29 ]
とりとめのない文章になると思いますが。

ブログやっていると、毎回毎回記事タイトルのつけ方にはわりと神経を使います。
それなりに力を入れた記事でもタイトルのつけ方によってアクセスが伸び悩んだり、すんなり書けちゃった記事が意外に伸びたりと、内容よりもタイトルのほうが重要じゃないかってくらい。
うちクラスだと記事タイトル次第でアクセスが100くらいは平気で変わってきます。

曲紹介の記事で、最近、アーティスト名を英語表記からカタカナ表記に変えたところ、RSS経由のアクセスがぐっと増えました。
メジャーどころをとりあげても、もともと10とか20くらいしかアクセス無かったんですけどね。
曲紹介記事なんて。
前回のイギー・ポップはさすがに少なかったけど、クリムゾンのときは50くらい来たし、スティングでもやっぱり同じくらいアクセスが来ました。
とりあえずアルファベットが並んでいたら、記事タイトルは読まない、というのがヘッドラインみている時の大半の人の習性のようです。
でもアクセス解析で検索フレーズ見るとカタカナ表記よりアルファベット表記で検索している人のほうが多いので、記事を更新したらアルファベット表記に直しています。


ところで、90年代の邦楽では異様に長いタイトルの楽曲が少し流行りました。
B'zの『愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない』とか大黒摩季の『別れましょう私から消えましょうあなたから』とかDEENの『このまま君だけを奪い去りたい』とか。主にビーイング系だけど。
ビーイングが凋落するとあまり長いタイトルの曲って見かけなくなったけど、あれは今考えると先見の明ってことなんでしょうか。
でも、普通の楽曲のタイトルってわりと英語表記のものが多いですよね。特にバンドブーム以降は。
『Say Yes』とか『LOVE LOVE LOVE』とか『Departure』とか、『True Love』とか、『Tomorrow Never Knows』とか『Can You Celebrate』とか『However』とか……。
いずれもビッグセールスの曲なんだけど、なんだかんだいってポピュラーミュージックの世界ではこういう英語表記のタイトルが主流です。
最近のヒット曲を見ると英語表記と日本語表記が半々くらいだけど、それほど奇を衒ったものはなさそうです。

でも、ヒット曲というわけでもないけど、長いタイトルの曲、というのはそれなりにあって、
BEGINに
『それでも暮らしは続くから 全てを 今 忘れてしまう為には 全てを 今 知っている事が条件で 僕にはとても無理だから 一つずつ忘れて行く為に 愛する人達と手を取り 分けあって せめて思い出さないように 暮らしを続けて行くのです』

というタイトルの曲があるそうで、メジャーレーベルから出ているのではこれが一番長い曲タイトルだとか。
また、インディーズではレムというバンドの

『拝啓、大好きなキミへ。誰かに手紙というものを書くのは初めてです。最初で最後の手紙を書きます。キミは覚えていないだろうけど、初めて会った時のこと。涙を見せながら必死に笑顔を作るキミは、どこか寂しくて、奇麗で、僕が生きてきたこの世界のものとは思えないほど繊細でした。それは温かい陽射しのような、優しい春風のような、雨上がりに架かる虹のようで。僕の生きる真っ暗な世界に温もりと色をくれた。キミに触れた時、僕は初めて生きていることを感じることができた。だけど。いつしか僕らは大人になり、キミとの日々はいつからか日常になった。押し殺したはずの真っ黒な渦が世界を飲み込んでいく。苦しくて苦しくて、痛くて辛くて。キミとの思い出が、キミとの日々が色を失っていくのがただ怖かった。だから。僕は僕を終わらせる。温もりが冷めないうちに。色を失わないうちに。キミはきっと勝手だと僕を罵るだろう。でも誰かのために生きるなんて奇麗事、僕には似合わない。僕が色を失わないうちに、温もりを抱いて逝きたい。生きたいキミと、逝きたい僕。幸せの守り方は一つじゃない。考え方が違うだけ。大好きなキミへ。キミを守れなくてごめん。僕に光をくれてありがとう。先立つ僕を許して。敬具』

が、日本で一番長いタイトルの曲だそうです。

昨今はラノベのタイトルで長いのが目立つと言われているけど、楽曲タイトルには勝てなさそうですね。
でもちょっと見てみましょう。
適当に検索したら出てきたリストをコピペ。

反抗期の妹を魔王の力で支配してみた。
あくまでも、妹が欲しいんです。
僕と彼女がいちゃいちゃいちゃいちゃ
美少女が多すぎて生きていけない
可愛い女子が勉強を教えてくれると思った俺がバカでした
恋人にしようと生徒会長そっくりの女の子を錬成してみたら、オレが下僕になっていました
恋愛恐怖症の僕のまわりに、恋人候補しかいないんですけど!
チューするだけの簡単なお仕事です【支配者】
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
魔法世界は女ばかりで、俺がパパ!?
悪に堕ちたら美少女まみれで大勝利!!
幼なじみと妹が俺の妄想で邪気眼デイドリーム
急募)美少女達のフラグをへし折り、委員長を辞める方法
ヒーローから転職した俺の使い魔な生活(仮)
アヌヴィス! 2 こうして俺は人外娘たちに求婚されました
フロムエース1 可愛すぎるクラスメイトとバイトするんだけど、何か質問ある?
フロムエース2 可憐すぎる幼馴染みとホテルに行くんだけど、何か質問ある?



こういう長文タイトルってたしかにインパクトはあるんだけど、これだけ氾濫するとなんか異様です。
しかも性欲丸出しばかりなのはこれいかに、と。
どうせどれもこれも寸止めだろうにね。
この傾向の走りになったと言われているのは『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』らしいですけど、今やっているアニメの二話のサブタイトルがこれまたあれでした。

「信じて送り出したお兄さんが携帯美少女ゲームにドハマリしてセクハラしてくるようになるわけがない」

これはエロゲタイトルのパロディで、元ネタはこれ。

「信じて送り出したフタナリ彼女が農家の叔父さんの変態調教にドハマリしてアヘ顔ピースビデオレターを送ってくるなんて…」


要するに、作品の中身を要約してそのままタイトルにしてしまっているんだけど、これだとなんかイメージを限定されてしまうような気がして、それはそれで味気ないな、と思ったりします。
同時代的なメディアミックス展開はありえても、時間が経ってからのリメイクとかされにくいんじゃないかな、と。

筒井康隆の『時をかける少女』って1967年の発表で、当時はジュブナイル小説という体裁だったので、まあ今のライトノベルと位置づけ的にはそれほど変わらないと思います。
原作は一時間くらいで読み終わっちゃうような内容ではありますが、今では違和感バリバリの古臭い文章です。
でも、それから16年後の1983年に原田知世主演で実写映画化されて大ヒット。
さらにそれから23年後の2006年に映画版から20年後、という設定で新ストーリーのアニメ映画がヒット。
2010年にはさらにストーリーを変えて再度実写映画化しています。

設定を踏襲しているとはいえ、ストーリーをあれこれ変えて同じタイトルで40年以上作品が作られ続けている、というのはやっぱり『時をかける少女』というタイトルに何らかの幻想めいた思い入れを懐きやすい、ということなのかなと以前考えたことがあります。
もちろん、巨匠"筒井康隆"、というネームバリューはあるにせよ。
元作品の内容はともかくとして、このタイトルで新作をつくりたい、と思わせるほどの力があったということですよね。
「時をかけるタイトル」って感じですね。

性欲丸出しで作品内容がすぐにわかってしまうようなタイトルってそれで人を引きつけやすい上に、テンプレ化した気安さがあるのはわかるんだけど、作品が末永く愛されるためには、やっぱりセンスのいいタイトルって重要だよな、という話でした。



追記:ブコメで『信じて送り出した~』はセンスあるだろう、という指摘を受けたのですが、たしかにその通りで、あれは秀逸ですね。
長文タイトルというので一括りにしてしまったけど、もちろん、中には優れたものもあると思います。


時をかける少女 〈新装版〉 (角川文庫) 時をかける少女 デジタル・リマスター版 [DVD] 時をかける少女 通常版 [DVD] 時をかける少女 【完全生産限定版】 [DVD]


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事
スポンサーサイト

[ 2013/04/29 ] 文化 | TB(0) | CM(-)

Iggy Pop(featuring Sum 41)『Little Know It All』を聴こう

[ 2013/04/27 ]
パンクのゴッドファーザー、イギー・ポップの2003年のアルバム「スカル・リング」収録でシングルカットもされた曲です。



「スカル・リング」は若手バンドとのコラボレーションをメインにしたアルバムで、他にグリーン・デイやピーチズ、ザ・トロルズなどと組んだ楽曲も収録されています。
この頃、イギー・ポップは56才ですが、いやあ、若いですね。
サム41のメンバーはイギーの息子のような年齢だけど、みんなひょろひょろしてて弱そうなのに、イギー1人ムキムキで、一番元気です。

サム41にしろグリーン・デイにしろ、パンクバンドとして人気を獲得したバンドだけど、イギーがやっていたパンクに比すると、随分、遠くまで来たなあ、という感じがします。
まあ、メロコアですよね。
メロコアもパンクのサブジャンルなんだけど、いざあの『ロウパワー』や『サーチ&デストロイ』を歌っていたイギーがこれを歌った時にはびっくりしました。作曲もサム41だし。
もちろん、無茶苦茶かっこいいですけどね。
こんな56才、ロックの世界でも他には見当たりませんよ。

ちなみにこちらは去年のライブ映像。65才のイギー。



イギー・ポップは日本では、というか世界的にもその事績に比してそれほどメジャーなアーティストではないけど、60年代末からずっとカルト的なカリスマ性を保ち続けています。
カリスマって言うと高尚なイメージだけど、ちょっとイロモノ的な扱いですが。
まあ、この格好を見れば想像はつくと思いますが、若い頃からこんな感じでピッチリパンツに上半身裸というスタイルを継続しています。
…江頭2:50の元ネタではないか、と一部で囁かれていますが、真意の程は定かではありません。(江頭は否定しているそうです)
若いころはナイフで身体を切り刻み、流血しながらステージをこなしたりしてました。
でも、ピストルズやクラッシュ以前のパンクとして、デヴィッド・ボウイがアルバムをプロデュースしたり、ピストルズ、ダムド、ガンズ、デフ・レパード、スレイヤー、レッチリ、サウンド・ガーデン、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンなどなど錚々たるメンツが彼の楽曲をカバーしています。
世間的には映画『トレイン・スポッティング」で『ラスト・フォー・ライフ』が使用され、作中でも何度も言及があったことで、再評価されるようになったと思います。
私も彼を好きになったのは『トレイン・スポッティング』からですし。

この年齢まであのような身体を維持し続け、パンクをやり続ける、というのは偉大です。
真の意味での現役パンクロッカーとしてどこまで彼がやれるのか、敬意を払いつつ、応援したいですね。

ちなみに、奥様は日本人だそうで。



↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事

[ 2013/04/27 ] 音楽 | TB(0) | CM(-)

ユニクロ柳井発言を巡って~発言権の在り処~

[ 2013/04/26 ]
ユニクロの柳井会長の発言がけっこうな波紋を広げているようです。

「年収100万円も仕方ない」ユニクロ柳井会長に聞く 朝日新聞

発端はこの記事ですね。
新自由主義の狂信者っぷりが伺えるなかなかにぶっとんだ発言です。
それから次々と反響が出ました。
はてなのホットエントリーに入っていた中からいくつかピックアップしてみましょう。


ユニクロ社長がブラック企業のグローバル化宣言-世界同一賃金で年収100万円・若者使いつぶし・成長なければ死|POSSE今野氏・坂倉氏 togetter

ユニクロの社長は愛を語らない 関内関外日記

ユニクロの世界同一賃金は労働者を摩耗するブラック施策 togetter

◆ ユニクロ社長の詭弁 openブログ

柳井会長が仰りたいことって要するにこういうことですかね? Kousyoublog

ブラック企業ユニクロにつぐ城繁幸氏の解雇自由化はさらなる企業への滅私奉公・うつ病・生活保護依存ブラック企業を激増させる togetter

ユニクロ柳井会長の「グローバル・スタンダード」は、“柳井スタンダード”である件 blogos

ユニクロ・柳井正会長はモノの言い方を考えないのか yahoo個人(やまもといちろう)

いずれもとんでもねー野郎だ、という論調です。

一応、擁護論もありますが……。

ユニクロ、「世界同一賃金」導入の衝撃! blogos


私もとんでもねー野郎だなあ、と思っている人間で、とんでもねーなあ、という声が多数上がるのは当然だよな、とも思っているんですが、反響がこれだけ大きいということは、柳井会長の言っていることがまったくの絵空事ではない、という危機感がそれなりにあるということですよね。
2ちゃんねるでもけっこう叩かれたりしていたけど、リアル世界はそれでも柳井会長的価値観、すなわち新自由主義的グローバル資本主義が着々と進行していますからね。
ネットでいくら叩かれたって現実社会での圧倒的なパワーをバックボーンにすれば、いくらでも好きなことが言える、と。

じゃあ、柳井会長と反対の立場の人で、これほど反響を呼ぶような言説を世間に発していける人がどれだけいるのか、というとこれが全然いないんですよね。
ネット空間では脱社畜ブログあたりがエントリ出す度にホッテントリ入りして多くの共感を呼んでいるけど、しょせんはネット空間、それもはてな村での局地的な支持に過ぎません。
最近、労働者の味方である「はず」のリベラル政党である社民党が新しい選挙ポスターをつくったというのでちょっと話題になりました。

社民党のポスターがマジキチすぎると話題に 痛いニュース

「マジキチ」というレッテルを貼ったのは痛いニュースではなくて2ちゃんねるのスレ立て人で、そのスレ立て人のセンスによって当初のニュースが歪められてネット空間に拡散していくのですが、それはまあいい。
実際におかしいポスターですからね。
こういうセンスのなさでネタになるようなことしかできないのがリベラルの代弁者政党である、と。


新自由主義的な方向で世の中が動いていくことに危機感を持っている人はけっこういるのに、それに対してレジストする方向で発言、活動している人たちで影響力を持った人間がほとんどいなくて、発言力を持っているのは新自由主義的な思想の持ち主ばかり、というのは何故でしょうかね。
特にリアル空間ではなおさら。
一連の発言の元になった記事の掲載元って朝日新聞で、リベラルの元締めみたいな新聞なのにね。
そういうところが、こういう発言に対して特に批判的な注釈もつけることなく垂れ流す、というのはいかがなものでしょう。
成功者に対する羨望って価値観がどうであろうと無視できない強さを持ってしまう、ということなんでしょうか。
こういう狂信者の戯言にしか見えない発言であっても。
でも、そいつが成功するということは、自分たちの首を絞めることに直に繋がっている、ということでもあるわけですよ。

新自由主義的でない「成功者」が現れて、「そうではない言説」を組み立てないことには世の中の流れは変えられないということなんでしょうかね。

90年代までの朝日新聞を始めとするリベラル諸勢力は弱者の味方、マイノリティの代弁者のような正義面して妄想的な御託を並べてバカにされていたにも関わらず、いざ、「弱者」がこれだけ社会問題化してきたというのに、いまだにリベラル政党は国会質疑の場で労働問題をしつこくとりあげないし、朝日新聞は柳井会長のごとき「弱者」の敵に言論の場を与え続けている、と。
韓流ではあれだけステマをしかけてブームをでっち上げたんだから、そろそろ反新自由主義的なブームのステマをしかけるくらいのことがあってもいいんじゃないでしょうかね。
90年代までの朝日新聞はそれくらいのことは日常茶飯事的にやっていたんだから。
とりあえず、労働者のカリスマみたいなのをでっちあげてくれって感じですね。



↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事

[ 2013/04/26 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(-)
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。