2013年06月 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

右翼の現実と左翼の現実

[ 2013/06/29 ]
こういう思想へのメタ的なアプローチというのは中々注目されるものではないんですが、それはそれで考える分には面白いです。

政治クラスタで発言、活動している多くの人々はそこがリアルであれネット空間であれ、党派性にとらわれ、党派性に依拠し、党派性に帰属意識を持ち、党派性を通して見える世界に安住し、党派性に沿った言説を垂れ流すことで何かを考えた気になり、何かを言った気になっています。
政治家は党派に拠らなければ力を発揮することが出来ないので、政治家が党派性に縛られるのはやむをえないところがあると思うのだけれど、政治家でない我々が党派に縛られて自らの思考に枷をはめるような行為は愚かであると言わざるをえません。

イデオロギーというのは幸福になるための方法論でしかないわけであって、極論を言ってしまえば、資本主義か共産主義か、あるいは民主主義か専制主義かというのは東京から大阪にいくのに飛行機を使うか新幹線を使うかという違いでしかない。
目的に達するためにどのような方法を用いるか、という違いだけ。
国家の目的というのは「国民を幸福にすること」が第一であって、そこにイデオロギーが入り込む余地はありません。
「国民の幸福とは何か」という定義は哲学の領域になる。
そしてその定義は一応、「健康で文化的な生活を送る」と「仮定」され、イデオロギーを超えた共通認識となっています。

国民を幸福にするために、どのような方法を用いるか。
それは時代や地域によって異なるでしょう。
場合によっては軍国主義的なイデオロギーを選択しなければ国民を守ることが出来ない、ということもあるだろうし、原理的な資本主義でもって産業を発達させなければならない時もあれば、社会主義的な修正を施して富の再配分に重きを置かなければならない時もあれば、専制主義的な強力なリーダーシップで改革を推進しなければならない時もあれば、民主主義による熟慮で平穏を維持しなければならない時もある。
つまるところはその時々の状況で有効な思想、イデオロギーも変わってくるというわけです。
東京から大阪にいくのだって、状況によっては飛行機か新幹線、どちらがベターか変わってくる、それと変わらないです。

にも関わらず、世の中の多くの人はそこまで割り切って考えることはできないようで、そういうただの「方法」に依拠してものを見ようとし、しかもそれを政治にとどまらず、歴史や文化や人間関係や人生にまで援用しようとする。
飛行機でしか大阪にはいけないんだ、いやいや新幹線こそがベストなのだ、と意固地になっているわけです。

ソ連が崩壊し、共産主義が潰えた時「イデオロギーの時代は終わった」と述べた人々がいました。
でもちっとも終わっていませんね。

自殺者、変死体の数は増え続け、人口減少は歯止めがきかず、貧困世帯が増加し続け、必要のない公共事業で赤字を積み上げ、ブラック企業が社会問題化しているという「現実」を無視できるのが右翼のイデオロギーです。
経済効率性やコミュニティの安全性を無視した夢想ばかり抱いて、マクロレベルで実務的なノウハウを構築することもなく「現実」に対峙できないことを嘆くばかりで、シニカルさを装うことで益体もない政権批判をすることにアイデンティティを見出しているのが左翼のイデオロギーです。

どちらも現実がしっかり見えていないという意味では同じです。
イデオロギーや党派性のフィルターを通すことなく現実を直視した上で、未来に繋がる「方法」を見極め、それを構築し、育てなければならない。

そういう認識がもう少し世の中に広がればいいのになあ、と夢想している私は元・封建主義者です。
今もほんのり佐幕派風味。


追記:

いくらなんでもなタイトルだったので変更。
原題は「党派性・イデオロギーと現実」



↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事
スポンサーサイト

[ 2013/06/29 ] 考察 | TB(0) | CM(-)

Dream Theater『The Spirit Carries On』を聴こう

[ 2013/06/27 ]
ドリーム・シアターの代表作というと二枚目の「イメージズ・アンド・ワーズ」で、これを越える傑作はないとされていて、アルバム単位で見れば、私も「イメージズ~」が一番好きです。
そのアルバムに収録されていた『メトロボリス』という曲の続編が99年に5枚目のアルバム「Metropolis Pt. 2: Scenes from a Memory」としてアルバム1枚まるまる使って制作されたのですが、その収録曲で渾身の傑作バラードがこれ。
曲単位ではこの曲こそがドリームシアターの最高傑作だろうと思っているんだけど、賛同してくれた友人は誰もいません…。



「賛美歌ロック」とか「ゴスペルロック」などというジャンルは特に無いんだけど、この曲とQueenの『Somebody To Love』Zenoの『Love Will Live』が三大賛美歌ロックかな、と勝手に位置づけています。
ゴスペルとハードロックの融合に心が浄化されるような感動を味わえますね。

ドリーム・シアターというバンドは私が洋楽に興味を持ち始めた頃からずっとその動向を追っかけていて、多分、90年代に「プログレ」という看板を背負っていた現役バンドとしてはその代表格のような位置にいたと思います。
まあ、プログレッシヴ・メタル、ではあるんだけど。
ただ、私自身は長らく「現役のプログレバンドとしてはもっとも優れたバンドであるには違いないんだけど、楽曲の魅力がイマイチなんだよなあ」という印象で、少しひいてみてました。
テクニックだけなら最強集団と言っても過言ではないのかもしれないけど、いかんせん、曲の魅力が…というところで不満があったんですね。
それでも信者の人たちはけっこういて、新作が出る度にあれやこれやといろいろ物議を醸すので、私もよくその輪に入っては楽しくやっていました。

信者以外の普通の洋楽ファンだと、ドリームシアターって「イメージズ・アンド・ワーズ」くらいしか聴いたことないって人がけっこういて、それで構わないとも思うんだけど、それでもこの曲の存在だけは広く知られていいよなあ、と常々思っています。
特にペトルーシのギターソロ、ラブリエのボーカルが絶品ですね。



↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事

[ 2013/06/27 ] 音楽 | TB(0) | CM(-)

中二病を発症してみた結果

[ 2013/06/24 ]
日本を救う方法を考えたので、みんなの力と知恵を貸してほしい

多分、今までで一番力を入れて書いた記事だったので、黙殺されたらどうしようかなあ、と思っていたんだけど、まずまず多くの人に読まれたので、良かったと思います。
ただまあ、例のオワコン記事に及ばなかったのは残念ですね。
あれより前回記事のがいいこと書いてあると思うんですが、コメントの方も同じくらい、賛否両論って感じで、酷い叩かれ方をしたものです。
でも、賛同のコメントを下さった皆さん、ありがとうございました。
オワコンエントリを上回るくらいPVが来れば、実際に政治家やなんかにリプライ飛ばそうとか思っていたけど、まだまだ力不足ですね。
ツイッターの反応見ていても、賛同してくださった方ですら、特にそういった動きは見られなかったようだし。
ブログで取り上げてくれたのも今のところ、かぐらかのんさんの

子は親を選べないという道徳的恣意: かぐらかのん



もう、絶対行かないぞ - 北沢かえるの働けば自由になる日記


だけで、どこのニュースサイトにも取り上げられなかったしね。

左翼呼ばわりされたけど、私には左翼って自意識は全然ないんですよね、これがまた。
経済ベースで考えたら、どう考えたって土建より少子化対策だろってことなんだけど。
銭金の問題で考えりゃいいだろうに、そこに妙な思想性を突っ込んできて、党派性に凝り固まった論評しかできない人たちが多かったので、脱力しました。
ブコメで一番☆をもらっていたコメントが↓ですからね。

gingin1234
軍人を人殺し呼ばわりしても「事実だから」とスルーする程度の人権感覚が、今の日本の左翼の多数らしいので、弱者救済など無理。自分が気に入った人間のみ「弱者」認定して助けるだけなのが、日本の左翼。


自民党があの提案に着手したら、両手をあげて自民信者になりますよ、私は。
でも、要するに自民党的な経済政策じゃないからってだけで批判しているわけでしょう。
条件反射で反対するんじゃなくて、少しは自分の頭で考えましょう。
銭金ベースで考えたら自然とああいう発想にたどり着いただけですよ。

ただ、味方扱いしてくれた「左翼」の人たちも、なんかいじけたコメントが多かったですね。
こんな右寄りな世の中じゃ無理、みたいなコメントが多かったです。
とりあえず提案の良し悪しを見て、良さそうならリツイートするなり面白いとコメントしてくれるなりしてくれりゃそれでいいんだけど、何か言わずにいられないということでしょうか。

要するにシニカルでいたいんですよね。
この傾向は右でも左でも似たり寄ったりです。

とはいえ、いくつか反応を返したくなったコメントを紹介して行きましょう。

shuzo_kino
子供も老人も集中管理とかソ連すら蒼褪める机上論…… あと、インフラは足りてないです。田舎なめんな。


いや、今でも集中管理していますよ、学校で、老人ホームで。管理しなきゃ面倒ですよ。
そこはアメリカだって同じでしょう。
採算とれないような田舎はそりゃインフラも未発達でしょうね。山奥に地下鉄作れったって無理な話なのと同じ事です。

Overlap
少子化対策に取り組んだ欧州諸国が不景気を脱出できていないのを見ると少子化対策の景気刺激効果はいまいち信用できないんだよね。子育てしやすい環境があっても経済不安で子供が産めない家族には効果薄いでしょう。


日本の不況は20年続いていますからね。欧州諸国はリーマン・ショックまではわりと景気がよかったので、そこはまた原因が別でしょう。
もちろん、今の状況ですべての家庭が子どもを持てるようになることはできないわけで。
ただ、景気がよくなれば、自ずと多くの家庭が子どもを持てる環境は増えていくだろうし、提案が実施に移されれば、実際に子どもは増えるでしょう。

bronson69
一人当たりの労働時間が短くなると、支払われる給与も当然減るわけだけど、それで景気がよくなるの?子供も増えれば家計負担は増えるよ?流れを無視して物事を激変させようとしても、そりゃ無理だよ。


まずはサビ残の規制で労働ダンピングを根絶するところからですかねえ。一応、前回記事でリンクした文芸ジャンキーパラダイスさんところのデータで、労働時間を短縮しても一人あたりGDPが上がっている欧州各国の例を紹介したんですが。


lotus3000
いいたたき台かな。批判も含めて。ただどのくらいの人口で軟着陸にするかが問題か。あと逆説的な移民対策として各地に国家とは別組織の日本の民族教育をして最悪の事態にも備えるべきだろう。


批判はもう少し面白いのがきて欲しかったな、とは思いました。
人口コントロールという発想は大事でしょうね。それは日本だけじゃなくて、爆発している地域の出生率をどう低下させるか、という議論も含めて。
移民には否定的な立場なんですが、方法論次第ではアリかもしれませんね。

というところで。

追記:

showgotch
同一労働同一賃金の原則についてはスルーですか。考えるに値しないですかそうですか。それこそ一番銭金ベースなんだが


リンク先の文芸ジャンキーパラダイスさんの記事で言及されていますよ。

日本はもっと素敵な国になる!欧米に可能なら日本にも 可能のはず~残業ゼロが常識になる社会へ

私はあの記事をほぼ全面的に支持しています。
だから繰り返しリンクを貼ったのです。
労働とセーフティーネットの項目に関してはわりと記述が簡素だったでしょう?
あちらで語られていなかった部分だけ補遺的に書いたからです。




↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事

[ 2013/06/24 ] 雑記 | TB(0) | CM(-)
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。