2013年08月 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

UK『Nothing To Lose』を聴こう

[ 2013/08/27 ]
UKで唯一PVが作られたこの曲を。1979年、セカンドアルバム『Danger Money』収録曲。
いやあ、みんなイケメンですね。
要塞の如きドラムセットに囲まれたボジオ、同じく要塞の如く積み上げたキーボードを縦横無尽に弾き倒し、尚且つクリスタルヴァイオリオンを構えるジョブスン、センターでプレシジョンベースをボコボコ弾きながら、朗々と歌い上げるウェットン。
これほどテクニックとルックス、メロディセンスと構成力を兼ね備えたバンドは他に存在しないでしょう。
売れなかったんだけど……。



UKというバンドはプログレッシヴ・ロックの最後の華とでも呼ぶべき存在で、思い入れが無茶苦茶あって、語りたいことも沢山あって、本格的に論じようと思ったら前回の『Get Wild』と同じくらいの分量を語ることもできるのですが、さすがに読んでくれる人数などたかが知れているでしょうから、簡単に。

バンド名よりも個々人の名前のほうが有名なバンド、というのはさすがにこのバンドくらいじゃないですかね。
関わった人間全員がこのバンド以外のところで有名になった人ばかりです。

結成時のメンバーは

ジョン・ウェットン(ベース/ヴォーカル)
エディ・ジョブスン(キーボード/ヴァイオリン)
ビル・ブルーフォード(ドラムス)
アラン・ホールズワース(ギター)

の四人で、このメンバーに固まるまでにもいろいろと紆余曲折はありましたが割愛。
この時点でウェットンはキング・クリムゾンで、ジョブスンはザッパパンド、ロクシー・ミュージックで、ブルーフォードはイエス、キング・クリムゾンで、ホールズワースはソフトマシーンで、すでに名を成していました。
元々はロバート・フリップの都合でキングクリムゾンを解散させられたウェットンとブルーフォードがまたインプヴィゼーション主体の音楽をやりたい、ということで始まったプロジェクトがUK。
ファーストアルバム「UK」はそんなこんなでコテコテのプログレアルバムとして1978年にリリースされたのだけれども、時はパンクムーヴメントが吹き荒れる世情で、本国イギリスではほとんど相手にされませんでした。
日本とカナダではそこそこの人気を呼んだらしいですけどね。
音楽性の違いもあらわになって、早々に分裂。
ウェットンとジョブスンが残って、新たなドラマーとしてテリー・ボジオが加入。
キーボード・トリオとして再出発しました。
ボジオはパーマネントなバンドメンバーとして活躍したのは他にはザッパバンドとミッシング・パーソンズくらいですが、凄腕のセッションミュージシャンとして多くのフォロワー、ファンを抱えています。

うちのブログでも以前に三人とも一度ずつ登場していますね。

King Crimson『Starless』を聴こう
Frank Zappa『Peaches En regalia』を聴こう

クリムゾンからの流れでUKに手を出したのですが、クリムゾンでウェットンファンになった人間としてはUKではベースが期待していたほどには目立っていないのが残念といえば残念。
『フラクチャー』や『グレート・ディシーバー』『太陽と戦慄パート1&2』『スターレス』などで裏メロをガンガン鳴らして、フリップを食いまくっていたウェットンはもう見られない。
それでも、この後ASIAで空前の成功をつかむわけだけれども、プログレウェットン最後の輝きが拝めるのがUK。
ヴィジュアル的にも最盛期ですね。
今はえらいことになっているけど……。

このアルバムのあと、日本公演を収録したライヴ・アルバムを1枚出して1980年には解散していますが、2011年、2012年には突如復活して来日公演もしました。
私は川崎まで見に行きましたよ。
UKのほとんどの楽曲をプレイしてくれた上にほぼ完全版の『スターレス』まで披露してくれたので、死ぬほど感激しましたね。
もう死んでもいいや、と思ったものですが、何をどう間違えたか今も生きてしまっています。

という感じで解説、思い出話もいくらでもできるけど、きりがねーや。

この曲に関してはプログレバンドの楽曲としては異様にポップでシンプルで、後のASIAへの流れを容易に察することができますが、途中で気持ちの悪いブレイクを挟んでくるあたりに捨てきれないプログレ魂を微かに感じ取れます。
「失うものなど何もない」というハードボイルドなタイトルも美学を感じさせますね。

ああ、ほんとに長続きしてほしいバンドだった……。

テ゛ンシ゛ャー・マネー
U.K.
BELLE ANTIQUE (2009-05-25)
売り上げランキング: 330,705



↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事
スポンサーサイト

[ 2013/08/27 ] 音楽 | TB(1) | CM(-)

もう一生ファンでいるしかないよね

[ 2013/08/24 ]
ゲッゲゲッゲゲッゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲゲ

先日書いた『Get Wild』の歴史を辿るまとめという記事にけっこうな反響がありました。
好きな人の目に止まれば、そこそこブクマがつくかな、とは思っていましたが、460オーバーですか…。
いやあ、ありがとうございます。
ブクマが新記録出したのもビックリだったんですが、久しぶりにGIGAZINEさんでも取り上げていただいて、「GIGAZINE砲ヒャッホーイ」とか思ってたら、ツイッターの反応も上々で、そしたらなんと小室哲哉先生ご本人が来訪されて、しかも2度もツイートしてくださいました。






(ゲ)ワーイ(^O^)(ゲ)ワーイ

人生で初めて顔文字使ってしまいましたよ。
しかも二度目のツイートは記事単体ではなくてトップページへのリンク。手ずからコピペしてくださったんでしょうか。恐縮するほかありません。
ただ、私はTMファンではあるけど、ここはTMファンサイト、というわけでもないので、TMファンの方がTM記事目当てで来訪されても他の記事ではご期待に添える情報はほとんど提供できないので少し心苦しいですね。
普段は益体もない「思いつき」を垂れ流しているブログですから。

それにしても、ぶっちゃけまくった感想、レビュー込みだったんでむっとされた箇所もあったんじゃないかと思うんだけど、ただ褒めてくださったのでますます恐縮です。
ありがたやありがたや。


他の方々のコメントもいろいろ拝読していたら、マニアックぶりを随分ほめてもらったけど、特にそういう自覚はありませんでした。ファンサイトやっている方々のマニアックぶりに比べれば全然です。
ゲワイに特化したから、でしょうね。
でも、小室さんにコメントを頂いてしまったので、これからはマニアックにならないといかんですね(笑)

最後に、前回紹介し損ねたこの動画を挙げておきましょう。

BED MILD-Like a '89 Charger Mix- /TM NEW NETWORK(バナナマン日村)



こういうのを見てしまうと、リズレバージョンとかも見たくなってしまいますね。



小室哲哉 meets VOCALOID
小室哲哉 meets VOCALOID
posted with amazlet at 13.08.23
V.A.
avex trax (2012-03-28)
売り上げランキング: 71,228



↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事

[ 2013/08/24 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

『Get Wild』の歴史を辿るまとめ 3

[ 2013/08/19 ]
『Get Wild』の歴史を辿るまとめ 1
『Get Wild』の歴史を辿るまとめ 2

今回は正規リリースされていないヴァージョンのGet Wildを


TM Network『Get Wild(1987.06.17夜ヒット)』

この時期はいろんな番組でGet Wildを演奏していますが、もっとも原曲に忠実な演奏がこれ。それでもシンセを足してますが。カットアウトの流れも美しいですね。あと何気に木根尚登のカッティングの音が強調されているのが貴重。



TM Network『Get Wild(live Kiss Japan 1987.11.27)』

Gt:松本孝弘 Ba:日詰昭一郎 Dr:山田亘
アレンジはほぼ「Fanks Cry-Max」ヴァージョンと同じ。サンプリング音声のパターンが少し新しくなってますね。あと、ウツのヴォーカルはこちらのが安定しています。


TM Network『Get Wild(T-MUE NEEDS STARCAMP TOKYO)』



Gt:松本孝弘 Dr:Nick France ch:Pamela Lynn Altoff
'88年8月25日、TM Networkの初の東京ドーム公演。なんだけど今に至るまでソフト化されていません。この公演の肝とも言える女性コーラスに問題がありすぎたからじゃないか、という話があったりします。テレビ放映はされてるんですけどね。
まあ、実際にナシだと思いますが、それでもこのヴァージョンのGet Wildはちょっとレアです。
ウツの歌詞間違いは別にレアじゃないけど、これほど地味な導入のGet Wildも珍しい。それからこれはアウトロのギターがもっともよく聴こえるヴァージョンで、約1分20秒にわたって松本孝弘のプレイを堪能できます。ギターソロ、と言えるほど前面に出ているわけではないけど。
TMにおける松本孝弘のベストプレイはKISS JAPANツアーにおける『Resistance』だと思うのですが、この演奏はそれに迫る熱演。
ソロ活動時はともかく、B'zだと長尺のギターフレーズをなかなか弾いてくれないんで、B'zファンにはわりと貴重じゃないかな、と。
ちなみに私が知る限り、B'zにおける松本孝弘の最長ギターソロは稲葉飛び降りの繋ぎで演奏した『Love Phantom』のギターソロ。


TM Network『Get Wild '89(夜のヒットスタジオ)』

ほとんどCDのオケと変わらないアレンジです。木根のコーラスが目立つのと、古舘伊知郎のサンプリングボイスが目新しいくらいか。が、ちょっと違和感が。おそらくオケは当て振りなんじゃないかな、と。アウトロでギターが聴こえるんだけど、明らかにオリジナル版『Get Wild』で窪田晴男が弾いていたフレーズで、そこに写っている松本孝弘のギターは聴こえないよなあ、と。ひょっとしたら『'89』のカラオケバージョンはこのトラックを元につくられたのかもしれないですね。


TMN『Get Wild '89 Final Live Last Groove 5.19』



Gt:松本孝弘 葛城哲哉 北島健二 Dr:阿部薫 山田亘 Key:久保こーじ
DVD未収録のラスグル2日目のGet Wild。未収録なのはこの頃すでにB'zとしてTM以上に活躍していた松本孝弘の権利関係がネックなんじゃないかと言われています。
ただ、松本が加わった割りには、松本的ギターフレーズが聴こえてきません。これの高音質版が正規リリースされれば聴こえるようになるんでしょうかね。
アレンジは前日のとほぼ同じですが、間奏のシンセソロが変化しています。音色を変えている上に『EXPO』ツアーで披露したフレーズを弾いているんですが、これはたまらんですね。


TM Network『Get Wild(Log On To 21stcentury)』

Gt:葛城哲哉 木村健 Dr:山田亘 Key:吉村龍太
2000年7月27日、TM復活ライヴのGet Wild。ほぼ通常のライヴヴァージョン。↑はテレビ放映されたもので、2コーラス目がカットされています。


TM Network『Get Wild(All That Love)』

Gt:北島健二 Dr:山田亘 Ba:西村麻聡
2012年3月20日、東日本大震災復興支援イベントでのGet Wild。基本的には通常ライヴヴァージョンですが、アウトロで超新星ヴァージョンのシンセリフを逆輸入。


続いてメンバーと他のアーティストとのコラボ音源


小室哲哉 & 遠峯ありさ『Get Wild』

'95年4月。『TK MUSIC CLAMP』のEDで当時遠峰ありさ名義の華原朋美がヴォーカルを取ったヴァージョン。力の抜けた爽やかなアレンジ。


小室哲哉 宇都宮隆 草彅剛『Get Wild DJ honda Remix』

'99年7月。賛否両論ですが、ヒップホップアレンジは貴重。もっと作りこめば面白いかも。


TM Network 中山秀征 グッチ裕三 モト冬樹『Get Wild Decade Run』

'99年。ヒッパレ。『Decade Run』をテレビで演奏した唯一の映像…なんだけど、問題のAメロはゲストの三人が歌っている上にワンコーラスのみでナレーションかぶりまくり…。


TM Network&木村拓哉『Get Wild』

2008年4月。原曲トラックを流してその上からリアルタイムミックス。21世紀に入ってからテレビでGet Wildをやる時はだいたいこういうスタイルですね。SMAPのメンバーとはもう一回、2012年にメンバー全員とヒットメドレーで共演していますが、その時のGet Wildはごく一部だけ。


Globe『Get Wild(CDTV ver)』

CDTVで披露されたショートバージョン。


Globe『Get Wild(TK Remix)』

2010年9月。Globeの15周年記念BOXのショップ特典CD。残念ながら未視聴。読者様から情報がありました。

15YEARS -TK SELECTION-



小室みつ子& 小室哲哉『Get Wild』



2011年2月。ニコ生で実現したGet Wildの作詞家と作曲家の初コラボ。諸事情(笑)により二回演奏されたのですが、これはその二回目のヴァージョン。この即興アレンジのセンスで小室哲哉のインプロヴィゼーション能力の高さを確認できます。少し、走ってますけど。


宇宙戦隊NOIZ with 木根尚登『Get Wild』

2011年7月。音楽連鎖というイベントのユースト中継。疾走系ハードロックにアレンジされたGet Wild。ベースが太くていい感じです。歌詞に怪しいところが多いのはアレですが、「Fanks Cry-Max」のステップを再現しているあたりに魂を感じます。でも木根尚登は2コーラス目からは拒否。うーん、浮いてますね。唯一の見せ場のコーラスも一回多いし(笑)


Mana『Get Wild』

2012年5月。『シティーハンター』の原作者北条司とのコラボ企画でヴァーチャルアイドル(ボカロじゃない)が歌ったGet Wild。小室哲哉自身によるアレンジだけどGlobeヴァージョンよりもインパクトが薄い。


続いて、メンバーの関わっていない、著名人によるカバー。


横山智佐『Get Wild』



ミュージックボイス'97というイベントで披露。ベースがオリジナル準拠で目立っているのがちょっと嬉しい。よく訓練された観客達のかけ声は少し気になりますが。


浅倉大介 & 西川貴教『Get Wild』

'99年12月。「LOVELOVE愛してる」にて披露。TM Revolutionによるカバー。上品なアレンジで、特にアコギがいい感じです。というかLOVE LOVE ALL STARSの著名なメンバー(特に吉田拓郎)がGet Wildを演奏したという事実がより驚異。


吉澤ひとみ 石川梨華 AYAKA『Get Wild』

2008年1月。楽しそうで何よりです。


Norway『Get Wild』

2011年5月。プログラミング:飯野賢治 Taccs Vo:浅岡雄也(元Field of View) Gt:HISASHI(GLAY) Ba:セキタヒロシ
音楽制作のオープンソース化、というコンセプトで飯野賢治の呼びかけにより集った面々によるカバー。
ベースの効いたアレンジ。ヴォーカルが爽やかです。アウトロのHISASHIのギターソロが短すぎる…。も少し長いトラックだったら。


ハマ・オカモト『Get Wild』ベース解説

2011年9月。オカモトズのペーシストでダウンタウン浜田雅功の長男ハマ・オカモトによるGet Wildのベース解説


沼倉愛美『Get Wild』

2012年6月。ラジオ番組での声優によるカバー。曲前の寸劇込みで楽しめます。これ、オケはこのためにわざわざ作っているんでしょうかね。



続いて、ネットでプロじゃない人たちがカバーしたGet Wildを。

2008年7月よりニコニコ動画で「Get Wild祭り」というイベントが開催されており、いくつものカバーヴァージョンが投稿されています。

Get Wild祭り入り口

80を越える作品が投稿されており、三拍子だったり、和風だったり、ボサノバだったりと商業作品では考えられないアプローチの作品やプロ顔負けの作品も多数ありますが、特に気に入ったものを3つ紹介

初音ミク 「GET WILD」 (WILD&TOUGH MIX)



ボーカロイド入りのものではこれが一番のお気に入り。アレンジは『'89』ベースでそれほど奇を衒ったものではないけど、ミクの調整がほぼ完璧で「ゲゲゲゲ」のセンスが抜群。この気持よさは凄い。


KORG Electribe EMX-1 TM Network GET WILD



インストですが、とにかくアレンジが素晴らしい。DDヴァージョンのリフが入る瞬間にはゾクゾクしました。


【初音ミク】 Get Wild and Hard 【TM NETWORK カバー ガバー】



破壊力抜群のGet Wild。でも聴かせる力もあってちょっと癖になりますね。



【カバー】TM NETWORK - GET WILD -All That Fanks Mix- 2012



これはPVも作成する力の入れよう。オリジナル、仮歌、Fanks Cry-Max、'89、Camp Fanks、リズレ、ディケラン、DDと各時代のGet Wildのエッセンスを一曲に詰め込んだ愛にあふれたアレンジ。でも…でも、ここまでやるのなら「EXPO」ヴァージョンのフレーズとMTRヴァージョンの「ゲワイ」リフレイン、松本孝弘のギターフレーズもいれてほしかった。
玉置成実ヴァージョンのサビや超新星ヴァージョンのリフはなくてもいいけど、ねえ。



続いてネタ的なGet Wild

俺らゲットワイルだ'89 / IKUZO+TM NETWORK



吉幾三の「俺ら東京さ行ぐだ」とのマッシュアップ。恐ろしいほどのスンクロ率……。これはたまらないですね。
なんと宇都宮隆公認


あらゆる映像にGet Wildがシンクロするのだという証明は日夜行われています。
「シティーハンターのアレ」とニコニコ動画で検索するといろいろ出てきますが、中でも秀逸なものを。




最後はGet Wildの伝道師・日村勇紀が結成したTM NewNetworkの『Bed Mild』で〆ましょう。2:55から。




リリースからすでに四半世紀以上の時が経過していますが、カバーされる頻度は近年ますます上昇傾向にあるGet Wild。7月に開催されたTM Networkのライヴ『FINAL MISSION START INVESTIGATION』ではまた新たなEDMヴァージョンのGet Wildが演奏されました(9月にWOWOWで放映予定)。
これから先、我々はいったいどれだけ多くのGet Wildと出会うことができるんでしょうか。


『Get Wild』の歴史を辿るまとめ 1
『Get Wild』の歴史を辿るまとめ 2

小室哲哉さんからお褒めの言葉が! 





TM NETWORK ORIGINAL SINGLES 1984-1999
TM NETWORK
ミュージックレイン (2012-05-23)
売り上げランキング: 4,332



↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

関連記事

[ 2013/08/19 ] 文化 | TB(0) | CM(7)
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。