小松左京を継ぐのは誰か : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小松左京を継ぐのは誰か

[ 2011/07/31 ]
小松左京氏が亡くなってしまいました。
5年ほど前、映画『日本沈没』がリメイクされ、漫画化もされ(二度目)、パロディ作品の『日本以外全部沈没』も映画化され、『日本沈没・第二部』が谷甲州との共同執筆で刊行され、マスメディアにも大きく取り上げられたあたりが、生前、最後の輝きだったでしょうか。

私が最後に小松左京氏を見たのは、2007年に紀伊国屋ホールで行われたシンポジウムでした。
著名人たちとのパネルディスカッションの最中、小松左京氏が居眠りしているのを見たときは「ああ、ほんとにもうやばいんだな」と思ったものですが、にも関わらず、一旦話しだすと高度に知的でユーモアに富んだエピソードが次々と出てきて驚かされたのを覚えています。
ファンになったのは15年ほど前で、その時にはもう現役の作家活動はしていませんでしたね。
後追いで知れば知るほど、偉大な人物であるなあ、という感慨を抱かされます。

私はほとんど信者みたいなものですが、それにしても、これほど稀有な人がこれから出てきてくれるだろうか、と考えると厳しい物があります。
物語作家としての実力もSF作家としての実力も抜きん出ていますが、彼に匹敵するくらい面白い小説を書く人はわりといます。
ただ、これは唐沢俊一も少し言っていたことですが、「文化人」として小松左京に匹敵する人というのはこの20年くらいいなかったし、今も見当たりません。
宮崎哲弥とか、池上彰とか、苫米地英人とか、立花隆とか、何でも知ってそうな顔してマスコミに出てくる人もいくらでもいますが、小松左京ほどのスケールのでかさや余裕は感じないです。
彼らの活動はそれはそれとして敬意を払っているし、好意を持って見ているのですが、すぐれた現状分析ができるかどうか、直近の未来はどうなるのか、というところに終始していて、文明論的な未来像を自在に語る、ということはしてくれないんですね。
今はそういう教養には需要がないのかもしれませんが、前者の場合、発想が現実的な分、やや物足りなく感じてしまいます。
小室直樹なんかも凄い人だなーとは思うんだけど、知っている範囲では政治的な思考がメインなので遠未来についての想像力はそれほど感じられません。
小松左京ほどエンターテイナーでもないですしね。
ま、立ち位置が違う、ということなんでしょう。

小室直樹や宮崎哲弥や池上彰みたいな立ち位置に行く人はいくらでもいるけど、小松左京がかつていた場所に誰もいない、というのは寂しい限りです。
ん~近いのは岡田斗司夫あたりですかね。
政治的、思想的な足かせに囚われずにエンターテイメントで知的な発言ができる、という意味では。
ただ、彼の最近の活動って文明論的なところよりはライフハック(というよりはGTD)の伝道者みたいな印象が強いので、彼は彼で独自の立ち位置にいるのでしょう。

結局は知の方向性、教養の出力方法、という問題に帰結するのですが、そこまで絞り込んで考えると手塚治虫は近い位置にいたのではないかと思います。
知識人としての蓄積では小松左京に軍配が上がると思いますが、その発想には近しいものを感じずにいられません。
世代も同じですし、関西出身であること、ジャンルの開拓者であること、ストーリー作家としてのフィールドの広さ、未来やカタストロフィを描こうとする意思など、共通点は多いです。
個人的な印象ですけどね。

高度経済成長期ほど未来に対して希望を抱けなくなってしまった現在の日本において、もう小松左京的な知性に対する需要はひょっとしたら少ないのかもしれません。
でも、彼の本を開けば、他では読めない「知性の可能性」に触れることが出来ます。
そして、時を経ても驚くほど色褪せない知的興奮に出会うことが出来ます。
末永くその著書が残ることを祈ると共に、未来を語る知性の出現を期待したいです。

関連:小松左京『虚無回廊』
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2011/07/31 ] 文化 | TB(1) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
この記事のトラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
小松左京 ショートショート
異常な日々 小松左京を継ぐのは誰か 著名人たちとのパネルディスカッションの最中、小松左京氏が居眠りしているのを見たときは「ああ、ほんとにもうやばいんだな」と思ったものです
[2011/08/01 11:07] 日本鉄道旅行地図帳
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。