暴動は見守るだけ : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

暴動は見守るだけ

[ 2012/09/18 ]
中国での反日デモが凄まじい暴動に発展してますが、とても楽しそうです。
祭りは楽しいですよね、後始末さえ考えなければ。

1000隻の漁船が尖閣に向かっている最中ですが、ここで海保なり海自なりが死者を出すことなく上陸を阻止することができたならば、暴発したエネルギーは反政府運動に向かう、ということも考えられるでしょう。
過剰な期待はできやしないけど、最終的にはいくつかの国に分裂してしまうような内乱に発展することを願わずにいられないです。
あんな未開の人間観、国家観しかないようなならず者ばかりの国が13億人の人口と世界三位の領土を抱えているのは世界平和にとって害でしかないですからね。

尖閣国有化の戦略的な是非(道義的な是非ではなく)についてはこれから問われていくことになるんでしょうが、事態の推移を見守ることしかできていないのが両国政府の現状だったりします。
この国有化にしたって、日本政府が能動的に動いた結果ではなくて、石原慎太郎の暴走による国内事情が反映しての「やむなき処置」だったので、日本政府が独自の戦略でこのような結果を招来したわけではないんですよね。
今回の暴動は中国内の権力闘争の反映である、という分析はわりといろんなところでなされていますが、それは日本にしたところである意味同じことです。
それぞれの政権の主流派は必ずしもこのような事態を望んでいなかった、と。

ただ、起こってしまったことは戻らないので、願わくば日本政府自らが独自の戦略と分析によってこの事態を有利に動かしていくことを期待したいのですが、まあ、無理ですね。
中国が自滅すること、戦争にならないことをひたすら祈りましょう。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2012/09/18 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。