Yes『Endless Dream』を聴こう : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Yes『Endless Dream』を聴こう

[ 2012/09/18 ]
15分越えの大曲なんで分割してアップされてました。
時間のない方は魅力が凝縮された後半部分(下の動画)からでも。





イエスは元はプログレバンドだったのが『ロンリーハート』の大ヒットで80年代以降はポップ路線に。
が、その後は鳴かず飛ばず、バンドも分裂して(Yesはメンバーの入れ替わりが一貫して激しいけど)ゴタゴタしてました。
いろいろあって、とりあえずまとまったメンバーで出されたアルバムが「Talk」(1994)。
その収録曲の大半は小ぶりなポップスばかりで、まだしぶとくファンをやっていた人間も「またポップ路線か、もう売れねーよ」と思っていたところにアルバムラストで降ってきたとんでもない一撃がこれでした。
やっぱり売れなくて、その後も迷走は続くわけですが。
でも、すごい曲です。
天から降り注ぐようなアンダースンのボーカル、スクワイアとラビンによる絶妙なコーラスワーク、プログレハードなギターソロ、そして壮大かつ浄化されるような曲展開。
往年のイエスの曲はみんなそうなんですけど、メロディの素晴らしさでこの曲は頭抜けています。
リンク先はブート映像ですが、スタジオ盤よりもトレヴァー・ラビン(後に映画音楽家『アルマゲドン』『ナショナル・トレジャー』など)のギターがアグレッシヴでかっこいいです。

ただ、実際の所、洋楽ファンの中でこの曲の評価ってどんなもんなんでしょうね。
Yesの代表作として名前があがるのは「こわれもの」や「危機」、「90125」、曲単位では『Roundabout』『Close To The Edge』『Owner Of Lonly Heart』あたりなのですが、Yesファンのあいだですら、この曲が話題に上る機会ってそれほどないんですよね。
いや、好きな人は絶賛するんですが。
正直な話、私は全盛期のYesの楽曲よりもこの曲に入れ込んでいるのでこのまま埋もれたままになっているのはもったいないな、と思っています。
10年以上前、突然、新日本プロレス「G1クライマックス」大会の番宣BGMとして繰り返し深夜に流れてきたときはびっくりしましたが。

正規版でのライブ音源も聴いてみたいなあ。

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2012/09/18 ] 音楽 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。