橋下徹はオワコンでOK? : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

橋下徹はオワコンでOK?

[ 2012/10/19 ]
まあ、私も当初は期待していた口だったんで偉そうなことは何も言えませんがね。

今度は日本維新VS週刊文春か 「新興宗教7億円裏献金」記事で提訴へ

これもそうだけど、竹島の共同管理を言い出したあたりから、ちっともいい話が出てこなくなりましたね。
ここ2,3日は週刊朝日の報道へのカウンターでまた調子のいいところを見せていますが、それを反転攻勢の起点にできるか…まあ、無理だろうし、私はもう見切りをつけました。
橋下徹と維新の会はオワコン…。
もちろん、人間が更生する可能性はゼロではないのでどこでどう転ぶかわからないけど、よっぽどのことがないとなあ。
とりあえず大阪でじっくりやってくださいって感じですね。

このまま行くと、次回の選挙ではほぼ確実に自民党政権が誕生することになるわけですが、安倍晋三氏は憲法改正と歴史認識と教育改革に関しての発言ばかり目立ちますが、景気対策と行政改革と少子化対策はどんな感じなんでしょうかね。
若者のほうを向いた政策が全然出てこないので、私はちっとも支持する気になれません。
2ch周辺では大人気のようですが、少子化対策に言及しない人間は日本が衰退しても一向にかまわないと思っているか、大局的な国家観がないと思うのですがね。

もちろん、民主党でニュースになるのもこんなので。

「山中教授に洗濯機贈呈を」=田中文科相が提案

洗濯機ねえ。
これがニュースとして報じる価値のある情報なのか、これがニュースになってしまう日本の政治の貧困さ、マスコミの貧困さを象徴するニュースなのか・・・。

なんか政治を云々することの虚しさがつのる話ばかりです。

そんな中で最近気になったニュースがこれ。

抜擢された若手官僚が明かす挫折の軌跡
「政権交代の目玉『国家戦略室』はなぜ政治主導の『司令塔』になれなかったのか」


まあ、官僚の手記なんかそれほど珍しいものでもないとは思うんですがね。
ただ、これを読むとあの当時何が何だかわからないままに中二病的なネーミングのかっこよさから注目をあつめていた「国家戦略室」の内実がどのようなものであったか、というのがよくわかりました。
結局事態をきちんと説明できるのも、世の中を動かしているのも官僚様なわけで、政治家の報道なんかしたって意味が無いんじゃないかと。
「官僚報道」を重点的にこなす報道機関やフリージャーナリストはいないのかなあ。

個人情報保護法案が隠れ蓑になってて官僚の報道をしにくくなっている、という話も伝わってくるけど、「官僚主権」という言葉もあるほどなんで、組織図とか個々の役人のポストの変遷とかやった仕事の内容とかもっと注目されてもいいと思うんですよ。
そうすれば政治家の人事判断に対する世論の反応を伝えることもできるわけだし。
野田内閣は「直勝内閣」とも揶揄されるほど、財務省次官勝栄二郎(現在は退官)の影響下にあったそうですが、彼がどのような存在であるかをニュース番組で特集したところってありましたかね。

政権交代しても変わらなかったってことは政治を云々してもしょうがないってことなんだから、官僚情報をもっとよこしてくれよ、と。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2012/10/19 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。