J-POP四大自己啓発ソング : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

J-POP四大自己啓発ソング

[ 2012/10/30 ]
需要がほとんどないとわかっていても音楽ネタ。
個人的に「これは宗教じゃないか?」と思った楽曲の紹介。
元々、ロックの熱狂って宗教と比較されるケースは海外でもよくあることなんですが、そんなロックファンでもひいちゃうくらい宗教的な恍惚へと誘う楽曲を。

いずれも信者には熱狂的に信仰されているけどそれ以外の人にはわりと冷ややかに見られている楽曲。
一緒くたに語るとそれぞれのファンから総スカンを食らいそうですが。

どの曲も私は好きなんだけど、洋楽にはあまりこういう感じの曲ってないんですよね。
長尺でシンプルなリズムとループするようなメロディに自分を追い詰めるような歌詞を乗っけて煽る展開の曲。
これは「お経」の影響なんでしょうかね?
ひょっとしたら日本のオリジナルな伝統芸かもしれない。
洋楽ロックでも賛美歌まがいの楽曲はわりとあるけど、こういう様式に内省的な歌詞をのっけて聴衆を宗教的熱狂へと導いていくような歌ってメジャーどころでは多分、ないと思います。
テクノ…はまたちょっと違うしね。


吉田拓郎『人間なんて』



ライブやるごとに歌詞も変われば尺も変わるのは有名な話。
時には2時間に渡って演奏し続けたこともあるそうです。
映像は'79年愛知県の篠島(離島)を丸ごと借りきって敢行されたオールナイトライブのラスト。
凄まじい熱狂ですね。


尾崎豊『卒業』



歌詞の影響で全国の学校で窓ガラスが割られたのは有名な話。
今回挙げた他の曲とちょっと毛色が違うけど、「10代の教祖」の教典とも言っていい楽曲でしょう。


長渕剛『Captain Of The Ship』



桜島7万人ライブのドキュメンタリー映像。本編は2:25くらいからです。
これは『人間なんて』をもろに意識した楽曲ですね。
言っていることに共感できる部分もあるんだけど……ね。
アンチと信者の攻防コメントが見られるニコニコ動画も興味深いです。



筋肉少女帯『サーチライト』



知名度は一番低いと思うけど、洗脳度はなかなか高いかなと。


人生に迷い、生きる道標を失った人はこれらの曲から前進する力を得てはいかがでしょうか。

’79 篠島アイランドコンサート(デジタル・リマスター盤) [DVD]
OZAKI・19 [DVD]桜島 [DVD]science fiction double feature~筋肉少女帯 Live&PV-clips [VHS]
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2012/10/30 ] 文化 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。