Island『Stay With Me』を聴こう : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Island『Stay With Me』を聴こう

[ 2012/12/12 ]
沖縄のロックバンドによるバラード。
最後がちょっとぶつ切りですけど。



1987年、松任谷由実がバカンスで沖縄のライブハウスに立ち寄った時、偶然この曲を耳にしていたく気に入り、自身のオールナイトニッポンのエンディングテーマに起用したことで、彼女のラジオリスナーを中心に、沖縄はもちろん本土でも知られるようになりました。
当時、水商売の人達の間で人気があったという証言をちらほら見かけます。
その後も有線から支持が広がっていったという話も聞きますが、沖縄はともかく、全国的に大ヒットした曲、というわけではありませんね。

無茶苦茶シンプルなバラードで、これといって奇をてらったところが全然ないのに、妙に胸に迫ります。
やはり声でしょうか。
素晴らしい歌声ですが、ボーカルの人はまずい不祥事を重ねていて、表舞台に立つのはほぼ絶望的だったりします。
ギターリフもシンプルなんだけど素晴らしい。

近年はモンゴル800、ダパンプ、石嶺聡子(南こうせつとのデュエット)など、沖縄出身のミュージシャンによってカバーされるケースも多く、いまだに新しいファン層を開拓しています。
決してメジャーで誰もが知っている曲、というわけではないんだけど、聴いて気に入った人々の多くが忘れられない曲、ということなんでしょうね。


沖縄のロックバンドって70年~80年代にはかなり面白い人達がいました。
Islandのメンバーが元々在籍していた紫というバンドもそうだし、コンディション・グリーン、マリー・ウィズ・メデューサなど、本土でもなかなか見られないような本格的なロックバンドがけっこういたんですよね。
彼らのオーディエンスは米兵だったので歌詞も当然英語で、音楽性も英米準拠。
日本のハードロック黎明期のバンドというとアースシェイカーBOW WOWや44マグナム、ラウドネスあたりがメジャーですが、ことハードロックに関して言えば沖縄のほうが早かったです。

↓はコンディション・グリーンのステージパフォーマンスのダイジェスト映像。



うーん、カオスですね。
往時のオキナワン・ロックも生で聴いてみたかったかも。
最近、沖縄から出てきたロックバンドというと『ガンダム00』の主題歌を歌っていた女の子三人組のステレオポニーというバンドがありましたけど彼女たちはもう、泥臭さや地域色みたいなのは抜けきっちゃって、本土の音楽と見分けがつかないものでしたね。
それでもわりと好きだったんだけど、この年末に解散するそうで、残念です。

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2012/12/12 ] 音楽 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。