少子化対策と景気対策 ~金の流れる道を変える~ : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

少子化対策と景気対策 ~金の流れる道を変える~

[ 2011/08/11 ]
前回のエントリでは高齢化を肯定した、というより追認する内容を書いたのですが、今回は少子化に歯止めをかけるためには、という話を。
少子高齢化、とわりとセットになって語られていますが、どちらもいっぺんに解決することは不可能です。

世代別で人口を見ると、圧倒的に団塊の世代が多いのですが、彼らが生まれた頃の出生率は4.0を上回っていました。

合計特殊出生率の推移

先進国はどこもわりと1970年代半ばくらいまでに急速に出生率が下がっています。
文明の発展の必然ということなのでしょう。
で、これからどんなに少子化対策をしたところで、4.0などという数字が叩きだされることはまずないし、2.0を切ってからもすでに30年経っている。
ということは団塊世代が死に絶えれば、ある程度人口減に歯止めがかかる。
団塊の世代が現役を引退しても、それを支えるのは今はどう考えても無理です。
なので、あと2,30年は現役世代の負担が厳しい物になることが予想されるけれども、それ以降は、現在の施策次第である程度人口をコントロールできるようになるのではないか、ということです。

待機児童の問題とか保育士の待遇の悪さであるとか、幼保一元化であるとか、そういう誰でもわかっているような問題を改善していけばいい。
20年くらい前から少子化はかなり深刻な問題として取り上げられていて、内閣でも少子化担当大臣がほとんど必ず任命されているにもかかわらず、政治課題としてそれほど大きく注目されていないし、実施された政策といえば、子ども手当だけ。
ただ単に金をばらまいたって、それが正しく人口増に繋がるとは到底考えられないんですけどね。
現金をそのまま配る、というのはいかにも何も考えていない、と言っているようなものです。
どうすれば子供が増えるかわかっていない。

今、20代30代の若者の月収など20万そこそこという人ばかりです。
その彼らが家庭を築いたら、共働きしなきゃならない。
共働きしたら子供を保育園に預けなければならない。
保育園代は両親の所得によっていくらか変わってきますが、平均すると月々4万5千円ほどです。
認可保育園に入れなかった場合、この金額は6万くらに跳ね上がることがザラです。
預けたってお母さんはなかなかフルタイムで働くことはできないでしょう。
パートタイムで時給いくらで働くことになる。
そうすると、20万そこそこのお父さんの稼ぎとパートタイマーの収入が10万くらいあったとしても、
子供を二人続けて生むのは相当きついことです。
子ども手当が2万…。焼け石に水です。

幼保一元化して、待機児童を減らして、助産師を増やして、出産費用や保育料を国がもっと負担する、という政策をもっと強力に推し進めれば、わりと簡単に子供は増えると思います。

財源は?
新しい道路をつくるのをやめたり、公務員(特に地方公務員)の給料を削減したり、金を刷ったり、ということで確保すればいい。
今、とんでもない不景気です。
不景気ってのは金が回らない、ということです。
金持っている人が金を使わないから金が回らない。
金持っている人ですら切り詰めてやっている、というのはまずい状況です。
もちろん貧乏人だって金使わないんですけど、それでも、生活に余裕ができれば、貧乏人だって子供を生むでしょう。
子供は大人よりも金がかかります。
よく飯を食うし、教育しなきゃならないし、成長に合わせて服を頻繁に買い換えないとならないし、遊ばなきゃならないし、何かしら問題起こすしってなもんです。
つまり、景気対策としての少子化対策、と。

道路をつくったらストロー効果で田舎から都会に人が流出するだけです。
公務員の給料減らしたって彼らは公務員やめたりしません。
円を刷って、円の価値を下げれば、金持ちの資産価値が下がるだけです。
資産価値が下がったら、金持ちはますます資本の集中を図ろうとするでしょうが、そこは国が金の流れを変えればいい。
道路や鉄道を始めとする交通機関ではなく、保育所、老人ホーム、病院、職業訓練校など、セーフティネットを充実させることで、貧乏人でも金を使いやすくする、というサイクルをつくればいい。

保育士の待遇改善、急げ!低賃金で不足に拍車 昇給ない「非正規」も増加

少なくともこんな事例があっちゃだめですよ。
道路をつくることに意味がないとは言いませんし、それで食っている人もいくらでもいるのでしょうが、少なくとも、道路作っている人はここまで困窮した生活を送っていないでしょう。

今まで金が流れていたところに金が回らなくなったら、それはそれで大変なことですが、人間、なかなか生活レベルを下げることはできません。
多少、金回りが悪くなっても、彼らも金を使い続けるでしょう。

新たな金の流通路をつくること。
その流れる道は少子化対策とセーフティネットの拡充
金の流れなくなった流通路も最初は大変でしょうけど、景気がよくなればまたいい目を見られます。
今までとは違う場所に金の流れる道をつくる、ということを考えなければ、少子化も、景気も改善されることはないじゃないですかね。
まあ、既得権益にまみれている人たちが利権を手放さないと無理でしょうけどね。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2011/08/11 ] 少子化 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。