秋アニメを振り返る 2012 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋アニメを振り返る 2012

[ 2013/01/07 ]
夏アニメの時と同じく、視聴していた作品の感想を寸評程度に。

『ソードアート・オンライン』

ソードアート・オンライン 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]
ソードアート・オンライン 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]

2クール目は原作からそれほど端折られた箇所もなく、わりと忠実な展開だったと思います。
設定の面白さが安定しているので見応えはあったんだけど、アクションシーンは最後まで退屈だったかなあ。
原作シリーズはアニメ化に伴い、近年稀に見るほどに売上を伸ばしているそうなので、続編もアニメ化されるのでしょうが、願わくば、アクションシーンももう少し力の入れた作画にしてほしいものだな、と。
ただ、こういう形式で日常と異世界ファンタジーがシンクロした作品ってそれなりにオリジナリティの高いもので、ドラクエ的な世界観へのアクセスの方法論がどのようなものであるべきか、という問題提起としても興味深かったように思います。
昨今のオタ業界ではファンタジーに親和的な意識へのメタ的なアプローチと言う意味で、「中二病」というキーワードがクローズアップされているわけですが、そういう「茶化し」的な目線を意識せずにファンタジーやろうとしたら、こういう方向にいくのかな、と。
最近のファイナルファンタジーシリーズは散々センスのずれた中二病的な名称が笑いものにされていたりするんだけど、あるいはSAO的な設定を逆に取り込んでオフラインゲームをつくったら意外にいけるんじゃないかな、とも思ったり。

『トータル・イクリプス』

トータル・イクリプス 第1巻 [Blu-ray]
トータル・イクリプス 第1巻 [Blu-ray]

ファンからするとそれなりに見応えのある作品だったのだけれども、本編へ入っていく新規ファンを拡大できたのかは微妙だったように思います。
演出や作画は終始満足のいくものだったけど、ストーリーは地味でしたからね。
ガンダムシリーズのスピンオフ作品と似たような印象で、それはそれでいいんだけどなんとなく消化不良感は否めませんでした。
クライマックスの盛り上がりも静かなものだったし、作品自体のハードなテーマに拮抗しうるだけのストーリーを展開できたのか、という意味でもやや疑問でした。
『トップガン』をやりたかったのかもしれないけど……。



『中二病でも恋がしたい』

中二病でも恋がしたい!  (1) [Blu-ray]
中二病でも恋がしたい! (1) [Blu-ray]

多分、一番人気はこの作品ですね。
オタ業界のトレンド的なテーマを扱っているとはいえ、お話としては特筆すべき点は特にないんだけれども、京アニスタッフの演出力が存分に生きた作品だったと思います。
ただの萌えアニメ、というほどストーリーがスカスカだったわけではありませんが、お話としてはやっぱり見るべきところはなかったな。
ただただ、京アニの演出力が光る作品でした。
この会社の演出力ってすでにジブリに迫るクオリティなんじゃないかと思います。
女の子の挙措の魅力がこれほど映えるTVアニメって他にないですよ。


『新世界より』

「新世界より」 一 [Blu-ray]
「新世界より」 一 [Blu-ray]

2クール作品でまだ中途ですが、面白いです。
わりとハードなSF作品で、いまだに作品世界の全貌が見えてこないんだけど、緊張感を途切れさせることのないエピソードの数々が見事です。
数々の謎や伏線の配置も興味深くて、フィクションの醍醐味を存分に堪能させてもらっています。
終盤にかけて、このテンションを維持できるのかまだ未知数だけど、わりと驚かせてくれるんじゃないかな、と期待しています。

『PSYCHO-PASS』

PSYCHO-PASS サイコパス VOL.1【Blu-ray】
PSYCHO-PASS サイコパス VOL.1【Blu-ray】

これも2クール作品。
2011年から『魔法少女まどか☆マギカ』と『Fate/Zero』でにわかにトップクリエーターに踊りでた虚淵玄の脚本作品。
多分、それらの作品よりも今作のほうが虚淵氏の本領に近いのではないかと思います。
というか私が最初に接した氏の作品『Phantom of inferno』に近い感じかな、と。
ディストピアな世界でコンピュータによって人間の「善性」が診断されてしまう世界の話なんだけど、こういう話ってわりと「人間性の回復」という方向に話が収斂していくものですが、虚淵氏はどのようなひねりを加えてくるか。
制作会社がプロダクションI.Gということもあって、『攻殻機動隊』っぽい枠組みで話が展開しているけど、そこからどのようにはみ出していくのかも気になりますね。

『リトルバスターズ』

リトルバスターズ! 1 (初回生産限定版) [Blu-ray]
リトルバスターズ! 1 (初回生産限定版) [Blu-ray]

『KANON』『AIR』『CLANNAD』とKEYのヴィジュアルノベル作品は信者がすごいんで、それに当てられる形でたいがい原作ゲームをやるかアニメを見るかしていて、本作もその流れで視聴しているんだけど、一度として満足できたことがないです。
今作もなんで見ているんだろう、と思いながら見ているんだけど、やっぱり今のところはそれほどピンときません。
若者の切なくもおかしい青春ものとしていずれもよくできているんだけど、そういう人情話をやるにはエピソードやキャラクターのあざとさが全面に出すぎてしまっていて、イマイチ感情移入できないんですよね。


秋アニメもわりと豊作だったと思いますが、しかし、心から満足できるような作品とは出会っていないですね。
『PSYCO-PASS』と『新世界より』がどういう展開になるのかな、というのは気になるんだけど、今のところ、近年では『Fate/Zero』で味わったような興奮には至っていません。
冬アニメに期待したいところですが、ラインナップ的にそれほど興味をひく作品がないんだよなあ……。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/01/07 ] 文化 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。