バカの救済装置としての体罰 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バカの救済装置としての体罰

[ 2013/01/15 ]
一ヶ月半くらい前にスポーツ選手差別が発生しないのは何故だろうと書いたばかりだったけど、体育会系に特有の事件が起きて、日本中に衝撃が走っていますね。

特に波紋を広げたのはこの桑田真澄氏の言説だと思います。

「体罰は自立妨げ成長の芽摘む」桑田真澄さん経験踏まえ(朝日新聞)


体罰による教育はアリかナシか。
理想論で言えば、あるいは社会システム論的にはナシだと思います。
体罰による暴力で自殺してしまったり、障害を負ってしまったりするのは珍しいことではないし、桑田氏が指摘するように、技術の上達と体罰に相関関係があるとは到底考えられません。
制度として体罰を許容していいのか、というとそれはまったく否定せざるをえない。
ただ、残念ながら、実際問題として殴られてはじめて気づく、というケースはそれほど珍しいことではなくて、そうした「暴力による覚醒」で人間として立ち直った人達のあり方をどのように評価すべきなのか、というのはなかなか結論の出るところではありません。
体罰にまったく効果がないのなら、これほど根強く体罰擁護論があるわけもないですからね。
特にスポーツ指導において、理屈を組み立てられない指導者、理屈を理解できない競技者というのはいくらでもいるだろうな、というのは容易に想像できます。
プロ野球の世界でも中日時代の星野監督が体罰を駆使してチームを強くしたのは有名な話。
そういうバカ救済装置として体罰は機能してきたと思うんですが、バカの救済装置に巻き込まれる一般人はたまったもんじゃないですね。
バカにはバカと一般人の区別つけることは難しいだろうし。
バカに賢くなれ、というのも難しいことです。
ひどいのになるとバカとして生きていることに誇りを持っているバカもいますからね。

あるいは、映画『フルメタル・ジャケット』ではハートマン軍曹が暴力を駆使して新兵の意識を叩きなおす場面が印象的でした。
ほほえみデブのような"バグ"が出ることもあるだろうけど、その方法論で着実に若者達は戦士として強くなったように描かれていましたね。

もっと言えば、体罰の効果を科学的な因果関係込みで語れるようになれば、体罰を効果的に使用する、という理路もありえないこともないかもしれません。
話題になった事件のケースでは監督が生徒を30~40発も殴っていた、というような話だけど、効果的な体罰のマニュアルがつくられたらどうなっていたでしょうね。
もちろん、暴力が違法行為である以上、おおっぴらにそのようなものがまかり通るようになることはないでしょうが、あるいはそうして体罰を制度として否定してしまったがために、誤ったやり方で体罰をやってしまうバカどもが増えてしまった、ということもあるかもしれません。

体罰を容認するか否か、という問題は社会がバカを容認するか否か、という問題に帰結するのではないかと思います。
バカを容認できない社会なら、体罰は消滅するでしょう。
ただ、ネット世論の大勢は体罰はやめろ、という方向に傾いているようですが、理屈を駆使できない指導者や理屈を理解できない競技者などバカが多い社会でバカに理屈をこねてもしょうがない場面というのはいくらでもあるんじゃないでしょうか。
私だってバカな時期というのはあったし、バカな瞬間というのは今でもあるわけで、バカでいることが許されにくくなる、というのもそれはそれで窮屈かもね、ということも考えたりするわけです。

ただまあ、これもインターネットの効用ですかね。
これをきっかけに、体育会系人間への批判がオタク批判と同程度の水準にまで引き上げられるようになれば、私としては痛快だったりします。

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/01/15 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。