David Bowie『Station To Station』を聴こう : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

David Bowie『Station To Station』を聴こう

[ 2013/01/17 ]


10年ぶりにアルバムをリリース、というニュースが音楽ファンの間ではかなり衝撃的に駆け巡っていたので、うちもボウイを取り上げようかな、と。

ただ、今回取り上げる曲は'76年リリースの「Station to Station」のタイトル曲。
緊張感のある旋律を抜けた先にある開放感に溢れた展開が絶品の名曲です。
ちなみに歌入りは3:28ですが、長いイントロも是非とも堪能してみてください。



ボウイの曲で一番好きなのは『ティーンエイジ・ワイルドライフ』(賛同してくれる人はあまりいないだろうな)なんだけど、あまりいいライブ映像がなかったので次点のこちらを。
これもそこまで支持の高い楽曲というわけではありませんが、プログレが耳に馴染んでいる身にはたまらないサウンドです。
多分、ロックファン的にはボウイの代表曲というと『ヒーローズ』で、最大公約数的なボウイファンにとっての代表曲は『ジギー・スターダスト』、一般的な音楽ファンにとっての代表曲は『レッツダンス』、クイーンファン的には『アンダー・プレッシャー』、ニューウェーヴファン的にはアルバム『ロウ』、布袋寅泰ファンには『スターマン』…と聴き手のスタンスによってボウイの受け取り方は全然違うでしょうね。
もちろん、私はどの時期のボウイも好きです。

70年代頭から現在まで、常に一線級のセールスとカリスマ性、音楽的前衛度を維持し続けている、というのはすごいことですが、特に70年代のボウイは本当に大きな存在でした。
彼がいなければその後の音楽や音楽ビジネスは全く異なったものであっただろうし、あるいはもっと広く社会そのものにも多大な影響を与えています。
ゲイ・アイコンとして、公の場所でバイセクシャルであることを公言した最初期のロックスターで、彼の存在によって救われたゲイは相当数いるのではないかと思います。
まあ、普通に結婚していて子どもがいたりもするんだけど、ちょっと前に読んだ記事で、70年代当時、ストーンズのミック・ジャガーと性的関係にあったという話が出ていて驚きました。

ミック・ジャガーとデヴィッド・ボウイ、40年前に性的関係を持っていた?

今回紹介したライブ映像は'78年のもので、ライブアルバム『ステージ』に収録されている音源の元映像だと思われますが、サポートメンバーにエイドリアン・ブリューがいます。
なにげにうちのブログで三回目の登場ですね。
トーキングヘッズ、フランク・ザッパに続いての登場です。
ブリューのステップアップを時系列順に並べるとザッパ→ボウイ→トーキングヘッズの順で、あがりはキングクリムゾンです。
どのチームでも卓越した仕事を見せてくれる職人です。
いずれクリムゾンを紹介するときにも登場するかもしれませんし、ブリュー単体でも取り上げるかも。

ボウイというと役者としての顔も有名で、つい先日なくなったばかりの大島渚監督の『戦場のメリークリスマス』に出演していたことはメディアでも取り上げられていましたね。
『戦メリ』での存在感も素晴らしいものがありました。

戦場のメリークリスマス [DVD]

音楽から入っても、映画から入っても、そこにいるボウイは常に偉大なカリスマであり続けています。

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/01/17 ] 音楽 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。