メディアが想定するバカとネットが想定するバカ : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メディアが想定するバカとネットが想定するバカ

[ 2013/02/04 ]
ここのところ、ブログで「バカ」という言葉を使いすぎですね。
自重しなければならないな、と思いつつ、再びバカネタ。
基本的には思いつきを書くブログなんで、思いついてしまったものは仕方ないです。
書かなきゃならない。

バカバカ言っているけれどももちろん、私もバカの一人です。
先日書いた、腐女子は百合厨に嫉妬しないのかという記事がはてブでホッテントリ入りしたけど、ブコメやツイコメで散々こき下ろされ、「頭が悪い」タグまでつけられたりしている筋金入りのバカです。
賢くなりたいとは思っているけど、ままならないものです。

どんな時でも賢者である、どんな時でもバカである、という人はなかなかいないでしょうが、それでも何かを公に発表するときに、それを受容する側がどのような存在であるか、というのは書き手や作り手にとって、大きなテーマなんじゃないかな、と思います。
どんな人が見るのか、読むのか、というのは常に頭を悩ませながら書いているはずです。

昔はテレビを見るとバカになる、とも言われていたけど、むしろ最近はテレビ制作者が想定している視聴者はバカだ、というような話が真偽はともかく、製作者周辺から漏れ伝わってくるようになりました。
ただ、テレビが想定しているバカの水準があまりにも低レベルなせいか、最近のテレビはバカの私にもつまらなくなってしまいました。
同じように思っているバカどもはわりと多いらしくて、ネットの海を渉猟しているとよくそんな言説と出会います。
でも、ネットにもバカを想定した文章やエントリはゴロゴロ転がっていますね。
賢い人向けに文章を書いてもなかなか読まれやしないし、そもそもバカのほうが絶対数として多いわけだから。
目立つのはやっぱりまとめブログの記事タイトルです。
草がやたらとはえているようなタイトルを見ると、「あーバカを釣っているなあ」と思いながら私自身、その記事リンクに釣られてしまったりするわけです。
あの下品なテンプレが流行してしまっているのは嫌な感じです。

マスコミがマスゴミと呼ばれ、その偏向した番組作りが非難の的にされることは当然のことであり、もっとガンガン責め立てられてよいと思いますが、それを指弾するネット上のサイトの多くもまたバカを想定したつくりになっていたりして、その品性の下劣な戦いの日々にうんざりしたりもします。
結局、我々はバカのループから逃れられないんだな、と。


インターネットが普及し始めたとき、すでに私はある程度自分の思想性のようなものを確立してはいましたけれども、それでもネットが登場したことで、それまでに自分が当たり前と思っていたような常識や固定観念がネット上の言説で覆る、というようなシチュエーションには何度も遭遇しました。
世の中には悪意が満ちているんだな、ということは頭ではわかっていても、これだけ日常的にその悪意と触れ合うことになったのはネットが登場してからですし、書籍、雑誌、新聞、テレビ、ラジオなんかで触れる情報とは異なるスタイルで垂れ流される「真実」に触れられるようになったのもネットが登場してからです。
「ネットde真実」というフレーズはわりと嘲笑の的にされていたりもするんだけど、それでも真実のいくつかの面はさらけ出した、という気はします。
でも、一面の真実ではあったとしても、その真実を伝えるサイトの多くはバカを想定したつくりのサイトばかりで、そういうところで知った真実を振りかざしてテレビをバカにする言説を繰り返すのも不毛だなあ、という気がします。
まあ、歴史の必然ってことでしょうけどね。

ただ、マスコミが想定するバカとネットが想定するバカって微妙に違っていて、その差異みたいなのは面白いな、と。
その差異がどんなものなのか、というとなかなか具体的に言葉にはできなかったりするんですけどね。
ただ、そうしたテンプレどおりの「釣り」にひっかかったとしても、それが「釣り」だということは「釣りでした」と言われなければなかなか自覚できないことなんだけど、実際には宣言がないだけで我々は釣られまくっているんだよな、ということは改めて自覚しておかないとな、てなことを考えたりしました。

もちろん、私のブログは私自身がどんなにバカでも、こんな僻地に来てくださっている読者様は多くの方々が賢者であろう、という想定のもとに更新しています。

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/02/04 ] 考察 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。