外国人が日本の少子化に言及 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

外国人が日本の少子化に言及

[ 2013/02/06 ]
クルーグマン教授、日本の人口減少を問題視-低成長の要因 (ブルームバーグ)

以前、うちのブログにクルーグマン教授もアベノミクスを支持しているから、自民党の政策は正しい、というようなコメントを寄せてきた人がいましたが、当のクルーグマン教授も日本の人口減少について言及しているようです。

クルーグマン教授は労働人口への言及しかしませんでしたが、日本のようにインフラや生活環境が高度に発達した国で、人々の購買意欲や土建の公共投資を取り沙汰したって、さして大きな経済発展は望めないです。
みんなが貧しかった戦後の復興期なら有効な目安だったと思うけど、そういう指標で景気を云々してもいいことなんてありゃしないですよ。

まだ何もものを持っていない、人間として完成するために膨大な量の物を買わねばならない子どもを増やすことが経済発展に繋がるんだ、という視点を持ったオピニオンリーダーが出てこないことには大きな変化は望めないかもしれませんね。
景気を云々する時、よく家電や車の売れ行きが話題になるんだけど、別に家電で新製品なんて出なくても消費者の側からすれば特に困りゃしないし、新車が出ましたって言われても必要な人はすでに持っているわけですよ。

企業の側の論理からすれば、常に新しいサービスや製品を提供し、それでもって新たな顧客を開拓しよう、というロジックはそれなりに正しいことなんだと思うけど、消費者の側からすれば、企業が思っているほど別に変化なんて求めちゃいないです。
windowsだってXPで十分だし、mixiは変な機能をいろいろつけたから衰退したし、はてなブックマークの新しいユーザーインターフェースは無茶苦茶評判悪いし、マクドナルドが最近打ち出しているサービスは尽く茶化されるしってなもんです。
多くの企業はそうしてイノベーションに躍起になっているんだけど、ユーザー、消費者はもう十分満たされている、というケースは多々あるんですよね。
もちろん、そうしたイノベーションの数々の失敗の中からiphoneのような当たりが来ることもあるんだけど、ね。
でも、そうして、すでに満たされている人々の消費行動を刺激しようとするのは効率の悪いことなんだ、ということを理解できる人はいないんでしょうかね。
これは企業の論理からは出てこない発想だと思うけど、日本の政治家のやることって経団連をはじめとした既得権益集団の意向を聞きすぎなんじゃないか、という印象があります。
企業が儲かることと、国益が増大することは必ずしもイコールではない、ということを政治家は理解しているんでしょうかね。

満たされていない人の増加による需要の創出、すなわち少子化対策の重要性をもっと主張する人が出てくればいいんですが。

日本人は海外の反応を気にするし、そうした方向で外人が意見を述べてくれたことはありがたいことかな、と思いますが、それでも少子化対策が具体的な政治日程にあがってくるのはいつのことやら、気が遠くなるなあ。

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/02/06 ] 少子化 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。