思想と哲学の違い~戦争と恋愛と人生とポケモン~ : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

思想と哲学の違い~戦争と恋愛と人生とポケモン~

[ 2013/02/27 ]
最近ではそれほどでもないけど、思想や哲学について思索を巡らしていた時期がありました。
なんか哲学って現代社会では中二病っぽいですけどね。
ポケモンのニックネームに「プラトン」とか「ヘーゲル」とか「サルトル」とかつけていたら、友人に「なんという中二病(笑)」と嘲笑されてしまったことがあります。
まあ、私はそんなに哲学者の本を読みあさったりしていないですけどね。
ニーチェとカミュとデカルトとハイデガー、いくつかの哲学入門書や解説書くらいかな。
あとは仏教と莊子あたり。


「思想哲学」とひとくくりにされることも多いけど、思想と哲学の違いってなんでしょうね。
ぐぐるといろんな人がブログで書いたり、知恵袋で質問している人がいたりするんだけど、それに対して一致した見解って見当たらないです。
そういうのかじる人って私にかぎらず、理屈をこねるのが好きなんでそれらしい理屈をいろいろ読むことはできるんだけど、主流となる考えってなさそうですね。
アカデミズム的にもうまく定義付けできていないということですかね。
そもそもその「違い」が哲学や思想の問題としてクローズアップされたことがない、ということだと思いますが。
ただ、何かがなんなのか分からない、という時、別の何かと比較することで理解できることってあると思います。
そういう話。


哲学にしても思想にしても、拡大解釈して使われていますよね。
まずはそこから解きほぐさないと。
マラソンランナーのアベベは別に哲学を研究していたわけでもないのにも関わらず、「走る哲学者」と言われたりしたし、「これが俺の哲学だ」というような物言いや「人生哲学」なんてキャッチフレーズに出会ったりすることもありますが、これらは本来の哲学のあり方ではないですね。

哲学書を読むと純粋理性批判とか言語ゲームとか善悪の彼岸とか永劫回帰とか一見して把握しづらい用語が出てくるんだけど、書いてある内容は大概、○○とは何か、という形而上学的な概念を定義づけようとする行為ですね。
○○の中身は人生、人間、正義、神、愛、時間、幸福、美、社会、コミュニケーション、実存あたりですかね。
湯呑みとは何か、とかパソコンとは何か、とかそういう問いは当たり前すぎてあまり哲学の対象になりません。
ただ、そういった形而上学的な概念の定義も個々の哲学者によって違ってくるので、なかなか湯呑みやパソコンのようにその意味を確定させることができませんが、でもそういう考えの影響からさらに後続の哲学に影響を与えたり、思想が生まれたりします。
概念を定義するのが哲学。


思想というのはここではイデオロギーという意味で考えます。
民主主義、社会主義、共産主義、資本主義、新自由主義、コミュニタリアニズム、アナキズム、キリスト教、イスラム教、オウム真理教、エトセトラエトセトラ、と。
で、これらの思想ではそういった形而上学的な概念に対する答えはすべて自明のものとなっていて、今さら「正義とは何か」とか「幸福とは何か」という問いは出て来ません。
じゃあ、何かというと、その教義(ドグマ)を広め、信奉する人びとが幸福になるためにはどうすればいいか、という方法論を説いたものが思想です。
正義とは○○である、幸福とは○○である、だからそれを実現するためにこうすべきだ、ということを説いています。
それら概念に対する前提が必ずしも正解であるとは限らないわけだけれども、正解だと「仮定」した上で、その仮定の上に理屈をいろいろ乗っけているのが思想です。



ところで、何か物事を遂行するにあたって、それが戦術レベルなのか、戦略レベルなのか、という話はよく出てきます。
目的を達成する=幸福であるわけですが、私達がそういう幸福に至るために、今、どのレベルの行動をしているのか、というのを分析するというのはそれなりに意味のある営為ではないか、と思いますが、人間の行動のレベルってその二段階だけではないですね。
で、戦術の上に戦略があり、戦略の上には政治があり、政治の上に思想があり、思想の上には哲学がある、と。

たとえば戦争をこれらの階層概念でわけると、

戦争とは何か、敵とは何か、とか言っているのが哲学
戦争によって国家の利益を得ようと説くのが思想
敵を設定し、戦争を始めることを決断するのが政治
戦争の計画(補給、投入戦力、戦場設定、将官人事などなど)を練るのが戦略
戦場での駆け引きが戦術


てな感じですね。
あるいは恋愛を考えてみましょう。

恋愛とは何か、人を好きになるとはどういうことか、とか言っているのが哲学
恋愛によって幸福を得ようと説くのが思想
恋愛対象をロックオンし、相手にアプローチをかけることを決断するのが政治
恋愛対象とイチャイチャするための計画を練るのが戦略
恋愛の駆け引きが戦術


てな感じです。

もちろん、戦争にしても恋愛にしても、人間の本能に根ざした衝動の部分も関わってくるので、そうして段階を踏んでその行為に身を投じる、というケースばかりとは言えませんが(特に恋愛は)、まあ、概念として分析するとそのようになるのかな、と。

さらにあるいは人生。

人生とは何か、生きるとは何か、とか言っているのが哲学
人生をより充実したものにしようとと説くのが思想
どのような職業につくか、どのような伴侶と寄り添うか、どのような人々と関わっていくかを決断するのが政治
それらの目的達成のための計画を練るのが戦略
がんばるのが戦術


ポケモン

ポケモンとは何か、ゲームとは何かとか言っているのが哲学
ポケモンを遊ぶことで楽しみを得ることを説くのが思想
ポケモンでできる様々な遊びの中から通信対戦を選ぶのが政治
パーティーメンバーや持ち物、技構成、型を決めるのが戦略
実際の対戦の駆け引きが戦術



まあ、だからなんだって話なんだけど(まさに哲学)そういうふうに分類してわかった気になるのって楽しいな、と。



関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/02/27 ] 考察 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。