ナマポとパチンコ~国民を攻撃すべきなのか、国家を攻撃すべきなのか~ : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナマポとパチンコ~国民を攻撃すべきなのか、国家を攻撃すべきなのか~

[ 2013/03/11 ]
生活保護受給をめぐって、ここのところよく議論が交わされていて、受給者叩きが加熱しています。
まあ、不正受給に関しては弾劾されてしかるべきところはあると思うんだけど、そもそも日本の場合、諸外国に比して生活保護の捕捉率がとても低くて、受給資格者なのに受給できていない人のが多い、というほうが問題じゃないかと思うんですが、どうもそういう方向にはあまり話がいかなくて、生活保護受給者が叩かれる方向にばかり話が持っていかれている。

生活保護って景気対策としてはわりと効率的でよい政策だと思うんですけどね。
むしろもっとじゃんじゃんばらまけよ、とすら思います。
従来的な景気対策って公共投資だったり、特定産業への補助金だったりで、こっちも税金使うことには変わらないわけですよ。
でも、人が減っていく一方の地方にダムや空港や道路を作ったって採算なんかとれるわけないし、人が減っている地方のインフラを維持し続けることも経済的には損失もいいところです。
エコポイントのような政策も同じで、結局税金を使って需要を前倒しした挙句、テレビが売れないとか寝言をほざくようになりました。
そして、シャープはサムスンと資本提携(笑)。
やることなすことすべて裏目に出ていますね。
税金を割り振られた、採算の取れない事業で喰っていっている人って、生活保護で食っている人とどう違うんですかね。
むしろ、そうやって不採算の再生産をしている、という意味でより経済的にはマイナスなんじゃないかとすら思います。

一方、生活保護って給付されたお金は貯蓄に回されることなく消費に回されます。
そうやって消費に回されることで、地域経済にきっちり寄与している。
生活保護がなくなったり減らされたりしたら、受給者が困るのはもちろん、そういった顧客を相手にしていた店舗も困ると思うんですけどね。

別に生活保護受給者が生活保護受給者のままでいいとは言いませんよ。
そういった境遇の人がいないほうがいいに決まっている。
すべての人が己の能力に見合った仕事につくことができるのが一番の理想ですよ。
でも、所詮、理想は理想ですから、現実を少しでもマシなものにしようと思ったら、生活保護はもう少し積極的に捉えられてもいいのではないかと思います。

たしかにね、生活保護費でパチンコに行くのはどうなのか、というのはあるんですよ。
でも、それで受給者を叩くのは筋違いじゃないか、という気もします。
だって、目の前に娯楽があったらやるに決まっているじゃないですか。
例外はいくらでもあるにせよ、ストイックで向上心にあふれるような人が生活保護の受給者になっている、なんてことはほとんどないわけだから。
だったらパチンコだけを叩けばいい。
あんなものが日本中にあるせいで、いったいどれだけ多くの子どもがパチンコ屋の駐車場で死んだか。
どれだけ多くの人がサラ金地獄にはまったことか。

私だって自分の身内に生活保護を受けていてパチンコをやるような人がいたら説教すると思います。
「お前、そりゃ違うだろ」と。
というか、パチンコにはまっている時点で、一言チクリと言わずにはいられないような人間です。
そういう私的な領域でなら、対面で当事者に対して説教するのはアリだと思うし、何らかの効果も期待できると思います。
でもネット空間のようなパブリックな場所で、生活保護受給者個々人を叩いた所で、それで彼らの境遇が改善されることなんてありはしないですよ。

ネット空間、というよりも2ちゃんねるのような場所は便所の落書きで、吐き捨て、罵倒に満ちた場所なんだけど、それがおそらく世論の集約装置として最大の力を持ってしまって、そういう便所の落書きがまとめブログなどを通して拡散していっている、というのは由々しき事態です。
そういう場所で発言するスタイルがはみだして、うちのブログのような場所でも罵倒コメを書いていく人が多いですしね。
世の中に不満があるなら、個々の人間を叩いたってそれで世の中が良くなるなんてことはありえませんよ。

生活保護受給者が増えている=国や自治体がまともな雇用・産業政策を打ち出さないから
生活保護の不正受給は問題だ=国や自治体がまともな給付のガイドラインをつくらないから
パチンコが全国各地で営業している=国が癒着しているから
喫煙者がむかつく=国が設定しているタバコの規制が甘いから
韓国人がむかつく=日本政府が韓国人を無条件に受け入れすぎているから

個々の生活保護受給者、個々のパチンコユーザー、個々の喫煙者、個々の韓国人を叩いたって、世の中はよくなりはしないのにも関わらず、そうすることが正しいことだと思って叩いている連中のなんと多いことか、と。

結局、人間は鏡でしか無いです。
身の回りの環境を反射する鏡です。

関連記事:人間の正体は鏡

人間って環境によってほとんどそれだけで人生が変わってしまう。
ならば、百の言葉を個々人への罵倒に尽くすよりも、環境を変える必要がある。
環境を変える強制力を持った行政組織をどうにかしないことには世の中がよくなるなんてことはないんだということはもう少し、多くの人に自覚してほしいところだな、と思います。
人を叩くな、国を叩け、です。
家族や友人相手なら話は別だけど、ね。

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/03/11 ] 考察 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。