Sting『Bring on the Night/When the World Is Running Down You Make the Best of What's Still Around 』を聴こう : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sting『Bring on the Night/When the World Is Running Down You Make the Best of What's Still Around 』を聴こう

[ 2013/03/31 ]
元はポリス在籍時に別々の曲(時期も全然違う)として発表されたのですが、スティングがソロになってからはライブで大幅にアレンジした上でメドレーにして演奏するようになりました。
今となってはこっちのヴァージョンの輝きの前にオリジナルはすっかり霞んでしまっていますね。
もうほんとに素晴らしくて……。
映像は'88年の東京ドーム公演です。



ジャズとロックのもっとも楽しくて幸福な融合じゃないですかね。
通常のバンド編成にサックスにパーカション、キーボードにコーラスが加わったゴージャスな編成で、それも腕っこきのミュージシャンばかり集めた極上の演奏です。
片言の日本語MCをそんなところで入れるなよ、という不満もあったりしますが、でもこのおしゃれなパーティー感覚はほんとにたまらないです。
ブランフォード・マルサリスのサックス、デルマー・ブラウンの怪鳥の如きコーラス&ダンス、スティングのダンス&セクハラと見どころは山盛りですが、特に3:30あたりからのケニー・カークランドによるピアノ・ソロがほとんど神懸かり的です。
思わず身体が小刻みに揺れてしまうし、顔が自然とにやけてしまいます。
ケニー・カークランドは'98年に惜しくも亡くなっていますが、スティングをはじめ、多くのミュージシャンのレコーディング、ライブに参加し、ほとんどサポートに徹した活動であるにも関わらず、絶大な評価を受けた偉大なミュージシャンです。

映像に残っている演奏では多分、これがベストに近いと思いますが、音源としては'86年のライブ盤「Bring on the Night」に収録されている同曲の出来が最高なので、気になった方はそっちもチェックしてみてください。

ちなみに、この時のライブは、半年前に同じ東京ドームでBOOWYを解散したばかりの氷室京介が何故か前座です…というかジョイントライブだったんですが、よくわからない組み合わせですね。
どう考えてもヒムロックとスティングのファン層がかぶるとは思えないんですが(笑)
いや、まあ私はどっちも好きですけど、ただ氷室京介のライブが終わったら帰ってしまった客も結構いたという話もちらほら聞きました。
もったいない……。

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/03/31 ] 音楽 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。