The Mars Volta『Day of the Baphomets』を聴こう : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Mars Volta『Day of the Baphomets』を聴こう

[ 2013/04/05 ]
マーズ・ヴォルタは昨年夏から活動休止状態で、今年の1月にボーカルのセドリックが脱退してしまったので、事実上の解散に近いのですが、個人的には21世紀以降にデビューしたバンドではもっとも思い入れのあるバンドです。
前身バンドのアット・ザ・ドライブインは90年代にデビューしているので、メンバーの芸歴はもっと長いですけどね。
今回取り上げる曲は3枚目のアルバム「Amputechture」収録曲。



見ての通り、聴いての通り、カオスな音です。
でも、カオスなんだけど、すごいグルーヴ感がありますよね。
ジャンル分けすると、一応プログレという範疇に入るんですが、よく知られているプログレッシヴ・ロック・バンドよりも圧倒的なグルーヴ感です。
プログレで激しさという意味ではドリーム・シアターが有名ですが、やっぱりヘヴィ・メタル的な様式美が入っちゃってて、凄いことは凄いんだけど、なんだかんだいって予定調和じゃね?というところに落ち着くんですが、このバンドは先が見えないカオスっぷりが素敵すぎます。
私は2006年の来日コンサートに行きましたが、その時に演奏したのはたったの3曲で、2曲めが一時間もある、という凄まじいライヴでした。
既存曲の断片を繋ぎあわせ、ところどころにインプロヴィゼーションを入れる、という乱暴な構成なのに、モッシュが絶えないというのは新鮮でしたね。
私がよくいくプログレバンドのライブは大体みんな椅子に座っていますし、年齢層もかなり高めですから。
まあ、今回紹介した映像はTVショーなんでお客さんはみんな落ち着いた感じですけどね。

ただ、ぶっちゃけた話、みんなわりと似たような曲が多いです。
ほとんど金太郎飴状態。
もちろん、いくらでも差異を指摘することはできるけど、基本的にはこういうカオスでグルーヴィーな曲ばかりやっているバンドです。
なので、この曲聞いてぶっ飛ばなかった人は他の曲を聴いても合わないかも。

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/04/05 ] 音楽 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。