冬アニメを振り返る 2013 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

冬アニメを振り返る 2013

[ 2013/04/07 ]
恒例企画。前期見ていたアニメを適当に寸評。ネタバレややあり。


『PSYCHO-PASS』



2クール作品で今期完結。面白かったです。
大人の鑑賞に耐えるアニメ。
ハードボイルドタッチなのに、今の時代のアニメファンにもきっちり訴求できる力があるのは嬉しい限りです。
恋愛要素が希薄である、というのもストイックで好感が持てました。
人間惚れた腫れただけが人生じゃないですからね。
ディストピアものとして考えた時、ラストをどう考えるか、という意味で私はわりと批判的に捉えていたのですが、脚本の虚淵氏のツイートを見てやられた、と思いました。

なるほどね、と。
ただ、虚淵氏の狙い通りに受け取った視聴者ばかりでもないんじゃないかな、とも思います。
あれはあれで綺麗にまとまっていましたからね。
ああいう締めも当然のことなんだ、ととった人は、特に今の日本では結構いるんじゃないかな、と思いました。


『新世界より』



これも2クール作品で今期完結。そしてこれまた一種のディストピアものだけれども、終末ものとも超能力SFとも言える作品ですね。
『PSYCO-PASS』と並んで、甲乙つけがたい今期のハマリアニメでした。
やはりディストピアものって外れが少ないジャンルなのかもしれないですね。
ヒロインたちの幼年期、思春期、成年期と3部構成のドラマ、というのも個人的にはツボでした。
『20世紀少年』とかスティーヴン・キングの『IT』と近い印象が。
大人になってから、子供時代の因縁と決着をつける、というシチュエーションはわりと普遍的に人々の心に訴えかけるものがあるんじゃないですかね。
それから超能力の設定はちょっと目新しかったかな、と思います。
単に私の見てきた範囲が狭いだけかもしれないけど。
超能力に限定した話ではなくて、人間個々人の可能性や能力って、社会を安定的に保つためにはどの程度まで許容されるべきだろうか、というのを考えるきっかけにもなりました。
そういう考察だけでも一本記事が書けると思うのでそのうち改めて書きましょうかね。


『リトルバスターズ』



これも2クールもので今期完結…なんだけど、どうやら第二期シリーズがあるようで、最終的な感想はおあずけですね。
前回の感想と同様、やっぱりテンプレ的なあざとさは最後まで気になってしまいましたが、それでも思ったよりは楽しめたかな。


『みなみけ ただいま』



第四期。安定の面白さ。
今さら特筆すべきことは何もないけど、何も考えずに観て、とりあえず笑えたのは貴重です。
日常系アニメでも「萌え」を強調した作品はあまり好きじゃないんですが、これは女の子がメインのわりにはあざとい萌え演出がなくて、わりと好きです。
もちろん、ベースとなるキャラクターの魅力やエピソードの地力も素晴らしいんだけど、特に保坂は良い味出してて、なんというか、染みますね。


『僕は友達が少ない NEXT』



にく、ですかね。
1期の初期はわりと好きだったんだけどなあ。


『まおゆう 魔王勇者』



ネットで連載していた原作は途中で投げましたが、アニメは将棋を指しながら見てました。
ネオリベアニメ? と一部で言われているけどどうなんでしょうね。
何かを理解する、というのはとても感動的でドラマとしても映えるものですが、今の時代に思想を理解する=啓蒙ドラマというのはどうなんだろうなあ、と思いながら見ていました。
でも、そういう生真面目な部分よりは魔王と勇者のイチャイチャばかりが目立っていてちょっと白けちゃいましたね。
原作はまだずいぶん未消化のようですが、2期はあるんでしょうか。
理屈こねこねされるのはそれなりに好きなので、2期があれば見たいとは思っています。


『たまこまーけっと』



京アニ版グーグーガンモ。
相変わらず女の子は可愛いけど、それだけ…かなあ。
魅力を語ろうと思えばある程度は語れるけど、そういう意欲を刺激するほどではなく。
もう、私は京アニの路線についていけなくなっているのかもしれないですね。



総評としては、やっぱり『PSYCHO-PASS』と『新世界より』が図抜けていました。
この二本は大当たり。
萌えもいいんだけど、こういうハードな世界観の話ももっと注目を集めてほしいなあ、と思います。

春アニメはとりあえずロボット物3本と俺妹かな。
レールガンはどうすっかなあ…というところです。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/04/07 ] 文化 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。