筋肉少女帯と水木一郎『221B戦記』を聴こう : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

筋肉少女帯と水木一郎『221B戦記』を聴こう

[ 2013/04/09 ]
1997年リリース。筋肉少女帯の活動凍結前最後のアルバム『最後の聖戦』収録曲で、凍結前最後のシングル曲でもあります。



ゲストボーカルに水木一郎、ナレーションに神谷明と宮村優子、プロモの撮影場所にまんだらけと、アニメ色に染まりまくった楽曲ですね。
水木一郎とのツインボーカルが無茶苦茶カッコイイです。
なにげに、水木一郎のベストソングはこれじゃないかと思っているんですが、そんなこと言っていたらアニキファンには怒られそうですね。
アニメ要素はまあ、大槻ケンヂが構想していたコンセプト的には外せない所なんだろうけど、音楽的にはそういう色物的な装飾はどうなんだろう、とちょっと思います。
声優のナレーションが入っていないバージョンも聴いてみたい気がするんですが、そういう音源は出回っていないですかね。
90年代筋小はHR/HM色が強い楽曲が多いのですが、特にこの曲のギターソロは白眉と言って良い出来。
橘高文彦の「お城を建てる」ギターソロを傾聴してみて下さい。


大槻ケンヂの活動はいろいろ見ているけど、やっぱりいちばん輝いているのは筋肉少女帯のメンバーとしてかな、と思います。
作家としての彼の小説も好きだし、バラエティ番組でのキャラクターも好きだし、特撮もわりといい曲は多いですけどね。
思い入れもそうなんだけど、なんだかんだ言って、音楽がいいんだと思います。
全盛期筋肉少女帯の音楽性の核になっていたのはギターの橘高文彦で、その核を内田雄一郎のプログレセンス、本城聡章のポップセンスが彩る。
大槻ケンヂの世界観にそういった音楽センスが融合して出てきたものが、わりと私には特別なものとして心に残っています。
まあ、筋小ファンってほんとにコアな人が多いんで、私はそこまでマニアックに入れ込んでいたわけではないですけどね。
それでもアルバムは全部持っているし、メンバーのソロ活動もある程度は追っかけています。


ところで、90年代以降のオタク史を考える時、大槻ケンヂと筋肉少女帯の存在って決して無視できない存在感を持っているのですが、あまり文化史的な考察で彼らを論じている文章と出会ったことはないです。
あくまで筋小ファン内部から、筋小ってすごいんだぜ!って言っているだけで、カルチャー全体の中でどう位置づけるか、という考察が外部から為される機会ってそれほどないかな、と。
端的に箇条書きでその影響を書いているのはニコニコ百科のこの記事

筋肉少女帯とは

『何処へでも行ける切手』の少女が綾波レイのモデルになったという話は有名ですが、それで一体どれだけ多くの童貞どもの子種を絞り尽くしたんでしょうね。
その後に現れた綾波レイの数多のエピゴーネンも合わせて想像すると戦慄せずにいられません。
(何処へでも行ける切手も丸尾末広の『少女椿』のヒロインが元ネタだそうで、文化的ミームの強さに驚かされます)
それから、小説『新興宗教オモイデ教』が『雫』の元ネタになった、という事実は特筆すべき事例かな、と。
『雫』はエロゲで初めてヴィジュアルノベル形式を採用した作品ですが、この作品のヒットがなければ、ヴィジュアルノベル形式がエロゲ界に定着することもなかったかもしれません。
ということは後の『Fate』やら『君が望む永遠』やら『Air』やら『とらいあんぐるハート』やら『CROSS†CHANNEL』やらも存在しなかったかもしれないし、当然、そういった作品で力をつけた作家たちの後の一般向け作品である『Fate/Zero』やら『魔法少女まどか☆マギカ』やら『魔法少女リリカルなのは』やら『CLANNAD』やら『人類は衰退しました』やらも存在できなかったかもしれない、と。

音楽的な影響力という意味ではそれほど突出したグループでもないかもしれないけど、文化的な影響力という意味では日本最強のロックバンドではないかと思います。
そこら辺の考察はいつかきっちりやってみたいし、私なんかよりも、もっと実力のある人にやってもらいたいな、とも思います。

楽曲単体でも好きな曲なんていくらでもあるんで、また曲紹介コーナーで何度でも取り上げたいですね。



関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/04/09 ] 音楽 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。