我々はなぜこの問題を大きく取り上げないのか~問題設定のセンス~ : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

我々はなぜこの問題を大きく取り上げないのか~問題設定のセンス~

[ 2011/08/26 ]
「マスコミはなぜこの問題を大きく取り上げないのか」

なーんて疑問や憤りは今に始まったことではないんですが、別にマスコミだけじゃなくて、日本人全体、自分は問題意識を持っている、と思い込んでいる人たちにだって、何が問題かを見極めるセンスはないですよね。
もちろん、私だってそうなんですが、そう思ったきっかけは最近のデモの内容です。

うちのサイトではサイドバーにデモ情報を乗っけているんですが、いまだに脱原発にデモが集中しています。

もうトレンドになっちゃっているので仕方ないかな、とも思いますし、私はデモ自体を応援しているので、右だろうが左だろうがよっぽど非人道的なものでないかぎり好意的に見てはいるのですが、最近はもう、脱原発、というスローガンはそれほど意味がないんじゃないか、という気がしてきました。

今のところ、官僚や政治家も新しい原発をつくろう、なんて動きを表立って見せている人はいないわけですし、今ある原発にしたところで、全部停止したって核廃棄物そのものが消えるわけでもないから、これからも反対だろうがなんだろうが原発とは付き合っていかなくてはならないわけです。
もちろん、再稼働に関しては注意深く見守っていかなくてはならないと思いますし、そういう動きが出てきたらピンポイントでデモをやればいいと思うんですが、原発関連で今一番やばいのは放射能汚染の進行状況だと思うんですよね。

福島の土壌をすべて除染しようとすると、一説には800兆円かかるとも言われています。

児玉教授:あの沈黙・長考の意味は?

イタイイタイ病の汚染地域の除染にかかった諸々の費用が、その千倍の面積にあたる福島県全域ということで考えたらそのくらいかかるかもしれないということです。

この金額をどう考えるか。
そもそもほんとに800兆かかるのか。
その算出方法であっているのか。
800兆だとすると、年間国家予算ではどうしようもない金額ですが、日本の純資産は2000兆円と言われているので、日本国中ひっくり返して財産売っぱらっちまえばできないことはない金額です。
それを受容して福島県全域を除染できる体制に持っていくのか。
仮に福島を放っておくと福島の放射性物質がずっと長い間、日本中に飛散し続けることになります。
福島ほどではないにしても、放射能除染というのは日常的な慣習になるでしょう。
そっちを受容するのか。
下手をしたらもう一度大東亜戦争を戦うくらいの気持ちで福島の除染に当たるべきか否か、ということが問われているというのに、今のところ、あまり誰も問題にしていません。
マスコミだけでなく、運動家の側からも国家に除染を求めて行動しよう、という動きがありません。
何故でしょうか。



この問題はこの問題で非常に大きいのですが、今回の記事の趣旨は福島の除染ではありません。

私たちは政治的、社会的問題を「発見」したとき、その問題の大きさに囚われすぎて、なぜその問題が問題とされなかったのか、ということをあまり考えてこなかったように思います。

学校教育では与えられた「問題」を解く能力ばかり鍛えられるわけですが、自分で「問題」を設定する能力はあまり鍛えられません。
特にマスコミや市民運動家、著名人、大手サイトの管理人あたりには問題設定のセンス、ということを考える必要がありそうです。
これは、人々に受けそうな話題を選ぶセンスとは違います。

政治的、社会的正義感も必須ですが、「この問題が周知されなかったらやばいことになるんじゃないか」「この問題が周知されたらいいことが実現するんじゃないか」ということを選ぶセンスです。
周知されても私たちの生活にほとんど影響がない問題と、周知されることによって私たちの生活に大きな影響を与える問題があるのですが、そのことをきちんと考えている人はそれほど多くありません。

では、問題設定能力を身につけるにはどうすればいいのか。
想像力と洞察力を磨くしかないと思います。
まず、ニュース記事を見て、「ためになったな」とか「面白いな」とか「興味深いな」とか考えるのとは別に、

「このニュースが広まったらどういう影響があるか」というのを考える習慣を身につける必要があります。

「島田紳助が芸能界を引退した」というニュースが広まったらどんな影響があるでしょう。
「脱原発デモ」のニュースが広まったからもう、政府は脱原発に動きだしました。
そうしたら、次は「福島の除染には800兆円かかるかもしれない」というニュースを広めて、国民全体で考えなくてはならないし、「フランスやドイツで富裕層が自分たちに増税しろ」と言っているニュースを見つけたら、それを広めて、日本の富裕層にもプレッシャーをかける、という方向に動かないとならないと思います。

政局報道(政策報道は必要です)や芸能スポーツ、事件報道などは事実だけ知ればいいのであって、踏み込んで伝えても何も建設的なことは生み出せません。
島田紳助が芸能界を引退したニュースを国民が知っても、次のアクションに繋がることはありえません。
ですが、
世界3位の富豪バフェット氏、米富裕層への増税訴える
「われわれ富裕層に増税を」、フランス富豪らが政府に嘆願
「税金をもっと上げて」、ドイツ人富裕者グループが財産税の再導入を求める

こういうニュースを国民がみんな知ったら、日本の富裕層にもプレッシャーをかけられますし、そこから発展して、国外脱出で徴税逃れをしようとする富裕層が出ないように各国が協調して課税の足並みをそろえる「税制サミット」なんてものが実現するかもしれません。


ニュースを報じることで更なるニュースへと繋げていく、そういうセンスを多くの人が身につけられたらよりよい社会になる、かもしれませんね。

ということでこの記事をいろんな人に広めてくれたら問題設定のセンスについて考える人が増えるのではないか、と思います。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2011/08/26 ] 考察 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。