ネトウヨと真実 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネトウヨと真実

[ 2013/04/12 ]
ネトウヨが厄介なのは自分たちは真実に目覚めた、と思い込んでいるところですかね。
2chでよく見かけるコメントに「日本人が目覚めたら」というような言い回しがありますが、自分たちは目覚めている、と思い込んでいるんですよね(笑)

うちのブログのコメント欄に罵倒していくネトウヨもだいたい上から目線で「お前はこんなことも知らないのか」的な言質が目立ちますしね。
テレビや新聞などの大手メディアや学校教育の中では知らされていなかった真実を知っているのは俺たちで、お前らは何も知らないのだから教えてやろう、というような優越感をそこに感じ取ることができます。
おそらく、ああいう連中の多くはネットメディアが登場するまで「真実」に触れる機会など少なかったんでしょうね。
他人の知らない(と思い込んでいる)真実を知っていることの優越感みたいなのってとても気持ちいいことです。
思い込んでいられるうちはね。
これは他山の石として、自らにも戒めなければならないことではありますが。


真実なんて探せばいろんなところに転がっているんだけど、党派性に凝り固まってしまうと、自分とは反対側の思想を持っている人の意見は頭に入らなくなってしまう、という傾向はわりと右でも左でも共通しています。
真実を見極めようと思ったら、何か政治的な意見を見かけた時、それが党派性に依拠していないか否か、というのは常に気を配っていなければならないし、油断していると、その党派性に取り込まれてしまって、その党派性に沿った思想でしか物事を見られなくなってしまいます。

でも、この国にまともな「党派」などひとつもありませんよ。
ネットの中でだって、党派といえるほどの集団にまともなものを見つけることは困難です。
少なくとも私は見つけられていない。
右より左のほうがましだ、ともとてもじゃないが言えないですね。
少子化と労働のありようをまともに考えている政党ってひとつもないし、左翼・リベラルの溜まり場たるはてなでも、少子化を本気で問題視している人ってあまり見かけませんからね。
まあ、それでも自分がネトウヨである、目覚めた自覚がある、というのならとりあえず2chや痛いニュースを見るのは控えて、はてなの政治系カテゴリでも覗いてみたら?というのはわりと真剣に思います。
別の方向に「偏った」言論を見ることで違うものが見えてくることもあるはずだから。

そこでしか得られない情報があるからといって、そこにある情報が正しいとは限らないです。

別にちきりん氏みたく自分の頭で考えましょうとかいうつもりはサラサラありませんが、それでもまともにものを考えている人がもっと力を持つようになってほしいです。
自分の頭で考えられるほど余裕のある人なんて限られているし、バカが何を考えたってまっとうな方向に進めるとは思えませんから。

もちろん、私がそうした党派性に縛られていないことを書いているからといって、正しいことを述べている、ということを証明してくれる人はどこにもいないわけだけれどもね。
それでも人は各々が正しいと信じていることを実践するなり支持するなり、論じるなりしていくわけです。
それで躓いたら、残念なことではあるけど、ああ、あいつは間違っていたんだな、と誰かの教訓になれたらいいな、と思います。

ネトウヨが躓くのはいつ頃ですかねえ。
このまま躓かずに壁に衝突して圧死してしまわなければいいのだけれども。

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/04/12 ] 考察 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。