ユニクロ柳井発言を巡って~発言権の在り処~ : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ユニクロ柳井発言を巡って~発言権の在り処~

[ 2013/04/26 ]
ユニクロの柳井会長の発言がけっこうな波紋を広げているようです。

「年収100万円も仕方ない」ユニクロ柳井会長に聞く 朝日新聞

発端はこの記事ですね。
新自由主義の狂信者っぷりが伺えるなかなかにぶっとんだ発言です。
それから次々と反響が出ました。
はてなのホットエントリーに入っていた中からいくつかピックアップしてみましょう。


ユニクロ社長がブラック企業のグローバル化宣言-世界同一賃金で年収100万円・若者使いつぶし・成長なければ死|POSSE今野氏・坂倉氏 togetter

ユニクロの社長は愛を語らない 関内関外日記

ユニクロの世界同一賃金は労働者を摩耗するブラック施策 togetter

◆ ユニクロ社長の詭弁 openブログ

柳井会長が仰りたいことって要するにこういうことですかね? Kousyoublog

ブラック企業ユニクロにつぐ城繁幸氏の解雇自由化はさらなる企業への滅私奉公・うつ病・生活保護依存ブラック企業を激増させる togetter

ユニクロ柳井会長の「グローバル・スタンダード」は、“柳井スタンダード”である件 blogos

ユニクロ・柳井正会長はモノの言い方を考えないのか yahoo個人(やまもといちろう)

いずれもとんでもねー野郎だ、という論調です。

一応、擁護論もありますが……。

ユニクロ、「世界同一賃金」導入の衝撃! blogos


私もとんでもねー野郎だなあ、と思っている人間で、とんでもねーなあ、という声が多数上がるのは当然だよな、とも思っているんですが、反響がこれだけ大きいということは、柳井会長の言っていることがまったくの絵空事ではない、という危機感がそれなりにあるということですよね。
2ちゃんねるでもけっこう叩かれたりしていたけど、リアル世界はそれでも柳井会長的価値観、すなわち新自由主義的グローバル資本主義が着々と進行していますからね。
ネットでいくら叩かれたって現実社会での圧倒的なパワーをバックボーンにすれば、いくらでも好きなことが言える、と。

じゃあ、柳井会長と反対の立場の人で、これほど反響を呼ぶような言説を世間に発していける人がどれだけいるのか、というとこれが全然いないんですよね。
ネット空間では脱社畜ブログあたりがエントリ出す度にホッテントリ入りして多くの共感を呼んでいるけど、しょせんはネット空間、それもはてな村での局地的な支持に過ぎません。
最近、労働者の味方である「はず」のリベラル政党である社民党が新しい選挙ポスターをつくったというのでちょっと話題になりました。

社民党のポスターがマジキチすぎると話題に 痛いニュース

「マジキチ」というレッテルを貼ったのは痛いニュースではなくて2ちゃんねるのスレ立て人で、そのスレ立て人のセンスによって当初のニュースが歪められてネット空間に拡散していくのですが、それはまあいい。
実際におかしいポスターですからね。
こういうセンスのなさでネタになるようなことしかできないのがリベラルの代弁者政党である、と。


新自由主義的な方向で世の中が動いていくことに危機感を持っている人はけっこういるのに、それに対してレジストする方向で発言、活動している人たちで影響力を持った人間がほとんどいなくて、発言力を持っているのは新自由主義的な思想の持ち主ばかり、というのは何故でしょうかね。
特にリアル空間ではなおさら。
一連の発言の元になった記事の掲載元って朝日新聞で、リベラルの元締めみたいな新聞なのにね。
そういうところが、こういう発言に対して特に批判的な注釈もつけることなく垂れ流す、というのはいかがなものでしょう。
成功者に対する羨望って価値観がどうであろうと無視できない強さを持ってしまう、ということなんでしょうか。
こういう狂信者の戯言にしか見えない発言であっても。
でも、そいつが成功するということは、自分たちの首を絞めることに直に繋がっている、ということでもあるわけですよ。

新自由主義的でない「成功者」が現れて、「そうではない言説」を組み立てないことには世の中の流れは変えられないということなんでしょうかね。

90年代までの朝日新聞を始めとするリベラル諸勢力は弱者の味方、マイノリティの代弁者のような正義面して妄想的な御託を並べてバカにされていたにも関わらず、いざ、「弱者」がこれだけ社会問題化してきたというのに、いまだにリベラル政党は国会質疑の場で労働問題をしつこくとりあげないし、朝日新聞は柳井会長のごとき「弱者」の敵に言論の場を与え続けている、と。
韓流ではあれだけステマをしかけてブームをでっち上げたんだから、そろそろ反新自由主義的なブームのステマをしかけるくらいのことがあってもいいんじゃないでしょうかね。
90年代までの朝日新聞はそれくらいのことは日常茶飯事的にやっていたんだから。
とりあえず、労働者のカリスマみたいなのをでっちあげてくれって感じですね。

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/04/26 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。