[そこまで言って委員会] 宮崎哲弥は隔週出演になるみたいだけど : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[そこまで言って委員会] 宮崎哲弥は隔週出演になるみたいだけど

[ 2013/05/13 ]
やしきたかじんが体調不良で再度休養にはいったそうで。
そこまで言って委員会は、ヨットで太平洋横断する企画に参加のため、番組を一時降板していた辛坊治郎が臨時復帰していたけれども、昨年のたかじん休養からこっち、番組の質はかなり劣化したとみていいだろう。
三宅久之の死去、勝谷誠彦の降板、竹田恒泰と津川雅彦のレギュラー入り。
これだけでも相当つまらなくなったが、たかじん復帰に伴い、番組収録をそれまでの隔週としていたところが毎週となった影響で、宮崎哲弥も隔週の出演になってしまった。
たかじんの資質はともかくとして、番組内容がさらに右翼的なものになっていっているなあ、と。
私は宮崎哲弥が出演していたからあの番組を視聴していたようなものだ。

特にざこばと津川雅彦の感情的な言動が嫌でも鼻につく。
田嶋陽子は恐らく本人に自覚はないだろうが、ただの引き立て役にすぎないだろう。
たまにいいことも言うけど、彼女の発言は色眼鏡で見てしまう人が多いので、せっかくいいことを言っても、「田嶋陽子が言っていることなら間違いだろう」という目で見られることが多いと思う。
そういう意味で、膨大なデータと中立的な視点を提供していた宮崎哲弥の出演減少は、番組のさらなる右傾化と説得力の低下を招く。

2007,8年頃までは、かなり面白い番組だったと思う。
ネット空間が右傾化したのは2ちゃんねるの影響が大きいと思うけど、現実社会が右傾化した原因のひとつにあの番組の影響は無視できないだろう。
橋下徹が府知事になったのはあの番組に出ていたからだし、安倍晋三が政権を投げ出した後も、あの番組はずっと擁護し続けていた。

宮崎哲弥の出演機会減少が右翼的な先鋭さを増していく岐路になるのか、あるいは番組の質の低下に拍車をかけるだけなのか。
実はやしきたかじんの不在よりも大きな問題じゃないかと思う。


関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/05/13 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。