テレビに表現の自由なんかいらない。 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テレビに表現の自由なんかいらない。

[ 2013/05/25 ]
昨日、少し話題になっていた記事。

お笑いと暴力 togetter

テレビのお笑いバラエティがいじめに影響を及ぼしているんじゃないか、という話は今に始まったことじゃないですね。
あれはいじりであっていじめじゃないとか、愛があるからいじめじゃないとかいろいろ言い分はあるけど、実際問題として、バラエティ番組に影響を受けたいじめなんて世の中にはごまんとあるのでやめたほうがいいです。
そういう規制をしていったからテレビはどんどんつまらなくなったんだ、とも言われるんですが、テレビのバラエティなんかつまらなくてもいいです。
というか実際現時点でもつまらないし。
ネットが登場したらネットでやっていることのほうが面白いですし、どんどんネットに人が流りゃそれでいいんじゃないでしょうか。
どうしても暴力的な笑いをやりたいんだったら芸人もネットで暴力的な笑いをやればいい。
ネットでやっている『内村さま~ず』はよく見ているけど、面白いですよ。
いじめのネタになりそうな笑いもやっているけど。

「公共の電波」を使ってやるからには、「表現の自由」を主張するにも限度がある。
やはり公益性に反することはしちゃいけないんじゃないですかね。

それに、テレビのバラエティ番組みたいな笑いだけが笑いじゃないですしね。
近年、一番笑ったギャグマンガは『デトロイト・メタル・シティ』だけど、あれを真似していじめやるとかってちょっと想像つきにくいです。『クロマティ高校』とか『聖☆お兄さん』もいじめのモデルにはならないですよね。
あるいはニコニコ動画で「腹筋崩壊」タグや「吹いたら負け」タグがついている動画の多くも別にいじめのモデルになりそうなものってあまりないと思います。
バラエティ番組の笑いだけが笑いじゃないです。
近年は「芸人論」みたいなものが幅を利かせているけど、彼らが提供する笑いがギャグマンガやニコニコ動画の爆笑動画のうp主の笑いより高尚である、ということもないでしょう。

もちろん、そうした暴力的なドッキリや罰ゲームや「いじり」がテレビから消えたとしても、いじめがなくなるなんてことはありえないでしょうが、ある程度軽減する効果はあるんじゃないですかね。

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/05/25 ] 芸能 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。