『Get Wild』の歴史を辿るまとめ 2 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『Get Wild』の歴史を辿るまとめ 2

[ 2013/08/18 ]
前回の続きです。今回は他アーティストのGet Wild


ビクター・ファンタスティック・オーケストラ『Get Wild』

アレンジは岩本正樹。90年5月リリース。最初のカバーはインストです。ブラスアレンジがスーパーのBGMみたいとの声も……。

小室 哲哉/木根 尚登(TMネットワーク) 作曲集


Dave Rodgers『Get Wild Disco Style』

92年リリース。イタリア人ミュージシャン、デイヴ・ロジャースによるユーロビートカバー。
歌詞は全編英語。TMの楽曲を全編ユーロビートでカバーしたアルバムに収録。
この企画が大当たりしたことで、小室哲哉はエイベックスとの関係を深め、以後の快進撃に繋げたと言われています。
このヴァージョンが一番好き、という人もけっこういますね。

TMN SONG MEETS DISCO STYLE


Dave Rodgers『Get Wild(Extended mix)』

'93年リリース。上記のヒットを受けて今度はハイパーテクノスタイルでカバーしたヴァージョン。

ゲット・ワイルド・ミーツ・テクノ・スタイル


Larry Scott with George Black『Get Wild』

'93年リリース。こちらはR&Bテイストなカバー。やはり英語詞。なにげに良カバー。

TMN BALLADS GOT


小室みつ子『Get Wild』

オリジナルの作詞をした小室みつ子のカバー。TMNが「終了」した94年にリリースされた『シンプルドリーム』収録。同アルバムには他にもTM楽曲のセルフカバーが多数収録されています。
バラードテイストでワイルドさはないけど、味わい深い。

小室みつ子 /シンプル・ドリーム


TK Groove『Get Wild』

'96年にリリースされたサンプリングCDに収録された『Get Wild』。未聴ですが、非難轟々のもよう。

TK GROOVE(1)


NAHO『GET WILD ~City Hunter Special'97 Version~』

『City Hunter』のTVスペシャルで登場したヴァージョン。'97年リリース。
良質なJ-POPに仕上がっています。

シティーハンタースペシャル ~ グッド・バイ・マイ・スイート・ハート ― オリジナル・サウンドトラック


Sharp Shooter『Get Wild』

2004年リリース。この後、粗製濫造されていくトランスカバーの元祖。

アニメTRANCE(2)


玉置成実『Get Wild』



玉置成実『Get Wild(DX REMIX)』

2005年リリース。小室哲哉プロデュースによるカバー。サビメロをいじってきたのには驚かされました。本サビに移行する瞬間にはゾクゾクさせられますね。
DX REMIXはシングルのみ収録のクラブテイスト。ダークな感じです。

Get Wild


DJ KAYA & DJ TORA『Get Wild』

2005年リリース。インストでトランスアレンジ。

トランス・レイヴ・ベスト#11


Get Wild(Classical ver)

2005年リリース。『City Hunter』のメモリアルアルバムに収録されたヴァージョン。アレンジは勝又隆一。落ち着いたストリングス・アレンジがいいです。

City Hunter Sound Collection Z-Dramatic Album-


前田尚紀『Get Wild』

2006年リリース。音ゲー『ポップンミュージック13カーニバル』使用曲。これまたトランスアレンジ。ワンコーラスのみ。

pop'n music 13 カーニバル AC CS pop'n music 11 オリジナルサウンドトラック


早田有為子 & 小路庸介『Get Wild』

大阪にある音楽系専門学校「キャットミュージックカレッジ専門学校」の学生の演奏。インディーズでの発売ですが、一応、小室哲哉の肝いり。エレクトロ系の音でそれほど派手なつくりじゃないけど、聴きやすくてわりと好きです。

CAT PRIME CHALLENGE Vol.3 TK Shuffle


Everybody's Enemy『Get Wild』

2006年リリース。これまたインディーズ。なぜかジャスラックのデータベースに登録あり。
日本のバンドだけど、ボーカルはアメリカ人。怪しい日本語ボーカルのパンクカバー。

The Enemy Strikes Back(DVD付)


Mike Pistons『Get Wild』

2007年リリース。アカペラでアニソンをカバーしたコンピレーションCDに収録。すんごいさわやか…。

アニカペラ VOL.4


羽多野渉 百歌声爛 男性声優編 2007
前野智昭 百歌声爛 男性声優編II 2008
寺島拓篤 新 百歌声爛男性声優編II 2012
KENN 新 百歌声爛男性声優編II
杉山紀彰 新 百歌声爛男性声優編II


声優によるアニソンカバーコンピレーションシリーズに5ヴァージョン。いずれもサビのみ。寺島拓篤とKENNと杉山紀彰のカバーは同じCDでかぶってます。皆さんうまいと思うけど、それにしてもアレンジもう少しひねればいいのに…。

百歌声爛-男性声優編- 百歌声爛-男性声優編-II 新・百歌声爛II-男性声優編-


緒方恵美『Get Wild』

2007年リリース。声優カバーが続きます。デジロック風味なアレンジがわりと新鮮。女性ヴォーカルのカバーでは一番パワーがあると思います。

デビュー15周年記念カバーアルバム「アニメグ。」


桃井はるこ『Get Wild』

2008年リリース。カバーでは一番好きなヴァージョン。アニメ声ヴォーカルは賛否両論だけど、アレンジが素晴らしい。担当した齋藤真也氏は間違いなくFANKSですね。生バンドによる完コピのものを除けば、松本孝弘のギターフレーズを挿入してくるアレンジは私が聴いた限りこれだけ。しかもタイミングが絶妙です。

Sunday early morning


Yuki『Get Wild』

2008年リリース。トランスカバー。オリジナルのシンセリフでアクセントをつけてます。

Exit Trance PRESENTS R25 SPEED アニメトランス BEST


Kei Kohara『Get Wild(TM NETWORK Tribute PV Mix)』

2008年リリース。TM Networkのトリビュートアルバムに収録。無難すぎて印象が薄いですね。

I LOVE TM NETWORK


Kei Kohara & 星野奏子『Get Wild '09』

2009年リリース。トリビュートアルバム第二弾に収録。今度は『'89』をベースにしたカバー。ヴォーカルはこちらのが好みだけど、アレンジはやっぱり印象薄いですね。せめてもっと低音を充実させてくれれば。

WE LOVE TM NETWORK


Saitone Remix feat. AsianDynasty『Get Wild』

2009年リリース。8ビット音源とボーカロイドでTM楽曲をカバーする企画盤に収録。この曲のみ生身の女性がヴォーカルです。意外性という意味では白眉。ただ、この種の音にフェチズムを感じないと繰り返しのリスニングには耐えられないかな、と。

8-BIT PROPHET - TM Network Tribute Generated by Chiptune + Vocaloid


KEI『Get Wild』

2010年リリース。トランスものでは、これが一番よく出来てると思います。『EXPO』ツアーのSEが心憎い演出。アレンジはモモーイヴァージョンと同じ齋藤真也。

姫トランス4


DENPA!! 『Get Wild』

2010年リリースのコンピレーションCD収録。女性ヴォーカルのテクノ。本家の『Techno Over Dub Mix』に近い印象。

DENPA!!! 電刃見本市


Purple Days『Get Wild』

2010年リリース。無難なアレンジ。音使いが今風です。

SERENDIPITY(DVD付)【初回限定盤】


超新星『Get Wild』

韓流グループのカバー。わりといいです。ラップもはまっているし、追加されたフレーズもかっこいい。アレンジは鈴木ヒロト。


Evidence of Luv / Get Wild(初回限定)(DVD付)


Globe『Get Wild』

2010年リリース。ベスト盤に収録。小室哲哉本人のリプロダクツにしてはわりと地味な印象。でも、ちゃんとギター入れているのは嬉しかった。歌いまわしに違和感を感じないでもないですが、KEIKOの声が好きな人には好評のようです。

15YEARS -BEST HIT SELECTION-


超新星『Get Wild(live in 3D)』

2010年リリース。カラオケに口パクのライヴ音源に何を言えばいいのか…。

超新星 LIVE MOVIE in 3D“CHOSHINSEI SHOW”オリジナル・サウンド・トラック


ipop『Get Wild』

2011年リリース。TMのトリビュートアルバム収録。未視聴。

TM NETWORK IN THE HOUSE


EARTH PROJECT『JAPAN HITSONG NONSTOP EUROBEAT JANIME』

2011年リリース。女性ヴォーカル。この手のコンピレーションにありがちなユーロビートアレンジ。

JAPAN HITSONG NONSTOP EUROBEAT JANIME


Clementine『Get Wild』

2011年リリース。フランス語によるカバー。フレンチポップ歌手クレモンティーヌのアニメソングカバーアルバムに収録。意外なはまりようにビックリ。良アレンジ。

続 アニメンティーヌ


Mosh Dive Crew『Get Wild』

2012年リリース。アニソンのメロコアカバーアルバムに収録。メロコアです。趣向としてはeverybody's Enemyのヴァージョンに近いけど、こちらのがさわやか。

アニメロコア


H ZETT M『Get Wild』

2012年7月24日リリース。元東京事変のキーボーディスト。↑のリンクは「弾いてみた」カテゴリでニコ動に自ら投稿した模様。小室哲哉本人のピアノソロよりもいいんじゃないかという話も……。後にCDとしてリリースされている、と読者様から指摘を頂きました。

3D-PIANO ANIME Theater!



続いてDVD

Globe『Get Wild(Piano Solo)』

'98年リリース。小室哲哉のソロコーナーでワンコーラス分だけ演奏。まあ、一応。

tour 1998


玉置成実『Get Wild(My Graduation)』

2007年リリース。
アレンジや歌いまわしがCD版と寸分違わぬとはこれいかに。ダンスが楽しめれば……。

NAMI TAMAKI Best CONCERT“My Graduation” [DVD]


桃井はるこ『Get Wild』



2008年リリース。なんとライヴでもやっていた、と。しかもこちらのがヴォーカルに力があって好感がもてます。ロックしてますよ。

「Sunday early morning@SHIBUYA AX」 [DVD]


超新星『Get Wild(live Jumping!)』

2010年リリース。カラオケに口パク。髪を整えるダンスを楽しめ、と。

超新星 TOUR 2010 JUMPING! [DVD]


milktub & サイキックラバー『Get Wild』

アニサマ2010年のカバー。アレンジはオーソドックスですが、力強いツインボーカルが魅力。

Animelo Summer Live 2010 -evolution- 8.29 [Blu-ray]



次回は未リリース音源のまとめ。それから、誤記や記載漏れがあれば、ご指摘いただけると幸いです。

『Get Wild』の歴史を辿るまとめ 1
『Get Wild』の歴史を辿るまとめ 3
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/08/18 ] 文化 | TB(0) | CM(0)
忍者AdMax

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。