1995年から始まったこと : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1995年から始まったこと

[ 2013/09/21 ]
世界はどうか知りませんが、日本の文化状況や日本人の価値観・ライフスタイルって1995年前後に大きな転機が来ていたんだよな、ということは今までにも何度か触れていますし、他に論じている人もいますが、最近また気づいたことがあったんで、改めてリストアップ。


1995年前後に起こった重要な転機


1993年

5月15日 Jリーグ発足
8月4日 河野談話(従軍慰安婦問題のターニングポイント)
8月9日 38年ぶりの政権交代。非自民党政権誕生


1994年

4月19日 開運!なんでも鑑定団放送開始(鑑定ブーム、家蔵の「お宝」に脚光が集まる)
6月29日 自社さ連立政権により村山内閣誕生(55年体制を真の意味で終わらせた政権)
8月17日 ボキャブラ天国で「ザ・ヒットパレード」コーナー開始(お笑い芸人がTVを占拠する発端)
9月   松本人志『遺書』ベストセラー(ダウンタウン、ひいてはお笑い芸人のカリスマ化)
12月3日 プレイステーション発売(ゲーム業界における任天堂の一極集中が崩れ、戦国時代に)

「就職氷河期」という言葉が誕生


1995年

1月9日 野茂英雄、メジャーリーグ進出を表明(日本人アスリートの海外進出の端緒)
1月17日 阪神・淡路大震災
3月20日 オウム真理教・地下鉄サリン事件(日本人の宗教観に大きな変化)
3月29日 ためしてガッテン放送開始(健康番組、ライフハックネタの元祖?)
7月   プリクラ発売(リア充の定番アイテムとして確固たる地位を築く)
7月30日 八王子スーパー強盗殺人事件(日本における銃犯罪のターニングポイント)
8月15日 村山談話(第二次大戦に関する日本政府の公式見解として位置づけられ続けていく)
9月4日 沖縄米兵少女暴行事件(沖縄における反基地運動の端緒)
9月   小林よしのり『新・ゴーマニズム宣言』開始(右旋回により若年世代へ右翼・保守思想拡大)
10月4日 新世紀エヴァンゲリオン(オタクのパラダイムシフト)
10月13日 PS版ときめきメモリアル発売(ギャルゲー&萌え文化の拡大)
10月13日 大江健三郎、ノーベル文学賞を受賞(左翼・リベラル知識人の最高権威へ)
11月11日 スピードが正式デビュー前にTV出演(デビューは翌年。アイドル冬の時代からアイドルブームへの先駆)
11月23日 WINDOWS 95、日本版発売(PC普及)
12月8日 高速増殖炉もんじゅでナトリウム漏洩事故(原子力関連業界の隠蔽体質が露呈)

公立校において、土曜日が隔週で休日になる
CDバブルの絶頂。以後、CDの売上は右肩下がり(音楽離れ)
週刊少年ジャンプの発行部数がこの年の653万部を頂点に以後、右肩下がり(マンガ離れ)
携帯電話の普及率が10%を越え、以後急速に右肩上がりに

この年の前後で茶髪、ピアスが若者の間で一般化
援助交際で宮台真司が、オウム事件で宮崎哲弥、江川紹子、有田芳生らが、エヴァで東浩紀が言論人として認知されるようになっていく。


1996年

1月26日 『雫』発売(美少女ゲームにおけるビジュアルノベル形式の最初の作品)
2月27日 『ポケットモンスター赤・緑』発売
4月15日 SMAP×SMAP放送開始(初のアイドルのバラエティ冠番組。ジャニーズ覇権確立)
夏頃 『ONE PIECE』の原型作品『ROMANCE DOWN』がジャンプに掲載(連載開始は翌年)。



wikipediaで97年以降の項目をざっと見渡してみても、以後の日本文化や日本人の価値観やライフスタイルに大きな影響を及ぼした現象がここまで集中している時期ってありません。
毎年毎年、いろんな現象は起こりますが、後に影響が残るような現象がこれだけ短期間に集中しているというのも珍しいです。

エヴァとかWindows95とか阪神・淡路大震災、地下鉄サリン事件あたりはよく議論の俎上にあがるけど、他にもいくらでもありますね。
昭和から平成への移行期にも消費税が導入されたり、共産主義が崩壊したり、バブルが崩壊したりしたもんですけど、多分、日本社会にとっては95年の衝撃もそれと同じくらいかそれ以上に、巨大だったんじゃないかな、と。
陰謀論ぽいっちゃぽい見方なんだけど、なんとなくそれ以前の社会の価値観、ライフスタイル、文化、常識といったものが記憶に焼き付いている人間からすると、やっぱり95年前後に何が起こっていたのか、というのはもう少しいろんな角度から考えてみたいなあ、と思うわけです。

あれから18年ですが、まだ、時代のパラダイムシフトは起こっていないように思います。
95年前後から始まった「既定路線」の中に我々は生きているんじゃないかな、と。
グーグル覇権とか2ちゃんねるとか中国の躍進とかSNSとかリーマン・ショックとか3.11とかスマホの普及も大きな出来事だけど、ここまで時期は集中していませんでしたよね。

時代の変わり目を今がそうだ、とその時点で自覚することは難しいことですが、95年のそれも自覚出来ていたことと自覚出来ていなかったこと、いろいろありましたね。
お笑い芸人とアイドルの転機も95年前後だったとはなあ…。


オウムと近代国家―市民はオウムを許容するか?
呉 智英 大月 隆寛 橋爪 大三郎 三島 浩司
南風社
売り上げランキング: 673,990

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/09/21 ] 文化 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。