女の限界と技術革新と社会の変化と思想の役割 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女の限界と技術革新と社会の変化と思想の役割

[ 2013/10/13 ]
少子化の原因として、男女共同参画社会になって、女性が社会に進出したから、というような言説はわりとよく見かける。

その時代がどんな時代なのか、というのは技術力に負うところが大きい。
活版印刷の普及が宗教改革を引き起こし、18世紀の農業革命は人口の急激な爆発を引き起こし、産業革命は大量生産と高度資本主義を生み出し、IT革命が高度情報化社会をもたらした。
大なり小なりそうした技術革新というのは社会の変革を促していくものなのだけれども、そうした技術を社会がどのように捉えるべきか、というのを見誤ると、社会が混乱することになる。


女性の社会進出がここまで進んだのは家事労働を効率化する様々な発明が為されたからなわけだけれども、女性が社会でどのくらいの役割を担うことができるのか、というのはわりと慎重に見定めなければならない。
女性の社会的役割、というとフェミニズムの出番になるわけだが、フェミニズムは思想であって、技術ではない。
思想というのはその思想を実現することで、思想を信じる人々を幸福に導こうとするものだけれども、様々な技術が女性の社会進出を可能にすることができるようになったからといって、フェミニズムの理想がすべて実現できるほどには現代の技術レベルは高くない。
寿命が伸びても妊娠出産可能な年齢が伸びるわけではないし、月経が訪れるし、子供が欲しければ否が応でも9ヶ月は赤ん坊を体内に宿さなければならない。
そうした身体的な限界を技術力が克服しない限りは女性の社会進出にも限界がある。

恐らく、人類の発生時期から一貫して男性の役割というのは変わっていないのだろう。
種を仕込んで、外で働く、という構図だ。
生物としてはそれが多分、もっとも合理的な役割分担であるが、技術は生物的な限界をどんどん拡張する方向で進化してきた。
技術の革新によって社会が変化したように、女性の役割も変化していく。


古典文学や古い映画、古いアニメ、古いマンガを読むと、男性キャラクターの立ち位置というのはほとんど現在と変化していないのだけれども、女性キャラクターの存在感というのはその時代時代で様々な変化を遂げている。
女性がどのように社会の中で位置づけられているのか、その変化は時系列的に物語作品を読んでいくと否が応でも認識せざるを得ない。
読み物としては500年の長きにわたって東アジアで広く親しまれてきた『三国志』は膨大な人物が登場するが、極めて女性比率の低い作品である。
だが、今日本で読まれている三国志はその登場人物の多くを女性化してたりする。
戦国武将も女性化してたりする。
女性化することで、元ネタの人物を別の角度から楽しんでみることができるし、また、女性化しても元ネタの登場人物の役割を阻害することにならない、という想像力も我々の側に育まれた、ということも言えるだろう。
女性という存在をどのように位置づけていくのか、認識すればいいのかという思考実験を我々はそれと意識せずに日常的に行っているわけだ。
もちろん、その我々、というのは男性も女性も含む現代の社会を構成する様々な人間すべてのことを指す。


技術の進歩は人間の限界を様々に拡張してきたけれども、それでも身体性とのバランス、というのは常に留意していなければならない。
社会の歯車という意味では男性の限界というのは女性よりも幅が広い。
女性が社会進出してしまった以上、あるいは女性も労働力として見なさなければならない以上、男性の限界を基準に社会を運営しても歪んでいくだけだ。

端的に言ってしまえば、現在の社会状況においては、女の限界と技術の進捗状況をどうバランスさせるか、という点を見定めることが社会を安定的、持続的に運営していくコツなのだろう。
言い換えれば、思想の役割というのはその時代にとって、技術がどのような役割、効果をもたらすか、ということを見定め、身体性とのバランスを喚起し続けることなのかもしれない。


女のコの取説
女のコの取説
posted with amazlet at 13.10.13
オープンアップス (2013-07-11)
売り上げランキング: 277

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/10/13 ] 考察 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。