生き方を説く人と生き方を肯定できる制度 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

生き方を説く人と生き方を肯定できる制度

[ 2013/10/22 ]
脱社畜とかノマドとかグローバルエリートとか、キャリアウーマンとか金持ちになる方法とか、なんでもいいんだけど、そういう「生き方」を書く人をよく見かけます。
そういう生き方を選べる「考え方」を書く人をよく見かけます。
それもいわば人生のモデルなわけですが、すごく狭い道ですよね。
そういう生き方に憧れる人はいくらでもいるだろうけど、実践できる人はすごく少ない。
キャリアウーマンはけっこういそうなものだけれども、子育てと両立…なんて勝間和代氏みたいな人はわりと稀有だと思います。
で、そういう稀有な生き方をしてきた人たちの生き方が模倣の対象になるのは非効率的じゃないかな、と思ったりします。

平凡な人間が平凡な人生を送って平凡な幸せを獲得するにはどうすればいいのだろうか、というようなノウハウはあまり注目されません。
平凡な人生を送ることが難しくなってきたということでしょうかね。
平凡でない人生を送ってきた人たちが自分の生き方を滔々と垂れ流したところで、平凡な人生を歩んでいる人間には模倣することなどできやしないです。
そんな平凡な人生を歩んでいたら幸せになんかなれないぜ、というような社会は破綻しています。
我々に必要なのは突出した成功者のモデルではなく、平凡な人生を歩んでいる人が平凡な幸せを得られる社会を実現できる「制度」なのだ、という認識がもっと広がればいいですね。


自虐の詩 (上) (竹書房文庫ギャグ・ザ・ベスト)
業田 良家
竹書房
売り上げランキング: 53,866

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/10/22 ] 考察 | TB(1) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
この記事のトラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
90%の肯定
白は清潔な感じがする、というのは真実なの か?アンケートを取れば90%の人の人は
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。