中曽根大勲位の少子化対策提言 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中曽根大勲位の少子化対策提言

[ 2013/11/05 ]
二日前のニュースですが。

出生率「2」を目指せ 人口減は国家存亡の危機 産経ニュース

御年95才の中曽根元首相が少子化対策にもっと力をいれろ、と炊きつけています。
ありがたいことです。
私がブログで少子化対策の具体的な提案を書くと、「少子化対策は老害の既得権益を侵すから無理」みたいなコメントがよく寄せられるんですが、老害の代名詞みたいな人もこうして最重要課題である、と時の政権に対していちゃもんつけている。
やはりこれは世代間の利害対立、というように捉えなくてもなんとかなる話じゃないですかね。
単純に、そして驚くべきことにほとんどの日本人が少子化対策を全然考えてこなかった、というだけの話なんだと思います。

ただ、具体的に挙げられている少子化対策の内容なんですが…。

具体策としては、育児世代への所得再配分、高校までの授業料無償化、非正規雇用の割合の低下、未婚率を下げていくことなどを挙げた。高齢者には、納税などを通じ次世代を経済的に支える「日本という社会の親」だと自覚するよう、発想の転換を促している。

育児世代への所得再配分
まあ、できたらいいですけどね。

高校までの授業料無償化
これもできるのであればやるべきと思うけど、その前にやることあるでしょ。

非正規雇用の割合の低下
まあ、大事なことですけどね。

未婚率を下げる
どうやって?

いずれも、やれるものならやったほうがいい施策なんですけど、少子化対策、という意味で考えたら、その前に取り除かなければならない障害を取っ払わないと、やっても出生率はそれほど改善しないと思います。
本丸は長時間労働の規制と保育料無償化、待機児童ゼロです。
多分、その本質に切り込まない限り、出生率が回復することはないでしょう。

所得再配分も大事なんだけど、これって労働力の価値が上がらないと難しいです。
で、あげるにはどうすればいいかっていうと、労働力の不正廉売、労働ダンピング=サービス残業を取り締まっていくことから始めるしかありません。相当な規模でこの労働ダンピングは日本を蝕んでいると考えるべきです。
取り締まって潰れる企業はそれで潰れた方がいい。でなければまっとうな給料を払っている会社があまりにも不利で、遵法企業の適性な競争力を阻害することになっている。
抜け駆けして自分の労働力を安く売ることになんの罪悪感も抱くこともなく、それが美徳であるかのように信じられている社会である限り、労働力の価値があがることはないし、給料なんて上るはずがありません。

それに、上記で挙げた施策の試算なんかも全然為されていない。
予算がどれくらいで、やればどれくらい効果があるか、という想定シミュレーションくらい提示してほしいのですけどね。
「世界平和研究所」などという御大層な名前のついたシンクタンクで研究して出てきた答えがこれなんだもんなあ。まともなヴィジョンとは、とても言えないですね。
いや、まあ言ってくれるだけありがたいですけどね。
このニュースは2chのニュース速報+板でも立てられていたけど、反応はネガティブなものが目立ちました。

中曽根元首相(95)「政治の強い意志で、合計特殊出生率が「2」になるまで、対策を取り続けよ。人口減は国家存亡の危機だ」 はぅわ!2ちゃん

中身をみてどうこう、じゃないんですよね。
中曽根元首相がニュースになった、というだけでとりあえず「老害」呼ばわりで、過去への批判がずらりと並ぶ。
要するに自分は若者である、という党派性で批判しているだけってのが目立ちました。
彼らが挙げている少子化に関して想像しているヴィジョンも「少子化でいいじゃん」だの「移民でいいじゃん」。
あるいは給料上げろ、正社員にしろ、というばかりで、底の浅い提案しか出てこない。浅い考えの持ち主達が浅い考えの少子化対策提言をした人をディスっている、という状況です。

外交安全保障になると目の色変えて、嬉々として威勢の良いこと垂れ流している状況に比して、あまりにも温度差がありますね。
産経新聞はわりと少子化対策に関しては積極的なほうです。
以前にも少子化は絶対に解消しなければならない、という記事を配信していました。
まあ、具体策になると愚にもつかない内容しか並んでいなかったんだけど。
そろそろ「正しい施策」を具体的に語るべきなんじゃないでしょうかね。
正しい施策↓

関連記事:日本を救う方法を考えたのでみんなの力と知恵を貸してほしい


自省録
自省録
posted with amazlet at 13.11.05
中曽根 康弘
新潮社
売り上げランキング: 297,873

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/11/05 ] 少子化 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。