『嘘の人権 偽の平和』(三浦小太郎) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『嘘の人権 偽の平和』(三浦小太郎)

[ 2011/01/19 ]

北朝鮮難民の支援活動をしている著者の初単行本で、2003~2010年にかけてオピニオン誌に執筆された時評集。
全体としては著者のこれまでの活動に即した北朝鮮問題への言及が多いが、テーマとして語られる内容は多岐に渡っていた。
公民権運動に絡んだアファーマティブ・アクションや、ハンナ・アレント『全体主義の起源』をガイドラインにした北朝鮮批判、姜尚中批判に、勝田吉太郎、福田恆存、渡辺京二といった保守論客評、サルトルの思想展開の解説などなど。

姜尚中に関しては関心が薄いのでなんとも言いようがないけれども、他のテーマに関しては蒙を啓かされることしきりだった。
この本で好意的にとりあげられた知識人はいずれも、保守と革新の狭間で人生を翻弄された人々が多い。
思想や政治が掲げる理想と、血なまぐさい現実の断層のあいだで右に左に旋回する彼らの生涯とは時に転向とか反動とか罵られるのだけれども、思想が党派性を持っているからと言って、現実が党派に従って進行しているわけではない。
特に、サルトルを論じた下りは、思想的であることと、現実に対して誠実であることを両立させた彼の生き様が描かれていて興味深かった。

生硬でユーモアの感じられない文体で、とっつきにくいし、無名出版社からの発売であるし、てにをはがおかしかったり、装丁がずれていたり、文章がおかしかったり、とかなり編集者が手を抜いた本に仕上がっているのが惜しいけれども、知的な密度と現実の政治問題との関連性の高い優れた一冊だった。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2011/01/19 ] 書籍 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。