『Angel Beats!』(岸誠二) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『Angel Beats!』(岸誠二)

[ 2010/06/26 ]

エロゲー界の至宝、カリスマとも言われる麻枝准のオリジナル脚本で、放映前から異常な期待を寄せられていた作品。
今日完結した。

この人がリーダーシップをとって制作した作品で、きちんとプレイしたのは『Air』くらいのものだが、あまりにもお涙頂戴過ぎてドン引きしてしまったのを覚えている。
『CLANNAD』もきっちり全部視聴、プレイしたわけではないが、似たような感想を抱いた。
泣く人の気持もわかるし、私も油断していたら泣いていたんだろうとは思うんだけれど、作劇手法のあざとさが目についてそこまでの感動を得ることはできなかった。
ただ、こういう作品で泣くことと、たとえば『罪と罰』や『ファウスト』で泣くことの違い、というのを考えるきっかけにはなった。
嫌なんだけど泣く、こんなんでも泣く、というのはわりとあることだ。
それがどういうことなのか、というのはまだきちんと分析できていないけれども。

それはともかく、初のオリジナルアニメということで、注目して初回から見ていた。
とりあえず、作画の異常なクオリティに驚いた。
初期はバンド演奏シーンがほぼ毎回挿入されていたけれども、素晴らしい臨場感を演出していた。
実写というか、普通のバンド演奏見ているより、ずっと見所がある。
そういうのは『ハルヒ』でも見られたけれども、アニメーションの力、アニメでしか得られない効果、というのを実感した。

ストーリーは個人的には微妙なところだった。
死んだあとの世界で、それぞれが生前に抱えていた問題とどのように向きあい、成仏するか、という話なのだが、設定の甘さに目をつぶっても、主人公の動機や登場人物たちの目的が見えづらかった。
個々のエピソードの積み上げ方も「とにかく泣いてください」という制作者のメッセージが全面に出ていて、それはそれでもいいんだけれども、1クールという限られた尺の中でやるには消化不良の感が否めなかった。
ただ、コメディ部分に関してはネタがツボだったので、そこそこ面白かった。

なんにせよ、演出に関してはやはりここ最近の多くのアニメよりも突出した出来だったとは思う。
だから、一話一話はそれなりに楽しんで見ることができたのだけれど、感動を誘うような物語を志向するのならば、その感動を支える奥行きが必要なわけだが、それが私には伝わってこなかった。
要するに人間観が合わなかった、ということなんだけれども、それが残念なことなのか否か、どうにも判断がつかないな。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2010/06/26 ] アニメ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。