『アクセル・ワールド』(川原礫) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『アクセル・ワールド』(川原礫)

[ 2009/09/17 ]

「バーストリンク!」
「アンリミテッドバースト!」
などと絶叫するような作品にまさかここまで面白いものがあるとは思わなかった。
まあ、少年マンガ読んでりゃいくらでもそういうのはあるわけで、様式と言ってしまえばそれまでなのだが、ライトノベルとはいえ、活字媒体でそういうことをやられると、やはり萎えるだろう、と思っていたのだが……。

未来の中学校のスクールカースト、未来のオンラインゲーム中の抗争が描かれた作品で、去年の電撃大賞受賞作。
刊行済みの2巻まで読んだ。

サイバーパンク的な、脳とネットとのリンクが生活の一部となっている世界で、リアルではスクールカースト最底辺の太った主人公が、リアルでもヴァーチャルでも人々の畏敬を集める少女から、インストールすると思考速度が1000倍になる、というアングラオンラインゲームを手に入れ、少女を助けて活躍するストーリー。

キャラクター設定やストーリーの構造自体は特に珍しいものでもなんでもないんだけど、それが巧妙に練られたSF設定と絡んでくると、俄然、面白く感じた。
あとは心憎いまでの恋愛描写の微笑ましさもよかった。

導入としてはやはり、私のような人間にはSF設定が重要だったのだけれど、話に入ってしまえば、単純にサクセスストーリーとしての興奮がここにはあって、恋愛弱者、コミュニケーション弱者の主人公が成り上がっていく様子には、もどかしくも興奮を喚起させるものがあった。

ただ、話の背景としては、要するにオンラインゲーム上の陣取り合戦のドラマなわけだけれども、プレイしている人間が中学生だけ、ということは、それは要するにヤンキーのシマ争いとどう違うのか、という話にもなってくる。
『特攻の拓』とか、『カメレオン』、あるいは『ろくでなしブルース』、古くは『男一匹ガキ大将』と競争原理、という意味では変わらないわけだ。
ただし、ヤンキー文化とオタク文化はやはり違うもので、この作品の登場人物には天羽時貞や前田太尊、戸川万吉が持っていたような美学はない。
もちろん、違う美学があるわけだけれども、その違う美学がヤンキー美学のような形で現実に一定の地位を得る契機ってこれから先に登場しうるのか、という疑問がちょいと頭をかすめた。
まあ、難しいんだろうけど、そういう社会の変化はあったら面白いような気はする。

で、1巻はそんなこんなでいろいろ考えることが多かったのだが、2巻は評価が難しい。
作劇の面白さは変わらないんだけど、ここまで張られた伏線にそれほど期待できるものを感じないし、主人公の成長速度にも不満を感じた。
3巻出たら読むんだろうけど、も少し「ゴール」に近づく感触を与えてほしい。
何十巻とか出されても、読むのがつらい。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2009/09/17 ] SF・ライトノベル | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。