『マイナス・ゼロ』(広瀬正) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『マイナス・ゼロ』(広瀬正)

[ 2007/10/31 ]

SFマガジンのオールタイムベストSF日本長編部門でかなりの上位に入っていたのだが、著者が30年以上前に亡くなっていることもあって、長らく絶版になっている。
「報いられることなき期間があまりにも長かった作家であり、それに比して報いられることがあまりに短期間だった作家」(筒井康隆)という評があるように、実力や実績に比してマイナーすぎる作家。
長いこと探していたのだが、どこに行ってもないし、ネットオークションでも高値がついていたので、図書館で借りてきて読んだ。

タイムトラベルを扱った作品。
戦前と戦後を隔てる断絶を独特のユーモアに彩られた筆致で鮮やかに描き出している。
コンセプト的にはハインライン『夏への扉』にも通じるものがあるけれども、こちらは舞台が日本であり、ノスタルジアの描写が実に生き生きとしていてたまらない。
昭和初期の人々を1960年代の人間の視点で瑞々しく描いている。
思弁的なものはここでは見られないが、タイムパラドックスの論理構成や小説的構成は実に素晴らしく、最初から最後までノンストップで読むことが出来た。
タイムトラベルにノスタルジアは不可欠だが、中でもその描写においてこの作品を超える叙情と構成のバランスを兼ね備えた作品はないかもしれない。
ぜひとも復刊してほしいものだ。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2007/10/31 ] SF・ライトノベル | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。