言葉遣いで損する社会~「与える」より「届ける」~ : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

言葉遣いで損する社会~「与える」より「届ける」~

[ 2011/09/26 ]
東日本大震災のような国難の時期にスポーツ選手やスターがインタビューを求められると、

「勝って東北の人達に希望を与えたい」
「僕らの歌で日本のみんなに感動を与えたい」

などと素敵なコメントを出して下さいます。
上から目線でけしからん、という声がネットであがります。
上から目線自体は私はそれほど否定していないのですが、ただ、インタビューでこういうことを言われると少しイラッとします。
そのスポーツやスターに興味関心がなければ尚更です。
AKB48が歌っても私に勇気を与えることはできないでしょう。
キング・クリムゾンが演奏してくれたら勇気を与えられるかもしれませんが。
なでしこジャパンが勝っても希望なんて感じません。
小橋建太が癌から復帰してムーンサルトプレスやっちまったときは涙を流して「自分もがんばろう」と思いましたが。



もちろん、AKB48やなでしこジャパンのが感動するよ、という人もいるでしょう。

娯楽はそういうもので、好きな人には、その相手ががんばっている姿を見せてくれるだけで嬉しかったりするもんなんですよね。
でも対象がファンじゃなくて「東北の人達」「日本人」一般になると、イラッときたりする人も出てくるわけです。

まあ、「与える」という言葉はせいぜい「届ける」という言葉に言い換えればいいと思うんですけどね。

「希望を届ける」
「感動を届ける」

「与えるという言葉遣い」で検索かけると、イラッとしている人達の議論をいろいろ見られます。
それほど「届ける」に言及している人はいないんですが、「届ける」は使えるのではないかと思います。
そういう知恵をひねり出すのも一苦労ですね。


かつて、昭和天皇が危篤状態に陥った時、治療の様子は詳細にマスコミで報じられましたが、その際、血圧を上げる為に昇圧剤を「投与」した、という言葉遣いが問題になったことがありました。
天皇陛下に「投げ与える」とはどういうことか、と。
呉智英がそのエピソードをとりあげ、現代医学のターミノロジー(専門用語体系)が皇室のターミノロジーよりも上位になっているからだ、という分析をしていて、なるほどな、と思ったのを覚えています。
本格的な近代医療を受けた天皇ってのは125代の天皇家の歴史の中で、昭和天皇が初めてでしたからね。
明治天皇も大正天皇も外科手術は受けていませんから。

ことほど左様に、日本人は言葉遣いに関してわりと神経質だったりします。
私も「言い方なんてどうでもいいだろ」と思いつつも、時としてそういうものに神経質な自分に気付かされて、省みる瞬間がしばしばあります。
言葉遣いを知らない、ということは罪ではないか、という気すらしてしまいますよ。
日本語は難しい。


大変な人に「がんばって」とか「わかるよ」という言葉をかけるとイラッとされるケースもあるので、ほんとになんて言ったらいいのかよくわからないですね。
実際、私もイラッとしたことがあるし、イラッとされたこともあります。
個別に判断して言葉を選べばいいんだと思いますが。

ただ、「がんばって」はあまりにもポピュラーになりすぎたかもしれませんね。
その気安さが、声をかけられる側の大変さとのギャップでもってあげつらわれているのかもしれません。
コミュニケーションのやり方、アプローチの仕方は常に考慮せよ、ということでしょうか。


大臣が失言でクビをとられるのも言葉遣いの稚拙さや誤りが原因だったりします。
マスコミが殊更問題視するから、というのもあるんですが、それとは別に、こういうのは言語表現の選択肢が多すぎる日本に特に顕著な現象でないか、という気もします。
近代のターミノロジーと日本文化のターミノロジーの対立である、ということも言えるかもしれませんが(ちょっと牽強付会かな)、それで社会のリソースを消耗するのはなんだか不毛ですね。
それでもつい、こだわってしまいますが。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2011/09/26 ] 考察 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。