『天元突破グレンラガン』(今石洋之) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『天元突破グレンラガン』(今石洋之)

[ 2007/09/30 ]

エヴァ以来となるガイナックスのロボットアニメ。
今日、完結した。
庵野秀明が現場を離れてからのガイナックス作品はどうも見る気になれなかったのだが、この作品は前評判も高かったので、1話から見ていた。

超越した存在によって地上を追われ、地下に追いやられた人々が様々な敵と戦い、様々な味方と出会い、そして別れていく話。
主人公がどん底からヒーローへと駆け上がっていく展開には古きよきロボットアニメの王道を感じる。
エヴァ以降、様々なSFアニメで顕著になった病的な迷走や難解な衒学趣味は希薄で、正しく子供のための熱血アニメになっていた。
多くのキャラクターが次々と死んでいく作品だが、その死にっぷりがどれも清々しくて、心が洗われる。
後味の悪くない、悲しさ。

リアリティなき世界において、ひたすらテンションを盛り上げていく怒涛の展開が爽快だった。
これは演出の勝利。
8話の悲劇から見せる異様なテンションが、ラストまでまったく衰えない構成力に感動する。
ストーリーそのものよりも、作品を貫く志の高さにしびれる。
最後まで見た人なら、誰もがきっとがんばろう、と思える作品になっていた。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2007/09/30 ] アニメ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。