『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(庵野秀明) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』(庵野秀明)

[ 2007/09/03 ]

『新世紀エヴァンゲリオン』というアニメは、ひとつの事件だった。
エヴァ以前と以後ではオタク達の心象風景は一変したように思うし、アニメにとどまらず、様々な媒体の作品でエヴァを模倣したものやエヴァに影響を受けたものが続々と誕生した。
エヴァがなければ違う人生を歩んでいた人もたくさんいるだろう。
あからさまな拒否反応を示した人や、つまらない、と言っていた人もいたけれど、あれが歴史的な作品であることは間違いないし、そういった作品をリアルタイムで興奮しながら観られた人は幸せだと思う。
過度にはまってしまった人の戦後処理は大変だっただろうし、今も続いているのだろうが。
そして、その最大のものが今回の映画版。

今回のリニューアル版は大成功だった。
もう、一見さんお断りの態度丸出しなのがいい。
これは10年間、エヴァを好きだった人たちに向けた最高のプレゼントだと思う。
大枠としてのエヴァは変わっていないけれども、サウンドノベルゲームのループした二週目三週目のような差異が盛り込まれている。
これにより、おそらくテレビシリーズのエヴァの解釈自体も変わってくるだろうし、新劇場版の二作目以降の展開にも期待がかけられる。

セルアニメの質感を随所に残しつつも、効果的に使用されるCGの巧みさもあって、現在の水準で観ても美しい画面になっていた。
単純に個々のカットがかっこいい。
仰角がここまで映える映像ってついに出なかったなあ。

全体の評価はもちろん完結を待たねばならないが、願わくば祭りを期待したいところだな。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2007/09/03 ] アニメ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。