『東京大学物語』(江川達也) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『東京大学物語』(江川達也)

[ 2007/08/31 ]

昨年、原作者江川達也が自ら監督した映画版。
製作はアダルトビデオメーカーのソフトオンデマンドで、公開時にはR15指定がついていた。
思いっきり、色ものかと思いきや、それなりにまじめに作られているのに驚いた。
役者の演技がうまいか、というと微妙だが……。

スピリッツでやっていた当時はリアルタイムで読んでいて、特に中盤まではわりと好きだった。
江川達也という人は小林よりのりと同じく、自分の思想をエンターテインメントに仕立てて作品化することで人気を得ている作家だが、その傾向が強くなったのはこの作品からだと思う。
まだ『Be Free』の頃は目新しさも手伝って、面白く読めたのだが、自身の描く理想を理屈で補強するたびに、その作品世界の魅力は激減していった。

この映画版では、原作の前半最大のクライマックスである雪山の遭難事件あたりまでを水野遥視点で映像化したものだが、原作者が監督をしているということもあって、原作を知っているものならば、ニヤリとさせられるシーンがいくつもでてくる。
ただ、作品と作者を好意的に見ている人ならば楽しめるだろうが、それ以外の人は濡れ場をどう鑑賞するか、という楽しみしかない作品。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2007/08/31 ] 映画 | TB(1) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
この記事のトラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
映画 東京大学物語
そういえば実写映画化されていたなという程度の認識だったんですが、フト目についてDVDをレンタルして鑑賞してみたのが東京大学物語。‘み’が原作を多分一通りほぼリアルタイムで ...
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。