『ブッダの真理のことば・感興のことば』(中村元 訳) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ブッダの真理のことば・感興のことば』(中村元 訳)

[ 2007/08/06 ]


原始仏典のうち、真理のことば『ダンマパダ』と、感興のことば『ウダーナヴァルガ』が収録されている。


以前読んだ『スッタニパータ』と同じく、平易な言葉によって書かれた仏陀の肉声や原始仏教集団に集った人々の教えが織り込まれているわけだが、信心の薄い私のような人間には当たり前の繰り言を延々と読まされているような徒労感のみを覚える。
いやまあ、ありがたい言葉が山のように出てはくるのだが、本文よりも、中村元による解説のほうが含蓄に富んでいて読み応えがあった。

老荘思想との違いということに傾注して仏教を考えていたんだけど、語り口の違いくらいしか分からない。
仏教は実践的、あるいは求道的ニヒリズムの確立を目指していて、荘子はニヒリストの美学を説いているように思える。
仏教のニヒリズムの向こう側にはたしかに「幸福」ときわめて近い「涅槃」があるわけだが、荘子が説くニヒリズムには美学はあっても、先が見えない。
仏教が宗教になったのは「涅槃」という概念を持ち込んだからかもしれないが、老荘思想には美学はあっても「約束の地」はないもんなあ。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2007/08/06 ] 書籍 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。