三島由紀夫『永すぎた春』 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三島由紀夫『永すぎた春』

[ 2007/03/18 ]

長い婚約期間を余儀なくされた婚約者達の周りで起こる騒動と心の機微、カップルとしての成長を描いた作品。

今まで読んできた三島作品は世に知られたものばかりで、それらの作品はどれもなんだかんだで格調が高く、清冽な美意識を感じさせるものばかりだったのだが、本作はわりと俗っぽいテーマで、かなり意外に感じた。
もちろん、この作品にも美しい愛が描かれているのだが、構えた堅苦しさがなく、気楽に読める作品だった。
結果として、美意識だけではなく、ストーリーテリングの巧みさ、人間観察の鋭さなども兼ね備えた作家であるなあ、と再認識させられた。
文章力がある、というのはこういうことなんだなあ。

三島由紀夫ブームを支えているものは右翼的価値観の復古によるものが大きくて、そちらの面からのみ注目されている印象もあるが、こういう作品にももっとスポットがあたってもいいと思う。
まあ、没後37年たってもいまだに地味な作品もきちんと文庫に収録されて品切れにならないから充分あたっているとは思うけど。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2007/03/18 ] 古典・純文学 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。